【初心者向け】バレエ用レオタードの選び方とオススメ10選

バレエをはじめたばかり方は、レッスンでどんなレオタードを着たらいいか悩みますよね。 こちらではレッスン着にどんなレオタードを選べばいいかわからないという方のために、初心者向けの選び方や、おすすめ商品を紹介します。


ハイネックはちょっとクール。スカートが付いているので、下半身が気になる方も、これ一着で安心ですね。足が透けて気になる方は、この下にスパッツやレギンスを履きましょう。レオタードが黒いで、ピンクのタイツが見える方が、個人的には、かわいらしくておススメです。

背中レースレオタード

背中にレースがあるのも可愛いですね!袖は短くなりますが、一番気になる部分は隠してくれますよ!

キャップスリーブ袖のレオタード

実は、隠すよりも出してしまう方が細く見えるということもあります。特に腕は、出した方が長く見えるし、自分の腕が美しく見える角度や使い方を研究することができますよ!タンクトップタイプやキャミソールタイプで思い切って腕を出してみてください。タンクトップやキャミソールにも様々な形があるので、いろいろ試してみてくださいね。

シンプルなブラックキャミソールレオタード

シンプルなブラックキャミソールのレオタードって素敵ですよね。ダンサーを一番美しく見せてくれるレオタードなのかも。

肩紐デザインレオタード

肩ひもが何本もあると肩や腕のコンプレックスもあまり気にならないような気がしますね。

シースルーフラワーデザインレオタード

背中のデザインがオシャレで華やかですね!背中から柄を取り入れていくのも素敵です。ブラックレオタードと見せかけて…というところがオシャレ!
でも、どんなに体型をカバーしてくれてもブラックのレオタードばかりでは気分が上がりません。大人初心者でもカラーレオタードや素敵な柄のレオタードにもトライしてみたいもの!