ヒップホップ初心者に伝えたい!エミネムの本当の凄さ

人種の概念を打ち破ったラッパーエミネムについてご紹介していきたいと思います!特に最近では話題がまた沢山出てきている彼が培ってきたものとは一体何なのでしょうか? プロフィールから近年のニュースまで追っていきましょう!


現代のブラックミュージックの代表格であるヒップホップの概念を覆し、ラップミュージックシーンの中で白人として、また一人のアーティストとして、大成功を収めているエミネム。
映画「8MILE」で日本人にも広く知られることになり、公開から約17年が経った今でも業界を賑わせる話題性を持った人物です。そんなエミネムの凄さを今回はご紹介したいと思います!

エミネムとは

それまで黒人が優位とされていきたヒップホップ界に革命的な衝撃を与え、全世界で2億2000万以上のアルバム&シングルをセールスした、史上最も売れたラッパーの一人と言われています。本名Marshall Bruce Mathers III。生まれミズーリ州セントジョセフで、12歳の時までカンザスシティとデトロイトを転々としていたようです。
これまでには1996年の『Infinite』をはじめ合計10枚のアルバムをリリースしています。(ちなみにこの『Infinite』は自主製作アルバムであり、大御所ドクタードレーに見出された後のメジャーデビューアルバムは1999年の『The Slim Shady LP』となっています)
卓越したラップスキルが称賛されていて、韻でリズムを作り出し、まるで自身で楽器を演奏しているかのようだと比喩をされることもしばしばです。御大ジェイ・Zもインタビューで「エミネムは素晴らしいカデンツ(韻を踏みながらの抑揚の取り方)とシンコペーション(独特のアクセント)が素晴らしい」と称賛を送っています。

エミネム自伝映画『8MILE』の凄さとは

映画『8MILE』はエミネムの半自伝的映画であり、自身がその主人公役を演じきったエミネム唯一の映画作品です。

監督はアカデミー賞脚色賞を受賞した『L.A.コンフィデンシャル』や『ワンダー・ボーイズ』を手掛けたカーティス・ハンソンで、商業的成功面でいえば、4100万ドル(約46億円)の予算を組まれ、最終的には4億4200万ドル(約501億円)もの売上を記録しています。また、主題曲「Lose Yourself」は2003年アカデミー賞オリジナル楽曲賞を受賞しており、アカデミー賞を受賞する初のヒップホップ作品という快挙も成し遂げています。その「Lose Yoursel」を収録している8Mileのサウンドトラックは、アメリカで初登場アルバム・チャート1位にも輝いています。

一人の青年の成長の過程や、人間味的な部分を感じとれる物語であるのはもちろなのですが、人種・社会的背景が色濃く描かれている映画であり、数あるサクセスストーリーの中でも一層渋みの深い作品です。

エミネムが偉業を達成

これまで10枚のスタジオアルバムを出していることは冒頭でもお伝えしましたが、8枚目のアルバム『The Marshall Mathers LP 2』に収録の4曲が当時チャートイン。この4曲同時チャートインは1964にビートルズが成し遂げて以来49年ぶりの快挙だったようです。

エミネムがワークアウト依存症に!?

2005年頃に薬物依存によるリハビリ治療を受けていることを告白し、エミネムの薬物依存があった過去は周知の事実となっていますが、2018年には依存を断ってから10年が経ったことをファンへ報告し、すっかり薬物の魔の手からは逃れたことを証明していました。そんな「依存」関連で話題となったのがエミネムのワークアウト依存です。2014年の11月、米大手経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」が主催したアワードに出席。そこで周囲が目にしたエミネムの姿は、頬がこけ、目がギョロリとしたガリガリ姿のエミネムでした。あまりの変貌ぶりに「重病説」や「薬物依存再発説」などの噂が流れましたが、その理由というのが「ワークアウト依存によるもの」ということでした。彼はランニングに力が入り、毎日27キロもの距離をランニングマシンで走っていたと言います。本人も「オレの脳は依存を求める傾向にあるからたちまち運動中毒になっちまった」と語っていて、一度のめりこむととことん追求してしまう性なのかもしれません。そしてこれが異彩をはなった要因の一つでもあるかもしれませんね!

アワード登壇の模様

新作「KAMIKAZE」でディス連発!

2018年の8/31にサプライズリリースという形で広まったアルバム『Kamikaze』。このエミネムの新作アルバムが物議をかもしていると言うのです。その理由として挙げられるのが「これでもか!」というほどのディスりが多いことです。前年リリースのアルバム『Revival』を酷評した評論家に対してのディス。今売れっ子の若手ラッパーに対するディス。Migos、Ja Rule、Machine Gun Kell、Pusha T、Drake…等々。因縁ともいえる相手もいますが、数え切れないほどの名立たる人間をディスしています。

『Kamikaze』についてのインタビュー

特に、今作最大に炎上したと言われている楽曲「Fall」では前作アルバム『Revival』を批判したTyler The Creatorへの憤りをぶつける内容となっていて、タイラーが同性愛者ということを侮辱しており「差別的だ」という反感を買っているようです。エミネム本人も「あれを言ったときはちゃんとした精神状態じゃなかった。あいつのことは気に入ってたんだ。」と発言していることからも、このディスに関しては思うことが深くあるようです。
この2018年最大級の問題作はエミネムのすべてをさらけ出しているように感じます。

「Fall」ミュージックビデオ

おわりに

エミネムについてお送りしてきました。
余談ですが、Machine Gun Kellとのビーフの要因の一つともなったエミネムの愛娘Hailie Jade。この愛娘Hailie Jadeがもう20歳を超えているというのに驚愕しましたwエミネムは特に2000年代から活躍し始めたイメージが強いですが、かれこれ約20年間の、この月日のスピードを感じさせないほどの存在感を、色々な意味で魅せているアーティストなんだなと感じました。
まだまだ動きがありそうなので、アンテナを張りながら活躍を期待したいと思います。