No.1プロ振付家を競う「Legend UNIVERSE 2019」頂点に輝いたのは登美丘高校ダンス部(振付:akane)!!

日本独自の文化として大人数によるダンス作品の可能性に着目し、世界でも唯一無二の振付家(コレオグラファー)のコンテストとして数々の伝説を生んできた「Legend Tokyo」―-、その後継大会「Legend UNIVERSE」が7月6日、7日に大阪・オリックス劇場にて開催されました。


本大会から輩出された振付家が昨今のエンタメシーンで活躍していることもあり、名称もあらたに注目が高まる今大会。初上陸となる大阪の地は古くよりダンスの盛んな地域であり、2度目の万博やIR誘致も決まるなど、今後さらなるエンタメ業界の盛り上がりが期待される都市……、その発展を支える担い手が集うとあって客席は満員御礼、史上最高とも呼べる熱気に包まれました。

オープニングは「Legend Tokyo Chapter.4」の覇者であり、日本を代表するコレオグラファーでもあるMemorable MomentリーダーKAORIaliveが演出。頂点を目指し全国から選ばれたコレオグラファー18組が登場すると会場のボルテージは最高潮に達し、圧巻のステージがメモリアルな大会の幕開けを見事に飾りました。

また、2週間前に高校ダンス部の全国大会「日本ダンス大会」を制覇し日本一となった京都文教高校ダンス部も登場し、フレッシュなエネルギーあふれる超高校級のステージを披露。さらに過去大会出演経験をもつメンバーが所属するダンス&ヴォーカルグループ大阪☆春夏秋冬が大会応援サポーターとして登場し、大会出演ダンサーでさえも虜にする熱のこもったライブパフォーマンスを披露すると、過去大会覇者であるMemorable Momentによるゲスト作品「NIPPON CHA CHA CHA」は、進化し続けるハイレベルな身体表現とステージングで観客を圧倒するなど、豪華なゲストステージが舞台に華を添えました。

そして、全国から選ばれし18組のコレオグラファーによるが次々と披露され、6日には来場者による投票を実施。7日にはエンターテインメント業界を支えるキーパーソンら8名が登場し本審査を行ないましたが、どの作品も個性豊かでハイレベル……、審査員が口をそろえて「どの作品も甲乙つけがたい」とコメントし、頭を悩ませていました。

いよいよ迎えた審査発表・表彰式では、各審査員による賞が次々に発表されていき、準優秀作品賞〝セミ・レジェンド〟には、東海エリアの予選提携大会をトップで勝ち抜いたSoul of the spiritによるオーケストラ演奏を疾走感のあるダンスで表現した作品が選ばれた。そして、最後にコールされた最優秀作品賞〝レジェンド〟は、この数年、日本中を魅了し続ける登美丘高校ダンス部(振付:akane)! 往年のヒット曲にのせ、今大会最多人数となる75名のダンサーによるエネルギッシュなダンスで展開する作品は来場者、審査員を魅了し、見事、オーディエンス賞との2冠という華々しい結果に! 振付をしたコーチのakane(アカネキカク)は「さまざまな大会で結果を出してきたけれど、この〝レジェンド〟だけは絶対に勝たないといけないと思った」と涙ながらにコメント。メンバー全員による勝ち名乗りで大歓声の中、大会は幕を下ろしました。

結果は次の通りです。
◇最優秀作品賞〝レジェンド〟「Can’t Stop Dancing!! 」振付家:登美丘高校ダンス部(振付:akane)(大阪)
◇準最優秀作品賞〝セミ・レジェンド〟「The Orchestra」振付家:Soul of the spirit(名古屋)
◇オーディエンス賞「Can’t Stop Dancing!! 」振付家:登美丘高校ダンス部(振付:akane)(大阪)
◇舞台演出家 審査員長特別賞「黒のパレード」振付家:KAISEI(大阪)
◇コレオグラファー 審査員賞「少女の白昼夢」振付家:ゆたぴ(名古屋)
◇吉本興業 審査員賞「for me」振付家:Lupinus(東京)
◇ホリプロ審査員賞「Can who~功夫~」振付家:Mahiro(名古屋)
◇アジア文化交流審査員賞「*fantasia*」振付家:Ria(大阪)
◇MBS審査員賞「踊躍歓喜」振付家:NAO(大阪)
◇梅田芸術劇場審査員賞「Battle with oneself」振付家:Mi(兵庫)
◇ぴあ審査員賞「めっちゃ好きやねん」振付家:たかりん(東京)
◇mizuno特別賞「The Orchestra」振付家:Soul of the spirit(名古屋)  
◇日本ダンス大会特別賞「The Entertainment」振付家:SHOJIN(東京)
◇JDAC特別賞「If…」振付家:たま(東京)

■公演タイトル:『Legend UNIVERSE 2019』

■会場:オリックス劇場

■公演日程 
【DAY.1】2019年7月6日(土) オーディエンス投票日
【DAY.2】2019年 7月7日(日) 審査結果発表 

■審査員
 大会審査員長 小池 修一郎(演出家 宝塚歌劇団 理事)
石川 浩子(ダンサー/振付家 日本女子体育大学 運動科学科・舞踊学専攻 専任講師)
稲冨 聡(吉本興業株式会社 コンテンツ事業本部 制作センター ライブ制作セクション大阪 ポストよしもと 支配人)
鈴木 基之(株式会社ホリプロ 代表取締役専務 株式会社ステラキャスティング 取締役)
瀬野 清水(元・中国重慶 日本国総領事 MarchingJ財団 事務局長)
武田 浩治(株式会社MBSメディアホールディングス 百年企画開発局 エグゼクティブ)
村田 裕子(阪急阪神東宝グループ 株式会社梅田芸術劇場 取締役 東京事業部長)
薮内 知利(ぴあ株式会社 上席執行役員 中日本・西日本エリア本部 本部長 メディアプロデュース本部 本部長 関西支社 支社長)