堤幸彦監督演出、コシノミチコ氏衣装協力!50歳以上が主役の新しい舞台「おとな公演」ダンス出演者募集中!


ステージから、日本のおとなの元気な姿を発信したい!ストーリーも、ダンサーも、50歳以上が主役の新しいジャンルの舞台「おとな公演」が9/14(土)に開催!

おとな公演とは?

何十歳になっても参加できて、それぞれが自分の好きな表現を、思う存分、発揮できる場をつくりたい!そんな想いから生まれたプロジェクトの第1弾となる「おとな公演」は、ダンスとお芝居が一体になった新しいジャンルの舞台。
ダンス初挑戦の人でも気軽に参加できて、お芝居パートの物語も、主役となるのは50歳以上のおとなたち!

おとな公演3つのポイント

POINT1:プロのダンサーが全14日のレッスンを行う

POINT2:初心者でも踊れるようにサポート

POINT3:100人のダンサーは全員50歳以上。同年代の仲間が出来る

レッスン料金は[¥30,000(税込)]のみ。レッスン(11回)・リハーサル(3回)・スタジオ代、すべての金額が含まれているとのこと。さらなる詳細や条件など気になる人はこちらをチェック!→

おとな公演についてもっと知りたい人はこちら!/

公演を支えるのは豪華参加者

[演出]堤 幸彦
映画・テレビ・ドラマ・舞台など多岐に渡り活動する。『20世紀少年』三部作や『TRICK』シリーズといった人気作品を手掛け、2015年に『天空の蜂』『イニシエーション・ラブ』で第40回記念報知映画賞・監督賞を受賞。近年の作品に『十二人の死にたい子どもたち』『人魚の眠る家』などがある。

〜コメント〜
今や日本の「主役」とも言える御年配の方々と踊って歌って(?)感動のストーリーをリーディングする記念すべき舞台だ!ある意味、現代に最も“必要“なエンターテイメント、関わることができて本望である!

ってオレも年配か!? 共に闘わん!

[衣装協力]MICHIKO KOSHINO(コシノ ミチコ)
コシノ ヒロコ、コシノ ジュンコを姉に持ち世界的に有名なファッションデザイナー、コシノ姉妹の1人。86年よりスタートした「MICHIKO LONDON KOSHINO」ブランドで、ヨーロッパ及び、日本を始めとしたアジア諸国へ進出し成功を納め、BFC「英国ファッション協会」に日本人で初めて正式会員となる。

〜コメント〜
日本のオトナは、家の中や小さなコミュニティの中に閉じこもっている人が多いと思う。外の世界と切り離されたところで、いつもあっちが痛いだのしんどいだの話してばかりしていたり。特に、今まで誰かの為にとか、誰かの要求に応える人生を送ってきた人達に言いたい!「舞台に立って、人に見られて、自分の存在の大切さを感じて!」って。人と繋がって、夢を持って、もう一度自分を磨き直してみましょう!自分の好きな事して楽しみましょう。

6/30締切!まずは無料相談から

出演者の応募期間は6/30(日)まで!応募条件はコチラ→

①2019年9月14日において、50歳以上の人
②全体リハーサル(8/16,9/5,9/13)、当日舞台(9/14)に参加できる人
③11回のレッスンを優先できる人(渋谷、新宿、池袋、吉祥寺の予定)
④ビジョンに共感できる人。初心者大歓迎!

迷っている人は無料相談もできるとのこと!

無料相談会はこちらのLINE@から!

先輩たちの声

おとな公演にはこんな先輩達も参加! 参考にしてみるといいかも!?

クラウドファンディングも実施中!

日本初!50代60代〜の出演者100人の「第1回 おとな公演」を実現のため、会場費や舞台の資金を集めたく、クラウドファンディングを実施しています。

https://camp-fire.jp/projects/view/148688

公演概要

[日程] 9/14(土)
・昼の部:13:00(開場)13:30(開演)
・夜の部:17:00(開場)17:30(開演)

[場所] 武蔵野公会堂(吉祥寺駅から徒歩1分)
[収容人数] 350人
[タイトル] 踊れ!人生があるうちに

WRITER