TTダンスの振付師でもある韓国のダンサーLia Kim(リア・キム)を紹介!

TWICEのTTダンスを考案したダンサー兼振付師の「Lia Kim(リア・キム)」。最近ではDA PUMPのKENZOとのコラボダンス動画を公開し、話題になりました。 そこで今回は、韓国を代表する振付師であるLia Kimのプロフィールや経歴、厳選ダンス動画をご紹介します!

数々のアーティストの振付を担当するダンサー兼振付師の「Lia Kim」。韓国で絶大な支持を得る彼女は、TWICEのTTダンスの生みの親として日本でも高い知名度を誇ります。

ということで今回は、Lia Kimのプロフィールや経歴から厳選ダンス動画までたっぷりご紹介します。彼女の独創的な振付に魅了されること間違いなし!

  1. Lia Kimのプロフィール
  2. Lia Kimの経歴
  3. Lia Kimの厳選ダンス動画 10選

Lia Kimのプロフィール

生年月日 1987年7月10日
出身地 韓国
ジャンル フリースタイル
所属 1MILLION DANCE STUDIO

「Lia Kim(リア・キム)」とは、韓国出身のダンサー兼振付師です。ジャンルはフリースタイルを得意とし、ヒップホップ・ジャズ・ポップ・タットなどを融合させた独創的な振付で絶大な人気を集めています。

Lia Kimの代表作品は、多国籍アイドルTWICEの「TT」。2016年10月24日にTTがリリースされるやいなや泣き顔の顔文字「(T_T)」を表す振付が話題を呼び、女子高生や芸能人がこぞって真似しました。しかし、当のLia Kimは「自分のスタイルではないカワイイ振りを付けないといけないのは大変でした(笑)」とコメントしています。

Lia Kimはこの”TTダンス”以外にも数多くのアーティストの振付を担当しており、K-POPの3大芸能プロダクションといわれるSMエンターテインメント、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメントに振付を提供しています。

また、ダンススキルの高さからWORLD OF DANCE 2016 South Koreaではジャッジを務めたり、世界のトップダンサーが集まるUrban Dance Camp 2016に講師として招かれたりと大忙し。その他、ソウルにある人気ダンススタジオ「1MILLION DANCE STUDIO(ワンミリオンダンススタジオ)」ではチーフ振付師を担当しています。

ちなみに、父親は韓国の歌手「Jong Hwan Kim」とのこと。Lia Kimの類まれなる音楽センスは、父親譲りなのかもしれませんね!

Lia Kimの経歴

幼少期にマイケル・ジャクソンの踊る姿に影響を受け、ダンスを始める。
2006年:「POP LOCK 2:2 Battle ポッピング部門」準優勝。
2007年:「4DA NEXT LEVEL 世界大会」にてロッキングで優勝。
2008年:「POP LOCK LAIDIES」にてポッピングで優勝。第2回「4DA NEXT LEVEL 世界大会」にてロッキング、ポッピングで準優勝。
2009年:「東京 Funk Style Sessin Japan」ロッキングで優勝。
2010年 :「全州3:3 Mixed Battle」優勝。
2011年:「世界大会 R16 ロッキング部門」に審査委員として参加。
2016年:マレーシアの「Astro Battle Ground」TVプログラムに固定審査員として参加。
2016年:ポーランド「Fair Play Dance Camp」に振付師として招待される。ドイツの「Urban Dance Camp」に振付師として招待される。

【振り付け作品】

2014年:Sunmi「24 hours」

2015年:BoA「FOX」

2015年:Wonder Girls「I Feel You」

2016年:TWICE「TT」

2016年:I.O.I「너무너무너무(Very Very Very)」

2018年:Lukas Graham「7 Years」 / DA PUMP KENZO X Lia kim Choreography

2018年12月9日公開、DA PUMPのKENZOとLia kimがLukas Grahamの「7 Years」でコラボ!日本を代表するダンサーと韓国を代表するダンサーが踊る7 Yearsは、切なく胸にくる振りが付けられています。

次のページでは、Lia Kimの厳選ダンス動画を10本ご紹介します♪