バレエ『ライモンダ』のあらすじや特徴をバレエ経験者が解説!

バレエ『ライモンダ』を知っていますか?『ライモンダ』ではシンプルな恋物語の中で数々の美しい見ごたえのある踊りが繰り広げられます。ここでは『ライモンダ』あらすじや特徴、見どころなど、魅力が伝わるよう詳しく紹介していきます。


  1. バレエ『ライモンダ』とは?
    1. 『ライモンダ』のあらすじ
    2. 『ライモンダ』の特徴
  2. 『ライモンダ』の動画

バレエ『ライモンダ』とは?

『ライモンダ』はアレクサンドル・グラズノフ作曲、マリウス・プティパ振付による全3幕4場のバレエ作品です。1898年にロシア・サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場にて初演されました。『ライモンダ』の中で、第三幕で演じられる「グラン・パ・クラシック」は特に有名で、第三幕のみで独立上演されることも、よくあります。また、『ライモンダ』は難易度の高いバリエーションの多いことで知られており、ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人バレリーナ菅井円加さんが踊り、優勝したことでさらなる注目を集めました。

『ライモンダ』のあらすじ

第1幕

(第1場)
舞台は中世ヨーロッパ、フランスのプロヴァンス地方。十字軍時代のお話です。物語は、伯爵夫人の姪でその美貌で有名なライモンダの誕生祝いのパーティーから始まります。ライモンダの婚約者で十字軍の遠征を控えたジャン・ド・ブリエンヌが、しばしの別れを惜しみつつライモンダへスカーフを贈ります。 ライモンダは、十字軍に出征するジャンを見送りました。
(第2場)
ライモンダは彼を思いながら部屋で一人、リュートを弾いていました。そしていつの間にか眠ってしまい、そこへ白い貴婦人が現れます。
(第3場)
白い貴婦人は眠ったライモンダを幻の世界へ連れていきます。そこでライモンダは、ジャンの幻をを観ました。もうすぐジャンにあえると喜んでその幻と踊っていると突然ジャンが消え去り、他の見知らぬ男が現れ、ライモンダに求愛したのでした。ライモンダは男の求愛を拒みます。白い貴婦人はたちまち消え去り、ライモンダは飛び起き、それは不吉な夢であったことに気づきます。

第2幕

今日はライモンダが待ちに待った、ジャンが遠征から帰還する日です。城では彼の帰還を祝うパーティが開かれていました。招かれた客がどんどんやってきますが、ジャンがなかなか到着しません。すると、サラセンの王子アブデラフマンが登場します。アブデラフマンはライモンダの美貌を聞きつけて、アラブの国からやってきたのでした。そこでライモンダは驚きました。彼の姿は、ライモンダが夢の中で見た、見知らぬ男とそっくりだったのです。ライモンダは不吉に感じアブデラフマンを追い払おうとしましたが、アブデラフマンは熱烈に求愛してきます。そんなところへようやくジャンが到着します。ジャンはびっくりして、ライモンダを自分のものにするためにアブデラフマンに決闘を申し込みます。そして決闘の末、ジャンが勝利し、アブデラフマンはこの決闘で死んでしまいました。

第3幕

ようやく結婚の準備が整った二人は、アンドレ二世の前の結婚式を挙げます。若い二人の結婚が祝福され、物語が終了します。

『ライモンダ』の特徴

普通は1幕で1曲ずつほどある主役のバリエーションですが、『ライモンダ』では第1幕で3曲あり、全幕で計5曲もあります。アクティブな振付のパーティのシーンに始まり、ベールを持った振り付け、もっとも難関な振り付けの夢の中の踊り、回転やジャンプの多い帰還の宴の踊り、そして結婚式の踊りがあります。

また、版によってストーリー設定が違うのも見どころです。
ライモンダがアブデラフマンからの求愛に全く動じないというものから、実は心が揺れている、という設定の版もあります。
また、最期の結婚式のバリエーションも版によって雰囲気が異なります。アブデラフマンに心を揺るがされた結婚式のバリエーションでは、ライモンダの表情は無表情で、死んでしまったアブデラフマンへの思いを想像させます。しかし全く気にしていなかったパターンでは明るい表情で舞うなど、ライモンダがアブデラフマンの存在をどう捉えているかもストーリーを見るカギとなっています。

物語の舞台設定はフランスのプロヴァンス地方ですが、ハンガリー国王が登場します。そして、衣装もハンガリーらしいものや背景もそれらしい設定などまたアブデラフマンはサラセンの王であり、ところどころに異国の雰囲気が楽しめます。『ライモンダ』には原作がありませんが、『眠りの森の美女』に似通って点もあることから、それもヒントに様々な要素を練りこみプティパが作り上げた作品だと言われています。

『ライモンダ』の動画

第1幕 パーティの踊り

見ての通り、トゥで立ったままパを展開している非常に難易度も高めの振りです。

第1幕 ベールの踊り

ベールを持った美しい舞です。繊細な音色に合わせて恋する乙女の幸せな心情を描くように慎ましくも優雅に踊る姿が印象的です。

第2幕 夢の中の踊り

抽象的であるからこそ表現の正確さが求められる夢の中のシーン。1曲の中に様々な技術的要素が盛り込まれ、難易度はライモンダのバリエーションの中でも一番高いと言えます。17歳でローザンヌ国際バレエコンクールで1位入賞した菅井円加さんは、このバリエーションで優勝しました。

第2幕 帰還の宴

回転とジャンプの多いこと振付では、ライモンダのかわいらしい雰囲気や待ちに待ったジャンとの再会を待ちきれずに思う心情が非常によく表れています。

第3幕 結婚式

2曲目の静かなメロディで始まる曲は、少し暗めの曲です。アブデラフマンを悼みながら無表情で踊る版と、結婚を喜びながら笑顔で踊る版とがあります。

さいごに

バレエ『ライモンダ』の魅力が伝わったでしょうか。たくさんあるバリエーションを見ていると、様々な技や表現に挑戦したくなってきますね。物語が進むにつれ、いち女性として成長していくライモンダの気品と存在感を感じながら、ライモンダの魅力をしっかり表現していきたいですね。

WRITER
yuki