バレエ『ラ・バヤデール』のあらすじや特徴をバレエ経験者が解説!

古代インドが舞台のバレエ作品『ラ・バヤデール』を知っていますか。エキゾチックな衣装や美しい音楽とともに愛をめぐるドラマが描かれています。ここでは物語のあらすじや特徴を紹介していきます。


  1. バレエ『ラ・バヤデール』とは?
    1. バレエ『ラ・バヤデール』のあらすじ
    2. バレエ『ラ・バヤデール』の特徴
    3. バレエ『ラ・バヤデール』の動画

バレエ『ラ・バヤデール』とは?

『ラ・バヤデール』 (La Bayadère) は、1877年にサンクトペテルブルクで初演されたバレエ作品です。古代インドの舞姫(バヤデール)と戦士ソロルの恋を描いた作品です。作曲は、『ドン・キホーテ』、『パキータ』で知られるオーストリアの作曲家レオン・ミンクスが手がけ、振付は、『眠れる森の美女』、『くるみ割り人形』、『白鳥の湖』、『ドン・キホーテ』などで有名なフランス人のマリウス・プティパが手がけました。

バレエ『ラ・バヤデール』のあらすじ

古代インドが舞台のお話です。バヤデールとは舞姫のこと。戦士ソロルは、寺院の舞姫(バヤデール)のニキヤとひそかに愛し合っていました。二人は結婚の誓いを立てました。しかしこの国の王であるラジャは、若き英雄であるソロルを気に入り娘のガムザッティと結婚させようとします。そしてガムザッティも、戦士ソロルを愛してしまいました。ソロルはニキヤとガムザッティの板挟みにあい戸惑いますが、次第に美しいガムザッティに惹かれていき、王であるラジャに逆らえず結婚を承諾してしまうのです。一方で、寺院の権力者である大僧正はニキヤに思いを馳せていましたが、ある日ニキヤに拒まれてしまいます。ニキヤの心を奪っている戦士ソロルを憎む大僧正は、王ラジャに戦士ソロルとニキヤの関係を告げ口します。

この話を聞いていたガムザッティはニキヤを呼び寄せ、ソロルには自分という婚約者がいるのだと告げて彼との別れを迫ります。しかしニキヤは結婚を神に誓ったことを認めませんでした。怒ったガムザッティはニキヤを殴り、それで思わずニキヤは短剣を握ります。しかしニキヤは侍女に阻まれてしまい、なんとか逃げ出しました。ガムザッティは侍女にニキヤを殺すよう命じます。

戦士ソロルと王の娘ガムザッティの婚約を祝う宴でニキヤは舞姫(バヤデール)として悲しげに舞います。ソロルから贈られた花かごを喜んで受け取りますが、そこにはなんと、ガムザッティの侍女が毒蛇を仕込んでいました。毒蛇に咬まれて倒れたニキヤに、大僧正が自分と結婚するなら助ける、と告げるが、ニキヤは拒んで息絶えてしまいます。

ニキヤを裏切った悔恨と彼女を失った悲しみに暮れるソロルに従者がアヘンを差し出します。完全に陶酔したソロルは、バヤデールの幻覚を観ます。その中にソロルはニキヤを見出して、彼女へ永遠の愛を誓うのです。

やがて寺院でソロルとガムザッティの結婚式が執り行われますが、ニキヤとの愛の誓いを破ったソロルに天罰が下り、寺院が崩壊して全員が死んでしまいます。

バレエ『ラ・バヤデール』の特徴

古代インドを舞台にした西欧人好みのエキゾティシズムが特徴のこの作品。演出家によって結末が異なり、アヘンによる幻覚の「影の王国」(「幻影の場」とも)で終わる版や、「寺院崩壊」を復元して主役ふたりが来世(天国)で結ばれる版などがあります。ユーリー・グリゴローヴィチ版、ナタリア・マカロワ版、ルドルフ・ヌレエフ版などが有名です。

バレエ『ラ・バヤデール』の動画

実際に動画でどのように演じられているのか見ていきましょう。

東京バレエ団 ラ・バヤデール

様々な場面のダイジェスト版です。エキゾチックな衣装、ドラマチックな場面展開がとても素敵です。

ニキヤの舞

第1幕でのニキヤの舞です。素敵な衣装とオリエンタルな雰囲気で見ている人たちを虜にします。

舞姫(バヤデール)の踊り

ソロルとガムザッティの婚約を祝う宴でのバヤデールの舞。

ラ・バヤデール~「影の王国」 壱 バヤデールの精霊たちの踊り

ソロルが悲しさのあまりアヘンを吸い込み、バヤデールの幻覚を見る場面です。大人数のそろった動きで見ごたえがありますね。

ニキヤのヴェールの舞

神の怒りで寺院が崩壊し、恋人を裏切って後悔し悲しみに暮れるソロルが、2人の「絆」として描かれる長い白いスカーフでニキヤを導きながら、ニキヤが坂を登っていく場面です。

さいごに

『ラ・バヤデール』の魅力を感じていただくことができたでしょうか?西洋文化を中心としたバレエの世界で古代インドというアジアが舞台の作品があるなんて、面白いですよね。アジアが舞台ということで、日本人でもなじみ深く感じるのではないかと思います。エキゾチックな衣装も魅力的なこの作品。詳しく知って感情をこめて踊れるようになりたいですね。

WRITER
yuki