男子はなぜタイツなの?バレエ男子あるある 10選

女性に人気のバレエ。圧倒的に女性社会の中でバレエ男子が感じるバレエあるあるをご紹介します。


バレエあるある【男性バージョン 】

男性バレエダンサーたちの「バレエあるある」をご紹介します。バレエ界では圧倒的に男性より女性の方が数は多いですが、男性なくしては成り立たないバレエの舞台。女性バレエダンサーたちはいつも男性ダンサーに感謝しています…。

同じバレエ団・バレエ教室にいる女の子たちとは家族感覚


バレエ教室の女の子や先生は家族みたいな感覚。女性からしても、異性としての恥じらいはないのが正直なところです。そんな女性陣に男性の方が実は圧倒されているような気がします…。

衣装がなぜタイツ姿なのか?と一度は疑問に持つ


男性だって、綺麗なズボンやスパッツの衣装があってもいいのではないだろうか…と一度は思ったことがあるはず。

バレエ男子のイメージがアップ


フィギュアスケート男子の活躍もあって、最近はバレエ男子のイメージも変わりました。昔は男子がバレエをしていることを「女の子みたい」「恥ずかしい」と隠している時代もあったみたいですが、今ではだいぶ男子が踊ることに対しても認知度が高くなり、バレエをする男性も増えました。

物語の中で大半は、主役の王子が姫を裏切る


バレエ全幕の物語では、主役の相手役である王子が裏切り、ヒロインが涙することがほとんどです。「白鳥の湖」では白鳥に愛を誓ったにも関わらず黒鳥に惹きつけられたり、「ジゼル」や「バヤデルカ」では実は婚約者がいてヒロインが死に追い込まれたり、「海賊」では毒薬をもられた花を匂って倒れている間に姫が連れ去られる始末…。

男子はひとりで踊ることが多い


レッスン中、女子とジャンプや回転の仕方が違うので、女子は2人ずつでも男子はいつも一人ずつ踊らされます。

発表会でゲストとして呼ばれると特別感


発表会にゲストとして呼ばれると、教室の子どもたちやお母さん、先生たちみんなからものすごくゲスト扱いしてくれます。お茶や部屋まで用意されています。

グランパドドゥの男性バリエーションが短い


大抵の男性バリエーションは女性に比べて短いです。パドドゥは女性を引き立てる側にまわるのが男性の位置付けです。しかしあの華やかなパドドゥは男性の支えなしでは成り立たないのです。女性バレエダンサーは本当に支えられています。

パドドゥを組む相手によって安心感が違う


初心者のパドドゥ相手は色々指導もしなくてはいけません。パドドゥ経験者だと安心して組むことが出来るのが正直なところです。

オープンクラスとか新しいスタジオでのレッスンにいきにくい


やはり女性に比べて男性のバレエダンサーは少ないですから、初めてのスタジオやオープンクラスがあってもなかなか女性のように色々なレッスンを受けにいくのは、行きにくいです。「この先生受けたいな」と思っても初めての所はためらいを感じてしまうそうです。

発表会にゲストとしていくと、教室にいる小さな男の子に好かれる


バレエ教室にいる少数派の男の子。やはり同性のお兄さんが来てくれることはとても嬉しいみたいで、すごくなつかれます。

さいごに

女性に人気のバレエ。元々バレエは女性の踊りから始まったこともあり、女性の方が舞台でも見せ場が多いのも事実ですが、男性のサポートなしには、華やかなバレエの舞台は成立しません。男性の力強いサポート、男性の迫力ある踊り、男性のコミカルなキャラクターの演技…なくてはならない存在です。しかしお教室では圧倒的に女性社会で男性が肩身が狭い想いをしているのも正直ありますよね(笑)いうまでもなく、バレエ男子に革命を起こしたのが熊川哲也さんです。熊川さんの活躍以降、バレエ男子が世間的に有名になって数十年。ダンスが流行している昨今、フィギュアスケート男子の活躍もあって昔より、男子がバレエ的な曲線を描く踊りをすること自体に抵抗は少なくなっている時代に来ていると思います。これからもどんどんバレエ男子が増えて、未来のスターが生まれることに期待します。

WRITER
MIHO