ヒップホップ史の重要人物 ドクター・ドレーの名曲20選

ヒップホップ界のカリスマ、ドクター・ドレーの名曲20選をご紹介!エミネムをはじめ多くの素晴らしいアーティストを見出してきたドクター・ドレーが関わったサウンドたちをご堪能あれ!


西のヒップホップミュージックと聞いて、すぐに頭に浮かぶ人も多いであろう人物ドクター・ドレー。
これまでに数々の楽曲を生み出し、自身で発信するだけでなく、多くのアーティストをプロデュースしてきたドクター・ドレーの名曲を20選ご紹介していきたいと思います!

ドクター・ドレーとは

1965年生まれ。本名はアンドレ・ロメル・ヤング(Andre Romel Young)。カリフォルニア州コンプトン出身のラッパー、プロデューサーです。
ドクター・ドレーのヒップホップミュージックにおける影響力は絶大で、とくにウエはストサイドミュージックシーンには多大な影響を与えた人物です。西海岸の有名なグループ”NWA”のメンバーとしても活躍していました。

自身のなかでも最も有名なアルバム『2001』では商業的成功を収めるとともに、多くの評論家から賞賛されました。これまでには2パック、スヌープ・ドッグ、エミネム、イグジビット、50セント、ザ・ゲーム、ケンドリックラマーなど、ヒップホップシーンでも特に名をはせている面々のプロデュースを行った他、”beats by dr.dre”というヘッドホンブランドを設立させ、ビジネスシーンでも成功収めています。(現在はアップル社に合計30億ドルで売却しています)
また、ローリング・ストーンの「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」では56位に選ばれています。

キャリアのはじまりは80年代”ワールド・クラス・レッキン・クルー”のメンバーとして活動後、伝説のグループ”N.W.A”の初期メンバーとして活躍。N.W.Aメンバーのイージー・Eとの確執によってグループを脱退後、ソロ活動をスタートさせます。

92年のソロデビューアルバム『The Chronic』をはじめ、これまでに3枚のスタジオアルバムをリリースしており、それ以外にもコレボアルバムやサウンドトラックなど、名プロデューサー、ラッパーとしての手腕を発揮し続けています。

ドクター・ドレーの名曲20選

  1. Still D.R.E. ft. Snoop Dogg
  2. I Need A Doctor (Explicit) ft. Eminem, Skylar Grey
  3. The Next Episode ft. Snoop Dogg, Kurupt, Nate Dogg
  4. Kush ft. Snoop Dogg, Akon
  5. Nuthin’ But A G Thang ft. Snoop Doggy Dogg
  6. Natural Born Killaz ft. Ice Cube
  7. Zoom feat. LL Cool J
  8. Xxplosive
  9. Some L.A Niggaz
  10. Let Me Ride
  11. Medicine Man
  12. Animals ft.Anderson Paak
  13. Been There Done That
  14. Forgot About Dre ft.Eminem,Hittman
  15. Keep their Heads Ringin
  16. N.W.A. – Straight Outta Compton
  17. 【Ft】Kendrick Lamar – The Recipe
  18. 【Ft】2pac feat Dr.Dre – California Love
  19. 【Ft】Blackstreet – No Diggity ft. Dr. Dre, Queen Pen
  20. 【Ft】Kendrick Lamar – Compton

Still D.R.E. ft. Snoop Dogg

99年の2ndアルバム『2001』からのシングルカット曲。スヌープ・ドッグを客演に迎えたこの曲はドレーの中でも1、2を争う人気チューンです。

I Need A Doctor (Explicit) ft. Eminem, Skylar Grey

2011年リリース。ラッパーのエミネムとシンガーのスカラーグレイをフィーチャーした一曲。
ビルボード4位まで上り詰めたこの曲は、ドレーを商業的成功へと導いた曲でもあります。

The Next Episode ft. Snoop Dogg, Kurupt, Nate Dogg

99年リリース。2ndアルバム『2001』の3枚目のシングルカット曲です。
スヌープ、クラプト、ネイト・ドッグという3人をフィーチャーした、大ヒットウェッサイクラシックです。

Kush ft. Snoop Dogg, Akon

2010年リリース。またしてもスヌープがフィーチャー。さらにはエイコンもフィーチャーされています。
当時3枚目のソロアルバムとも噂された『Detox』のリードシングルとも噂された一曲です。
(※『Detox』は現在も未発表です)

Nuthin’ But A G Thang ft. Snoop Doggy Dogg

92年リリース。こちらにもドレーを語る上で外せない男、スヌープ・ドッグがフィーチャーしています。
デビューアルバム『The Chronic』のファーストシングルとしてリリースされたこの曲は、Leon Haywoodの「I Want’a Do Something Freaky To You」をサンプリングしたあまりにも有名な一曲です。

Natural Born Killaz ft. Ice Cube

94年リリース。アイスキューブを客演に迎えた、「Murder Was the Case」という映画のサントラに収録された曲です。

Zoom feat. LL Cool J

98年リリース。映画「BULWORTH」のサウンドトラックに収録された、男くささがかっこいい一曲です。

Xxplosive

99年アルバム『2001』に収録されている曲です。
Soul Mann & The Brothersの「Bumpy’s Lament」をサンプリングしたゆったり感もある一曲です。

Some L.A Niggaz

こちらも99年アルバム『2001』に収録された、極太ビートが最高にクールな間違いない一曲です!!

Let Me Ride

93年リリース。デビューアルバム『The Chronic』からのサードシングルです。
94年のグラミー賞では「Best Rap Soloist」を受賞している楽曲でもあります。