自作プリントTシャツを100均グッズで作る方法を写真付きで解説!

100均のアイテムでオリジナルTシャツの作り方をご紹介いたします。写真付きで手順を紹介するので不器用な方もぜひ試してみてください!


そっけない無地のTシャツや、手持ちのTシャツにもう一つアレンジを加えたい。といったような悩みを持っている方にオススメしたいのが、「自分でプリントしてしまう」です!世の中には様々なTシャツのプリント方法がありますが、そのなかでも「ステンシルプリント」はコツさえ掴めば簡単にオリジナルプリントを行うことが出来ます。
実際に一から自作プリントTシャツを100均グッズでどうやって作るのか、解説を交えながらご紹介していきたいと思います。

自作でプリントTシャツを作る方法

「自作プリント」とひとえに言っても、いくつかの方法がありますのでご紹介いたします。

まずひとつはアイロンプリントです!アイロンでシートを直接Tシャツに圧着させます。既存でデザインされたタイプのものから、白紙の転写プリントシートにデザインを印刷して圧着するタイプのものまであるようです。

次にシルクスクリーンプリント。版(細かいメッシュの型のようなもの)を作って、インクを刷っていく方法です。プリント業者が行っている主な印刷方法もシルクスクリーンである場合がほとんどで、実はコレは自分でも行うことが可能です。一般ユーザー向けにキットなども販売されています。しかしながら、揃える道具やコスト(ラーニングコストを含め)を考えると少しハードルが高いかもしれません。

最後にステンシルプリントです。こちらはフォントやロゴなどの型が切り抜かれたものをTシャツに当てて、インクでプリントする方法です。イメージがつきやすく、直感的に行えるので比較的簡単にオリジナルTシャツを作ることができます。

100円均一グッズで自作プリントTシャツを作る方法

今回は3つ目にご紹介したステンシルプリントを使って自作プリントTシャツを作る方法をご紹介したいと思います!
基本的には型を用意し、マスキングして、Tシャツにインクを落とし込んでいくだけのシンプルな工程で作ることが可能です!

用意するもの

・無地Tシャツ(プリントを加えてもいいTシャツならどれでもOK)
・カッター
・カッターマット
・マスキングテープ(あまり粘着力が強くないものがオススメ)
・デザインがプリントされた紙
・ドライヤー
・100均で売っている布用スタンプ

カッターで型紙作り


フォントの部分を奇麗に抜き取るようにカッターで丁寧に切ります。
切り抜き作業は慣れとコツが必要なので、始めは直線的なデザインのものだと切り抜きやすいかと思います!
実際に切り抜くと写真のような感じになります。

型紙をテープで止める


プリントしたいTシャツの箇所に、出来上がった型紙をテープで貼り付けて固定します。
型紙に緩みがあると、浮き上がりやすくなってしまうので出来るだけ張りをつけるのがポイントです!


どうしても浮き上がってしまう部分や、切り取りの際に離脱してしまうパーツは両面テープで裏側を止めると作業が楽になります。

布用スタンプでインクをなじませる


布用スタンプで型にインクを落とし込んでいきます。ポンポンと軽く捺いてしまうとインクがキレイに生地になじまないので、ゆっくりと押さえつけるように搗くスタンプしていくことがポイントです。
※ベッタリとつけすぎると、裏側にインクが染みこんでしまう恐れがありますので、裏側に紙や下敷きのようなものを敷いておくと良いです。


実際にインクを入れ終わるとこんな感じになります。

ドライヤーで乾かす


ドライヤーでインクを乾かします。ここでの乾かしが弱いと、型紙をはがすときにインクがはねて、汚れてしまったりするので気を付けましょう!

型紙をはがして確認


十分に乾燥させたら、型紙をゆっくりとはがしていきます!

こんな感じに仕上がりました。

完成!!



完成しました!若干のムラもありますが、元のデザインと比較してもあまり遜色のない出来栄えになりました!
出来上がったあとも、数日はインクを乾燥させると確実かと思います!

おわりに

自作プリントの方法をご紹介してきました。いかがだったでしょうか。
自作プリントと聞くと少しハードルが高く感じられる方も多いかと思いますが、やってみると意外にも「これでおわり?」というくらいのシンプルな作業です。ステンシルの型も市販で既存デザインのものや、テキストフォントがアルファベットごとで売られていたりしますので、始めはそれを使ってみるのも有りかと思います!
最近では無地のTシャツも安く売っていますし、道具も100均で揃えられますので、興味のある方は是非お試しください!