90年代のヒップホップの伝説 ノトーリアス・B.I.Gの激選20曲

大柄な体格と太い声、90年代の東の横綱ともいえるラッパー、ノトーリアス・BIGのオススメ曲20選を紹介していきます! 彼の短い生涯から生まれた希少な楽曲たちをどうぞお楽しみください!


※写真はイメージ

「ヒップホップクラシック」、「ゴールデンエラ」などと称賛されることが多い1990年代。そんな激動の時代を駆け抜け、今も尚その存在は多くの若い世代へと受け継がれては、次世代へのアーティストへ影響を与えている人物、ノトーリアス・B.I.G。
そんな彼の24年という短い生涯の中で生み出された楽曲たちを今回はご紹介していきます!

ノトーリアス・B.I.Gとは

1972年生まれ。本名は本名はクリストファー・ジョージ・レイトア・ウォレス(Christopher George Latore Wallace)。ニューヨーク・ブルックリン出身のラッパーです。身長190cm、体重136kgの巨漢で、太く渋い声を特徴としたラップをします。
10代初めの頃から麻薬の売人という背景を持ちながらも、街角でのフリースタイルラップには定評があり、すでにラッパーとしての道を示唆するような才能を持っていました。デビュー前にはデモテープがヒップホップ雑誌「The Source」に紹介されるなどし、このタイミングでのちの盟友となるショーンコムズにその才能を見出されることとなります。
その後ヒップホップレーベル”バッドボーイ”と契約、94年にデビューアルバム『Ready to Die』をリリースします。「Juicy」、「Big Poppa」、「Unbelievable」など後世に今も受け継がれ続ける名曲たちを送り込んだアルバムです。

小さな摩擦から東海岸と西海岸を象徴するレーベル”バッドボーイ”と”デスロウ”の両レーベルが対立しあう「東西抗争」は、ビギー vs 2パックという構図が出来上がってしまいます。
結末としては96年9月に2パックは何者かによって銃撃を受け若い命を落とします。さ中に2ndアルバム『Life After Death』の製作中だったビギーもアルバムリリース以前となる97年3月に銃弾に倒れ命を落とします。

死後16日で2ndアルバムはリリースされ、その後もショーンコムズや妻であったフェイスエヴァンスなどによって、ビギー関連の楽曲は近年でもリリースされ、壮絶で短いその人生は伝記映画『ノトーリアス・B.I.G.』でも語られています。

ノトーリアス・B.I.Gの激選20曲

  1. Juicy
  2. Big Poppa
  3. Unbelievable
  4. Things Done Changed
  5. Hypnotize
  6. One More Chance
  7. Gimme The Loot
  8. Sky’s The Limit
  9. Mo Money Mo Problems
  10. Ten Crack Commandments
  11. Kick in The Door
  12. Who Shot Ya?
  13. 【Ft】Lil’ Kim – Get Money
  14. 【Ft】Junior M.A.F.I.A. – Player’s Anthem
  15. 【Ft】Junior M.A.F.I.A. – Player’s Anthem Remix
  16. Dead Wrong
  17. Notorious Thugs
  18. Going Back To Cali
  19. 【Ft】Craig Mack – “Flava In Ya Ear” (Remix)
  20. Rap Phenomenon

Juicy

名曲中の名曲。Mtumeの「Juicy Fruit」をサンプリングソースとする1994年産、説明不要のヒップホップクラシックです!

Big Poppa

94年リリース。デビューアルバム『Ready to Die』セカンドシングル。The Isley Brothersの「Between the Sheets」という大ネタをサンプリング。
96年Grammy AwardsでBest Rap Solo Performanceにもノミネートされています。

Unbelievable

94年アルバム『Ready to Die』収録曲。疾走感、渋さ、カッコよさ、様々な要素が連なる永久不滅のヒップホップアンセムです。

Things Done Changed

こちらも『Ready to Die』収録。ビギー自身の生活の変化をリリックに落とし込んだ一曲です!

Hypnotize

『Life After Death』の最初のシングルカット。Herb Alpert「Rise」をサンプリングした曲で、大ヒットを飛ばした曲です!

One More Chance

妻フェイスエヴァンスのコーラスが光る一曲。DeBarge「Stay with Me」をサンプリングした、甘めなメロディとなっています。

Gimme The Loot

アルバム『Ready to Die』収録の楽曲。プロデューサーであるEasy Mo Beeワークが一段と光る間違いない一曲です。

Sky’s The Limit

97年のセカンドアルバム『Life After Death』収録曲であり、3枚目のシングルカット曲でもあります。レーベル仲間の112がフィーチャーし、Bobby Caldwellの「My Flame」をサンプリングしています。

Mo Money Mo Problems

セカンドアルバム『Life After Death』収録曲。死後リリース楽曲の中でも特にヒットを飛ばした曲で、商業的なパフォーマンスも上げた曲です!

Ten Crack Commandments

曲名の通り、”売人をやるための10の掟”を語った一曲です。まさに「悪名高い」雰囲気が醸し出された曲ですね。