フォークダンスってどんなダンス?特徴や種類を動画で解説!

学校の授業や運動会、キャンプファイヤーで踊られる「フォークダンス」。フォークダンスには、どのような種類や特徴があるのでしょうか?今回は、日本と海外のフォークダンスについて動画で解説します!


子どもの頃に親しんだ「フォークダンス」を覚えていますか?学生の中には、学校行事に向けて絶賛練習中の方もいるでしょう。「異性と手を繋ぐのが恥ずかしくて堪らない…」という学生は、フォークダンスの歴史を学ぶことで照れずに踊れるようになるかも…?

そこで今回は、フォークダンスの種類や特徴を動画で解説します。日本と海外のフォークダンスを踊って、陽気な気分になりましょう!

  1. フォークダンスとは?
  2. 世界と日本のフォークダンス

フォークダンスとは?

「フォークダンス」とは、世界各地で踊られる土着の踊りの総称です。有名な楽曲に「マイム・マイム」「藁の中の七面鳥」「ジェンカ」「コロブチカ」などがあり、学校の授業やキャンプファイヤーで踊られることも多いダンスです。

土着の踊りということから、実は盆踊りや神楽のような日本の踊りもフォークダンスに含まれていると知っていますか?しかし、一般的に日本では外国から紹介された踊りを指すことが多く「民族舞踊」と訳されています。

かつてフォークダンスは、狩りの収穫を祝って動物の動きを真似て踊られたことから「動物踊り(アニマルダンス)」と呼ばれていました。誰でも踊れる簡単な振付を用いて、みんなで踊るという行為によって連帯感を得ていました。そんなフォークダンスが全国に広まったのは、第二次大戦後の長崎に教育担当官として駐在したアメリカ人”ウインフィールド・P・ニブロ氏”の活動がきっかけです。彼はフォークダンスを広めるべく各地で活発に活動を続け、昭和31年に「日本フォークダンス連盟」が設立しました。彼は「フォークダンスの父」と呼ばれ、今なお語り継がれています。

日本のフォークダンスの定義

日本のフォークダンスとして代表的なのは、
・盆踊り
・日本民踊
・日本舞踊
・新舞踊
上記のような踊りが挙げられます。とくに古くから親しまれている「盆踊り」は、古いものでは500年の歴史を持つといわれています。

本来、盆踊りは盆の時期に死者を供養するための踊りとされています。 また、神楽や雅楽といった舞いは呪術的要素が強いといわれています。これらから、日本のフォークダンスは人々が喜ぶ様を表した「マイム・マイム」のような楽しむ目的ではなく、供養や祈りを表すダンスだといえるかもしれませんね。

世界と日本のフォークダンス

日本のフォークダンス

盆踊り

夏の風物詩「盆踊り」は広場の中央にやぐらを立て、やぐらの周囲を回りながら音頭にあわせて踊る形式が一般的です。昔から娯楽の要素もありましたが、主に村の結束を強める役割を果たしていたようです。

日本舞踊

日本の伝統的なダンスである舞(まい)と踊(おどり)を合わせた「日本舞踊」。欧米諸国やアジアでは「Nihombuyo」という呼称で定着しつつあります。

新舞踊

大正期の新舞踊運動によってできた日本舞踊のジャンル「新舞踊」。最近では演歌に振付をした歌謡舞踊が盛んに行われ、新舞踊といえばこれを指す場合が多くなりました。

アメリカのフォークダンス

オクラホマミキサー(藁の中の七面鳥)

「藁の中の七面鳥」の楽曲に合わせて踊る「オクラホマミキサー」。1946年に長崎軍政府教育官であったニブロ氏が、長崎の県幹部との会食中に踊ったのが日本に伝わった経緯だといわれています。

パティケーク・ポルカ

「パティケーク・ポルカ」は、ケーキをこねるような手遊びが楽しいフォークダンスです。日本の手遊び歌「アルプス一万尺」のような手遊び系の要素が含まれているパティケーク・ポルカは、小学校の運動会で用いられることもあり人気が高い1曲です。

バージニア・リール

「バージニア・リール」は、男女が2列で向かい合って踊るフォークダンスです。「リール(Reel)」とは、数字の8の字のように複雑に軌道を絡ませる形式のことです。

メキシカン・ハット・ダンス

メキシコの伝統的なダンスである「メキシカン・ハット・ダンス」。日本ではメロディーの一部がキダ・タロー作曲「アホの坂田のテーマ」として広く知られています。

まとめ

フォークダンスの種類や特徴を動画で解説しました。

世界には様々なフォークダンスが存在し、時代を超えて親しまれています。異性と手を繋ぐのが恥ずかしくなったときは、日本にフォークダンスを広めたニブロ氏に思いを馳せて冷静さを取り戻してみてはいかが?・・・効果あるかな?