鉄棒ダンスがやばい?筋肉が凄い東大卒のダンサー上西隆史を紹介!

元WORLD ORDERメンバー上西隆史のマッチョな動画とともに、プロフィールや経歴、そして最近話題になっている鉄棒ダンスを始めたいきさつに迫ります。


上西隆史というダンサー名を聞いたことがありますか?ダンスパフォーマンスユニットWORLD ORDERの元メンバーである彼が近年「鉄棒ダンス」という新たな領域で活躍しているようです。一体「鉄棒ダンス」とはどんなものなのか、なぜ彼がそれを始めたのかをここでは詳しく紹介していきます。

  1. 鉄棒ダンスってどんなダンス?
  2. 上西隆史について
  3. 公演情報について

鉄棒ダンスってどんなダンス?

鉄棒ダンスとは、公園などにある鉄棒で懸垂しながら浮いた体を音楽に合わせ自在に動かすパフォーマンス。ストリートワークアウトと違うのは音楽にフォーカスを当てているところです。音楽とともにダンスやアクロバットを行うことで、観客にさらにインパクトと驚きを与えます。

こちらはMISSION PARKOUR PARK TOKYOでのパフォーマンス動画。上西隆史さん本人が映像の編集もしているそうです。
ストリートワークアウトでダンスすることをプラップダンスといいますが、彼は伝わりやすい言葉として「エアダンス」と名付けていて、AIRFOOTWORKSというチームで活動しています。日本ではまだあまり知られていないエアダンスですが、ここ数年では大会も開催されていて、これから世界中で広まっていく可能性の高い新感覚のダンスです。

エアフットワークスパフォーマンス

「東静岡アート&スポーツ/ヒロバ1周年記念イベント」でのパフォーマンスです。生でここまでのパフォーマンスができるとは、驚きです。

ENTRANCE

夜の東京の街とストリートワークアウトが美しく混ざり合って、とてもかっこいい映像です。

ALIVE

見どころは夜景を背景に鉄棒ダンスをする場面。綺麗な夜景をバックに浮いてるかのようにパフォーマンスする姿は幻想的で素敵です。

HIGH LIGHT

キツいはずの動きをこれだけ余裕な顔でやってのける上西隆史さんの独特の雰囲気に、思わず魅了されてしまいますね。

ライブ「Mr joonys」

グループ「Mr Joonys」のライブの一部。驚異的筋力で観衆を沸かせています!

上西隆史について

本名 上西隆史(じょうにし たかし)
生年月日 1986年8月16日
東京大学工学部卒。WORLD ORDERの元メンバー。北海道出身。
高校までサッカーをしていたが友達に貸してもらったダンスのDVDを見て衝撃を受け、自らもダンスを練習し始める。大学に進学し本格的にダンスをはじめ、その後須藤元気に誘われWORLD ORDERに加入。2011年8月から2018年5月27日までメンバーとして活動しました。そんな彼は「何かにハマると他のものが見えなくなってしまう」という凝り性な性格の持ち主。
鉄棒ダンスを始めたきっかけは、WORLD ORDER時代に腰を痛め筋トレをしている際に見つけた鉄棒トレーニングの動画に影響を受け、自分の持っているポップやアニメーションの技術を取り入れてできないか考えたこと。音楽にフォーカスを当てて振付やパフォーマンスの経験を活かし、様々な場所で公演をしながら日々その可能性を探り、広めています。

公演情報について

大学の学園祭など、様々な場所でパフォーマンスをしている上西隆史。ファン有志によるWorld Order Live in Osaka 2019や、2018年12月~2019年1月まで行われた「梅棒」主催の公演9th “RE”ATTACK『超ピカイチ!』でも活躍していたようです。
ただいま他の公演についてはまだ不詳ですが、チャンスがあればぜひ足を運びその驚異的なパフォーマンスを生で見てみたいですね!

最後に

鉄棒ダンスのパイオニアとしてその可能性を探り、広めている上西隆史。今後どんなパフォーマンスで観衆を驚かせてくれるのか、とても楽しみですね!You Tube動画もたくさん上がっているので気になる方は是非上西隆史の様々な驚異的パフォーマンス動画を見てみてください!

WRITER
yuki