タップシューズの選び方を初心者向けに解説! おすすめ商品も

コツコツと小気味いい音を奏でて人々を魅了するダンス”タップダンス”をシューズにフォーカスしてご紹介致します!選び方から初心者必見アイテムまでご紹介致します!


はじめに

タップダンスに欠かせないアイテムといったら、なんといってもタップシューズですよね!
靴底を床に打ちつける時になる音はタップダンスの醍醐味です。今回は、初心者タップダンサー向けに靴の選び方を伝授しちゃいます。

タップシューズってどんな靴?

タップシューズから音が鳴る仕組みは、その裏側に秘密があります。靴底のボール(つま先)とヒール(かかと)に金属製のタップスがついていて、タップスと床がぶつかる時に音が出ます。
タップダンスはその特性から音楽としての側面も持っており、プロダンサーは音にもこだわりがあるそうです。そのため、上級者は自分でタップスをカスタマイズして、理想の音を出す工夫をします。ビギナーの場合ははじめはタップスがついている既成品を購入し、徐々にグレードアップさせる方法が、失敗が少なくておすすめ!

Capezio HP より

タップシューズの価格帯

安価なものは5000円程度から、高価なものだと50000円近いものまで、その価格帯には幅があります。価格を左右するのは素材と仕様。
ビギナーが着用することが多い安価なシューズの場合、合皮でできているため柔らかく、靴擦れしにくいというメリットがあります。反面、タップスがはじめから取り付けてあるので、自分好みの音を出すことは難しいのがデメリットです。
上級者が履くような価格の高い本革のシューズは、履き慣れてくると自分の足に馴染み、味が出てきます。タップスも好きなものを取り付けることができるため、より自分のイメージに近い音を鳴らすことが可能です。

初心者向けタップシューズの選び方

タップダンスは足でステップを踏むダンスなので、自分の足に合ったサイズのシューズを選ぶことが大切です。購入の際は、ダンスをするときに着用する靴下を履いて試着するようにしましょう。基本的には普段の靴のサイズを選ぶことになりますが、革製品は履いているうちに多少幅が伸びてくるので、その点に注意してください。幅が広めの方は、自分のサイズより0.5cm程度大きめのものを選ぶといいかもしれません。その場合、縦が大きくなり過ぎるときには中敷きで調整するのがおすすめです。
最初は失敗もあるかもしれないので、まずは安価なもので踊ってみて、慣れてきてから自分の足に合うシューズを探すのがいいですね!

初心者におすすめのタップシューズ

Capezio タップシューズ 443 TAPSTER

(カペジオ) Capezio タップシューズ 443 TAPSTER 5W(24cm) ブラック

タップダンスのファーストシューズにおすすめの一足です。本革の質感に近いフェイクレザーで、見た目の高級さを保ちつつ、耐久性の高さも実現。軽めで履き心地も良いので、ビギナーの方でも安心して履けます。裏地にはマイクロファイバー素材を使用、足裏には滑りを防止するラバーを装着済み!

Capezio スプリットソール CG17

タップシューズ Capezio スプリットソール CG17 FLUID TAP SHOE

スプリットソールを採用することで、フレキシブルな足の動きを可能にしました。ヒールが円錐型でかかとがしっかりとホールドされ、ハードなダンスをするときにも安心。カぺジオ独自のタップ金具が深い共鳴音を実現。音にこだわりたいダンサーに選んでほしいシューズです。

Sansha タップシューズ TA05

(サンシャ) Sansha タップシューズTA05 9(24cm) ブラック

ヒールが高く(4cm)舞台映えするシューズ。女性らしい印象を与えたい方におすすめです。オールレザーで足馴染みが良いのも嬉しい特徴。練習用としてだけでなく、発表会などで着用するのにも重宝します。2足目として購入するのはいかがでしょうか?

まとめ

タップシューズの音が鳴る仕組みや、選び方のポイントをご紹介してきましたが、参考になりましたか?
ぜひお気に入りのシューズを見つけて、自分だけのダンスを目指して頑張ってくださいね!

WRITER
Yuko