BBOY TAISUKE幼少期からのドキュメント映像が公開!

BBOY TAISUKE幼少期からのドキュメント映像が完成!!20年間見てきたブレイキンとは!? Taisukeの思いを地元佐世保にて語る。


日本が誇るブレイクダンスの改革者BBOY TAISUKEが約2年離れたTEAM G-SHOCKに復帰する。
リスタートの意味を彼の原点であり生まれ故郷の長崎県佐世保市で探した。
少年時代、上京、世界挑戦と彼の歴史を紐解き改めてその大きさを知る。
まだ火は消えてない、またタフネスが共鳴する。

装着モデル:GWR-B1000-1AJF / GMW-B5000-1JF
動画提供:ProDanceTV / StanceElements / Strife.TV

BBOY TAISUKEのプロフィール

8歳からBREAK DANCEを始め”Cool Crew Jrとパパ”というチームを結成。初の大会である[RAVE2001]で見事オーディエンス賞を獲得しその名前を全国に知らしめた。わずかダンス歴1年で日本で一番大きな大会と言われている[JAPAN DANCE DELIGHT]で特別賞、翌年には準優勝をはたした。11歳のころには世界で最も大きなBREAK DANCEの世界大会[BATTLE OF THE YEAR 2001]に日本代表チーム”TEAM OHH”として参戦し見事準優勝の栄冠勝ち取る。その後、数々の大会やテレビ番組などにゲストとして多数出演し、現在のキッズダンスシーンの立役者にもなった。そして2007年に単身で上京し数々のBATTLEイベントで好成績を収める。同年の9月に行われた世界最高峰のソロBATTLEイベントである[Red Bull BC ONE 2007]の日本代表として参戦しベスト8という結果に終わった。しかし翌年に行われた同大会で、日本人初となる個人での世界大会での準優勝という偉業を成し遂げる。そして現在、日本で最も世界一に近いとの呼び声の高いチーム”ALL AREA”のメンバーであり、日本のBREAK DANCEシーンに影響を与える程の人物となっている。