二度も全米一位を獲得した女性ラッパー カーディ・Bのプロフィールを紹介

過去に2度も全米二位を獲得し、数々の名曲を残してきた女性ラッパーカーディ・Bを紹介します!これまでの経歴や動向、オススメ名曲集など、いくつかにトピックを分けてご紹介しますのでぜひチェックしてください!


これまでのセレブとは一線を画すような方法で自ら知名度を上げ、その刺激的なカリスマ性と存在感で全米の注目を集めたアーティストであるカーディ・B。
今日はそんな彼女についてのニュースや情報・プロフィールなどをお伝えしていきたいと思います!

カーディ・Bとは

1992年生まれ。本名ベルカリス・アルマンザー(Belcalis Almanzar)アメリカはブロンクス出身のラッパーです。
彼女はVineやInstagramといったSNSの投稿で話題を集め、現代的な手法でセレブへとのし上がった経歴を持っています。また、アメリカのリアリティテレビ「Love & Hip Hop: New York」のシーズン6、7へのレギュラー出演もしていたことでも有名です。

デビュー前には2016、2017年と二本のミックステープをリリース。後に”アトランティック・レコード”と契約を交わし、メジャーデビューシングル「Bodak Yellow」はBillboard Hot 100で1位を獲得するという華々しいデビューを飾っています。
そしてこの後に出た楽曲「I Like It ft Bad Bunny & J Balvin」でも全米一位を獲得。女性ラッパーとしては初めて全米一位を二度獲得したアーティストとして、快挙を成し遂げています。当時は「テイラースウィフトからチャートを奪った新人」とも囁かれていたようです。

さらに、2018年にリリースしているアルバム『Invasion of Privacy』でも全米一位を獲得。第61回グラミー賞では〈最優秀ラップ・アルバム〉を受賞しているモンスター級の支持を集める女性アーティストです。

カーディ・Bの名曲

Bodak Yellow

I Like It ft Bad Bunny & J Balvin

& Bruno Mars – Please Me

Money

Ring (feat. Kehlani)

二度の全米一位

カーディの代表曲と言えば冒頭の曲紹介でもご紹介した楽曲「Bodak Yellow」と「I Like It」です。
両楽曲はどちらもUS Billboard Hot 100で首位を獲得。いわゆる全米一位を獲っており、youtubeにアップロードされているミュージックビデオの再生回数はなんと「Bodak Yellow」が7.7億回、「I Like It」にいたっては9.3億回(2019.5.14現在)という驚異的な数字をたたき出しています。

Bodak Yellow

2017年6月にリリースされた楽曲、「Bodak Yellow」は、カーディの女性として、アーティストとしてのプライドや魂を痛烈にラップに乗せています。
楽曲はラッパーのコダック・ブラックの「No Flockin」に影響を受けたとされていて、題名である”Bodak Yellow”も彼の名前からインスパイアされているそうです。後にコダック・ブラックが公式にフィーチャーしたリミックスもリリースされています。
これまでには、グラミー賞の”Best Rap Performance”や”Best Rap Song”を始め多くの種類の賞へのノミネートや、”BET Hip Hop Awards”ではSingle of the Yearを受賞しています。

Bodak Yellow (feat. Kodak Black) [Remix]

KODAK BLACK – NO FLOCKIN

I Like It

そして二度目の全米ナンバーワンを獲得した楽曲「I Like It」は2018年の5月にリリースされた楽曲です。トラップビートとサルサというラテン音楽のような仕上がりになっていて、プエルトリコのラッパーバッド・バニーと、コロンビアのシンガーJ.バルヴィンがフィーチャーされています。

I Like It 【日本語字幕付き動画】

カーディ・Bはこの二曲が収録されたアルバム『Invasion of Privacy』を翌月である2018年6月にリリースしており、第61回グラミー賞Best Rap Albumを見事受賞しています。