日本有数のEDM箱WOMB(ウーム)の魅力を徹底紹介!

日本有数のEDM箱といえば渋谷WOMB(ウーム)!ここではクラブWOMB(ウーム)の楽しみ方、どんな出会いがあるのかを徹底的に紹介していきます!


WOMB(ウーム)の雰囲気を画像で紹介

WOMB(ウーム)の雰囲気を前もってチェックしておきましょう!

600人収容のメインフロア

メインフロアは4階まで吹き抜けで壮大な雰囲気。この広いフロアがWOMB最大の特徴です。

アジア最大級のミラーボール!

大きなミラーボールによる、きらびやかな光の演出が出来るのはWOMB(ウーム)ならでは。その大きさはなんとアジアでも最大級だそうです。

世界が認める!ハイクオリティのサウンドシステム

世界レベルのクラブというだけあって、スピーカーの機材、配置などは本当にしっかりしています。音のクオリティはとても高いので、一人で音楽を楽しみに行っても満足できるほど。

映像とレーザーなど、高度な演出が楽しめる!

メインフロアでの音や光、スモークなどの演出が凝っていてまるで海外のクラブのようです。映像は正面だけでなく天井のスクリーンにも映し出され、何時間いても飽きがこない魅力的な空間です。

VIPラウンジでアーティストに遭遇できる可能性も?!

WOMB(ウーム)3~4FにはVIPラウンジがあり、テラス席からはメインフロアを見下ろすことができます。3Fのテラス席は1人5,000円、4Fの予約席は1人3,000円で2時間利用することができます。特別な日に恋人や仲間を誘ってお酒と音楽を楽しむのもいいですよね。また、4F奥にはアーティストシートがあり、そこでアーティストに出会える可能性もあります。

WOMB(ウーム)の客層

男性客

7割ほどは男性客。年齢層は広く、20代~40代が多くいます。

女性客

女性は20~30代が最も多いです。

お持ち帰りはできる?ナンパ成功への道

EDM箱ではナンパが多いイメージですが、WOMB(ウーム)ではナンパはあるものの、数はそれほど多くありません。基本的には外国人が多いですが六本木のパリピ系のクラブと比べたら雰囲気は落ち着いていて、音楽を楽しみたい人向けのクラブと言えるでしょう。イベントや時間帯によって雰囲気が変わるので、ナンパ目的の人はなるべく盛り上がる夜2~3時頃に積極的に声をかけてみると成功する確率が上がるのではないでしょうか。

最後に

世界に通用するワールドスタンダードなEDM箱、渋谷WOMB(ウーム)はEDM好きにはたまらない空間です。平日は女性無料だったり、SNSでイベントをリサーチするとゲスト料金で入れたりするので気になるイベントがあったら迷わず足を運んでみましょう!

WRITER
yuki