ヒップホップ界のレジェンド!ビック・ダディ・ケインの名曲20選

クイーンズ伝説のグループJuice Crewの中心メンバーとしても活躍し、多くの名曲を世に残してきたビッグダディケインのオススメ曲20選をお送りしていきます!


I Get The Job Done

89年リリース。
ニュージャックスウィングを確立させたテディー・ライリープロデュースのダンスチューンです。

How U Get A Record Deal

93年リリース。5thアルバム『Looks Like a Job For…』のシングルカット。
90年代に数々の名曲を手掛けたTRACKMASTERZ制作の一曲です。

Very Special

93年リリース。メロウで心地の良いビート感の一曲です。
Debra Laws「Very Special」をサンプリングしています。

Niggaz Never Learn

93年、5thアルバム『Looks Like a Job For…』から一曲。
ラージプロフェッサーがプロデュースした、極太ビートのいなたい曲です!

The Way It’s Goin’ Down

94年アルバム『Daddy’s Home』より一曲。
名プロデューサーEasy Mo Beeが手掛けたテクニカルなラップフロウも時折光る渋い一曲です!

Uncut, Pure

先ほどの曲の次のアルバムとなる、98年産『Veteranz’ Day』に収録されたシングルカット曲です。
こちらもEasy Mo Beeプロデュースです!ちなみにビッグダディケイン自身の手掛けたRemixもかっこいいです!

Uncut Pure (Remix)

【Ft】Marley Marl – Three’s Company

2001年リリースマーリー・マールのアルバム『Re Entry』に収録された一曲です

【Ft】Marco Polo – Nite & Day

トロント出身、ニューヨークを拠点に活動するプロデューサー、マルコ・ポーロが2013年にリリースした楽曲です。
マルコ・ポーロの『Newport Authority 2』というミックステープに収録されています。

【Ft】DJ Jazzy Jeff – The Garden

2007年リリース。DJジャジー・ジェフのアルバム『THE RETURN OF THE MAGNIFICENT』に収録の一曲。
Bob Jamesの「Angela(Theme From Taxi)」をサンプリングした心地の良いビートが特徴的な一曲です。

【Ft】Ghostface Killah – Done It Again

2018年リリース。ウータンクランの重要人物ゴーストフェイスキラーが放つ13枚目のアルバム『The Lost Tapes』にフィーチャーした一曲です。

おわりに

80年後期のCold Chillin’ Recordsの時代に放たれた楽曲の評価が基本的に高い印象のあるビッグダディケインですが、90年代Easy Mo Beeなどが制作に加わっている5作目『Looks Like a Job For…』や、DJプレミア手掛ける名曲「Show & Prove」が収録された6作目『Daddy’s Home』など、何気に見逃せない部分がも多いのかなと感じました。
当時活躍していたラッパーの活動の影が見えないことも少なくない現代ですが、こうして近年でもフィーチャー楽曲などでビッグダディケインの歌声を聞けるのは嬉しい限りですね。