ハワイの夜遊びを満喫!日本人向けの人気クラブをエリア別に紹介

常夏のハワイでは海だけでなくお酒と一緒に音楽も楽しめます♪ 今回はそんな夜遊びスポットの人気クラブをエリア別にご紹介致します!優雅なハワイ旅行にお役立ちできる情報が見つかるかも?一味違った夜の過ごし方の参考にしてくださいね!


ハワイのクラブの特徴

旅行先として根強い人気を誇るハワイなだけあって、クラブに訪れるお客さんの人種は様々。正に人種のるつぼといったところ。クラブによっては日本人も多くいるようなので、ビギナーの方はそういったところを選ぶのもありですね!できるだけ地元の方と触れ合いたい場合は、ローカル人気の高い、気取り過ぎていないクラブに行くのがgood!

持ち物

・パスポート
・現金
・クレジットカード
・スマートフォン
これだけあれば、まずはOKです。クラブに限らずですが、海外ではパスポートを持ち歩くようにしましょう。現金しか使えない場合もあるので、キャッシュは忘れずに。念のため、クレジットカードもスリにあわないところに持っておきましょう。写真を撮ったり、クラブで仲良くなった人と連絡先を交換したり、なにかと便利なスマホは必須アイテム!
バックを持っていく場合は小さいものを選びましょう。おしゃれなのはクラッチバックなどですが、うっかり置き忘れ!なんてことを考えると、ショルダータイプにしておくのが無難かも。

安全面

アメリカの中では治安が良いエリアとして知られているハワイですが、日本と比較すると必ずしも安全とは言えません。特に日本人はおとなしいと思われているので、クラブを出ようとしたら法外な金額を要求される、なんてことがあるかも!?フレンドリーに話しかけられたからと安心するのではなく、海外に来ているというある適度の緊張感は忘れないようにしましょう。
ただ、基本的なことを気を付けていれば安全に楽しめるので、あまり緊張し過ぎずにエンジョイしてくださいね!

服装

どこのクラブでもそうであるように、ハワイのクラブにもドレスコードがあります。
男性の場合は半ズボン、サンダルはNGのところが多いです。逆に襟付きのアロハシャツはよく見るスタイル。開放的なハワイにぴったりですよね!
女性もあまりかしこまってドレスアップするよりは、少しカジュアルな恰好の方が馴染むかもしれません。
とは言え、クラブによってそのスタイルは様々なので、事前にチェックしておくのが◎

ワイキキエリアの人気クラブ5選

スカイ ワイキキ

ワイキキ中心、ワイキキビジネスプラザの19階にあるバーレストラン。金・土曜の夜だけクラブとして楽しめます。
一番の自慢はスカイデッキからの眺め! ダイヤモンドヘッドやビーチなど、キラキラ眩しい最高の景色が見渡せます。
普段はレストランとして営業しているだけあって、フードの美味しさも折り紙つき。
クラブにはあまり行ったことがないけれど、せっかくハワイに来ているならチャレンジしたいという方におすすめです。
景色もお料理も音楽も、全部一気にエンジョイできます。
ドレスコードはリゾートカジュアル。水着や男性のタンクトップはNGなので気を付けて。
エントランスフィーは25ドル。女性がフリーになる日もあるようので、気になる方はHPをチェックしてみては?

https://linkin.bio/skywaikiki

ラム・ファイヤー

ワイキキ中心、シェラトン ワイキキ1階にあるバーレストラン。目の前に広がるワイキキビーチが解放感満載です。
店内は赤を基調とした重厚なムードのエリアあり、クールな雰囲気のスツールバーあり、海を眺めるオープンスペースの席がありで、テーマに合わせた利用が可能。
平日はラウンジ営業ですが、週末の夜はクラブになります。しかし、そこはシェラトン内のクラブ!落ち着いたアダルトな空気を醸し出していて、大切な人とテラス席でお酒を楽しむことも。
店名にもあるラムを使ったカクテルがおすすめ。
ドレスコードは特にないようですが、あまりカジュアル過ぎない服装で行くのがベターかもしれません。

https://sheraton.marriott.com

プレイバー・ワイキキ

ワイキキ中心地にあるクヒオ通りにあり、アクセス抜群のクラブ。
客層は比較的若く、ダンサーに人気があるようです。早朝4時まで営業しているので、朝まで騒ぎたい若者たちにはぴったり。
盛り上がりたい人はダンスフロアで、のんびり飲みたい人はVIPラウンジで、シーンに合わせて楽しめます。ハッピーアワーがあるので、早めに入れる人はラッキー♪
なんと、21時以降に1ドル台でアルコールが飲める日もあるようなので、様子見にちょこっと覗くこともできますよね!
ドレスコードは比較的緩く、Tシャツにキャップ姿の男性もいます。
ローカルの若者と遊びたい人は今すぐgo!!

マニフェスト

ワイキキから数キロのところにある人気のナイトクラブ、マニフェスト。
長年バーテンをしていた若いオーナーが立ち上げた店で、おしゃれな若者たちのたまり場となっています。
壁にはローカルアーティストの作品が飾ってあったりと、地元を愛するオーナーの気持ちが感じられる、優しい雰囲気の店内。
夜はDJがイベントを開いたりクラブとして営業していますが、朝から夕方まではカフェレストランとして店を開いているので、早い時間帯に訪れることもできます。
ドレスコードは特になく、普段着のままフラッと立ち寄れるのも嬉しいポイント。
バーテン出身のオーナーが作るカクテルは、飲んでみる価値あり!


https://www.manifesthawaii.com

エムナイトクラブ

こちらもワイキキから数キロのところにある、レストラン内にあるナイトクラブ。
中心地から少し離れているため、観光客よりは地元の人が多め。ローカルの文化に触れたい人は、足をのばしてみるといいかもしれません。
レストラン内にあるだけあって、料理のメニューも豊富です。
カウンター席はもちろん、テラスや半個室もあり、気分に合った席で音楽とお酒を楽しめます。
音楽はオールジャンルで、アメリカミュージックをエンジョイしたい人にぴったり。
エントランスフィーは男性20ドル、女性10ドルで、火~金曜はハッピーアワーがあるので、早めに行ってみるのもあり♪
ドレスコードは正装なので、きれいめの服装でお出かけください。

アラモアナエリアのおすすめクラブ5選

ギンザナイトクラブ

ハワイ初心者、クラブ初心者、でも旅行の思い出作りにクラブに行ってみたい!という方は、こちらのギンザナイトクラブに行ってみましょう。
日本人にもなじみ深いアラモアナショッピングセンターから徒歩5分のところにあるので、迷ったりする心配もありません。
客層は、若い子を中心におじ様、おば様まで様々。日本人含めアジア人や観光客が多めなので、誰でもウェルカムなアットホームな雰囲気です。
エントランスフィーはイベントによって変わりますが、だいたい10ドル前後と良心的。
アルコールも5ドル程度から用意があるので、価格的にもチャレンジしやすいと思います。
ただ、金・土曜のみの営業なので、そこだけ気を付けてくださいね!

WRITER
Yuko