【2019年最新】EXOの人気曲ランキング10選

2015年に日本デビューを果たした「EXO(エクソ)」は、9人組の男性アイドルグループです。デビュー以来、数々の賞を受賞しているEXOとは一体どんなグループ?人気曲は?さっそくチェックしてみましょう!

2012年に韓国と中国でデビューした後、2015年に日本デビューを果たした「EXO(エクソ)」。メンバーの脱退を経て、現在は9名で活動しています。なんとEXOのフルアルバムの売上は4枚すべて100万枚を超えており、YouTubeのMV再生回数にいたっては脅威の2億回超えしている楽曲もあるんです!

そこで今回は、EXOの人気曲を10曲ご紹介します。最新曲とあわせて、過去の楽曲もチェックしてみて!

  1. EXOとは?
  2. EXOの人気曲ランキング 10選
    1. 10位:Wolf
    2. 9位:Growl
    3. 8位:Overdose
    4. 7位:CALL ME BABY
    5. 6位:LOVE ME RIGHT
    6. 5位:Monster
    7. 4位:Lotto
    8. 3位:Ko Ko Bop
    9. 2位:Tempo
    10. 1位:Love Shot

EXOとは?

「EXO(エクソ)」とは、SMエンターテインメントに所属する9名組の男性アイドルグループです。メンバーは韓国人と中国人で構成されており、2012年4月に韓国と中国でデビューした後、2015年11月には日本デビューを果たしています。

”太陽系外惑星”を意味するexoplanetEXOからモチーフを得たグループ名には「未知の世界から来た新たなスター」という意味が込められています。EXOは韓国で活動する「EXO-K」と中国で活動する「EXO-M」に分かれており、各メンバーに超能力が架空設定されています。ここからは、その超能力がフルに使われているMVをご紹介します!

EXOの人気曲ランキング 10選

それでは、さっそくEXOの人気曲をチェックしてみましょう!なお、このランキングはリリース日を参考にしています。過去にリリースされた曲から最新曲まで10曲ピックアップしたので、どうか最後まで見逃さないで!

10位:Wolf

2013年6月3日リリース、EXOの1枚目のアルバム『XOXO(KISS&HUG)』のタイトル曲「Wolf」。狼が人間の女性に恋をするというユニークな曲で、狼に扮したメンバーが迫力あるパフォーマンスをみせます。振付を担当したのは、過去にマイケル・ジャクソン、カイリー・ミノーグ、ジャネット・ジャクソンなどと仕事をしてきた世界的に有名なコリオグラファー”トニー”。まるでミュージカルを観ているかのように展開していくパフォーマンスは、EXOを代表する1曲となっています。

9位:Growl

2013年6月3日リリース、EXOの1枚目のアルバム『XOXO(KISS&HUG)』より「Growl」。EXOを有名にした1曲といっても過言ではないGrowlは、なんとYouTubeの再生数2億回を突破しています!ワンカットで撮影されたMVは、EXOのパフォーマンス力の高さを存分に楽しませてくれます。

8位:Overdose

2014年5月7日リリース、EXOの3枚目のミニアルバム『Overdose』のタイトル曲「Overdose」。オーバードーズは中毒を意味し、歌詞には「きみに、きみの愛に中毒になってるよ」という切なく苦しい思いが込められています。ダンサーなら真似したくなるカッコイイ振付が魅力的♡

7位:CALL ME BABY

2015年3月30日リリース、EXOの2枚目のアルバム『Exodus』のタイトル曲「Call Me Baby」。吉本に所属する若手芸人が完コピ動画をアップしたことで有名です。メンバー数を活かしたフォーメーションや、パワフルな群舞がお見事!

6位:LOVE ME RIGHT

2015年6月3日リリース、EXOの2枚目のアルバム『Exodus』のリパッケージ版『Love Me Right』のタイトル曲「LOVE ME RIGHT」。大好きな人とのトキメキを表現したダンスチューンは、ポップで軽快♪ デビュー当時からたくさんの声援を贈り続けるファンへ感謝の気持ちを伝えるために制作されたのだとか!

5位:Monster

2016年6月9日リリース、EXOの3枚目のアルバム『Monster』より「Monster」。YouTubeの再生数は驚きの2.7億回!独特の世界観を醸し出すMVはさまざまな解釈がなされ、ハッピーエンド説とバッドエンド説が浮上しました。シンプルにカッコイイの一言しか出てこないMV、まだ見ていない方は要チェックです!

4位:Lotto

2016年8月18日リリース、EXOの3枚目のアルバム『Ex’act』のリパッケージ版『Lotto』のタイトル曲「Lotto」。”Lotto(ロト)”という言葉が宝くじを連想させるとして、KBSとMBCの番組では曲名および歌詞が”Louder(ラウダー)”に修正されました。振付を担当したのは、東方神起やSHINeeのダンスも手掛けたs**t kingz。

3位:Ko Ko Bop

2017年7月18日リリース、EXOの4枚目のアルバム『THE WAR』より「Ko Ko Bop」。リズミカルなギターと重量感あるベースのサウンドが調和するレゲエ・ポップ調の楽曲です。作詞にメンバーのチェン、チャンヨル、ベクヒョンが参加していることで話題を呼びました。

2位:Tempo

2018年11月2日リリース、EXOはアルバム『Don’t Mess Up My Tempo』より「Tempo」。愛する彼女を”メロディ”に例えたヒップホップ感強めの曲です。リリースされた秋冬には大勢のアーティストがバラードを発売する中、EXOのエネルギッシュなヒップホップサウンドが上位圏に登場して話題になりました。

1位:Love Shot

2018年12月13日リリース、5枚目のアルバムのリパッケージ盤『LOVE SHOT』に収録されたタイトル曲「Love Shot」。MVでは韓国ブランド「KIMMY.J」の2019S/Sコレクションのアイテムを着用したメンバーがセクシー&クールに歌い踊ります。