ファンキーな音楽がカッコいい!ロックダンスの定番曲 20選

ロックのショーにどんな曲を使えばいいかわからない…初心者の方は特に思うかもしれません。そこでここではロックダンスの定番曲を20曲お届けします!これで曲選びに迷うことも少なくなるはず。


ロックダンスは激しい動きからカチャッと鍵がかかったかのように突然静止しポージングをとるのが特徴のダンスです。
ただどんな種類の曲で踊るのか、初心者の方だとあまりわからないかもしれません。
そこでここではロックダンスに定番のダンスミュージックを20曲お伝えします!

  1. ロックダンスとは
  2. ロックダンスの曲はどんなジャンル?
  3. ロックダンスの定番曲 20選
    1. Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine
    2. Soul Power / James Brown
    3. Jungle Boogie / Kool And The Gang
    4. Call Me / Skyy
    5. I Feel for You / Chaka Khan
    6. How Gee / Black Machine
    7. Jazz Machine / Black Machine
    8. Shirokuma / Jabberloop
    9. Obstruction / Naoki Sato
    10. Soul With A Capital ‘S’ / Tower of Power
    11. Only So Much Oil In The Ground/ Tower of Power
    12. Black Devil / Mardi Grass.BB
    13. Big Breakdown / Hans & Candy Dulfer
    14. Do It At The Disco / Gary’s Gang
    15. Let’s Groove / Earth, Wind & Fire
    16. Getaway / Earth, Wind & Fire
    17. Contact / Edwin Starr
    18. I Wish / Stevie Wonder
    19. Got to Be Real / Cheryl Lynn
    20. Hot Shot / NuShock
  4. まとめ

ロックダンスとは

三大オールドスクールの1つでもあるロックダンスは、1970年代に誕生したジャンルの一つです。
ロックはROCKではなくLOCKで「鍵をかける」という意味です。
この名前は、激しい動きから突然静止するという様子が「カチャ」と鍵をかけるように見えるためそう呼ばれるようになりました。

ロックダンスの曲はどんなジャンル?

伝統的にはファンクミュージックと呼ばれる、60年代から70年代にかけて流行したブラックミュージックが使用されてきており、現在も基本的にはファンクミュージックにノッてロックダンスをすることが多いです。
ですがダンサーによってはハウスやエレクトロで踊ることもありますし、ディスコを用いることもあります。

ロックダンスの定番曲 20選

Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine / James Brown

「ゲロッパ」の愛称で親しまれるJames Brownの名曲です。

Soul Power / James Brown

サンプリングネタにもよく使われている曲で、程よいテンションは練習にももってこいです。

Jungle Boogie / Kool And The Gang

BPM遅めのミッドファンクで随所の印象的なサウンドはサンプリングネタにもよく使われます。

Call Me / Skyy

ややディスコ調で落ち着いた雰囲気があり、大人びたオシャレなロックが似合いそうです。

I Feel for You / Chaka Khan

イントロの「チャカ、チャカカーン」がとてもかっこいいグルービーでオシャレな一曲です。

How Gee / Black Machine

イントロでだれもが即座に反応できるほど有名な一曲でよくかけられる定番曲です。

Jazz Machine / Black Machine

How Geeに次ぐBlack Machineの有名曲で、管楽器の主旋律は強いインパクトがあります。

Shirokuma / Jabberloop

京都出身のJabberloopの曲で、最初からスピード感があり盛り上がる曲です。