ICE BAHNのリーダー玉露のプロフィールやバトル動画を紹介!

2001年に結成されたヒップホップグループ『ICE BAHN』のリーダー玉露。「ライム至上主義」を貫き、絶大な人気を誇るICE BAHNの魅力も含めてご紹介します。


プロフィール

神奈川県葉山出身の玉露は、2001年に結成されたヒップホップグループ『ICE BAHN』のリーダーです。メンバーは『玉露』、『FORK』、『KIT』の3人。グループ名はスノボー中にアイスバーンで負傷した玉露の熱い血が凍えた雪に流れ、それを記念に撮った写真から『KIT』がインスピレーションを得て命名されたそうです。

BBOY PARK 2011のvs KREVAの動画です。映像もかなり古いですね。このバトルには負けてしまいますが、韻、ライムともにスキルがかなり高いですね。

経歴

B-BOY PARK MC BATTLE 2001 ベスト16 & ROCK-Tee賞
B-BOY PARK MC BATTLE 2002 第3位 & KEN-BO賞
B-BOY PARK MC BATTLE 2017 ベスト4

玉露が語るICE BAHNのMCバトルとは

動画は『SOWL VILLAGE 2018 AsONE presents』のエキシビジョンで行われたMCバトルです。対戦相手は『彩 – IRODORI –』。玉露はかつてインタビューではこのようなことを述べています。

バトルとかフリースタイルとかでみんな当たり前のようにやってるけど、当たり前すぎて誰がオリジネーターかわからない部分で、1個俺が言っときたいのは、バトルで最後の人が言った言葉に対して、韻を踏んで返すっていう技は、FORKが編み出したって言うと大げさだけど、これ即興だっていうアピールするひとつの技で。
~途中省略~
フリースタイルに対してマイクを奪い合うっていうのは、オリジナルの俺らの技だから。3MCならではだし。だから3人で盛り上げるっていう。

信念を持ってバトルをしていることを感じますね。ICE BAHNは、誰もやっていないことをやるかを常に模索していたそうです。その過程で生まれたスタイルなのかもしれないですね。

戦極Crossover Ⅳ AsONE×戦極MCBATTLE

今年の4月に行われた『戦極Crossover Ⅳ AsONE×戦極MCBATTLE』。見事なマイクリレーですね。

ICE BAHN『AbemaMix』SP LIVE SET|HIPHOPチャンネル【AbemaTV】

こちらはライブセット。玉露含め、ICE BAHNの魅力が沢山詰まっています。歌っている姿が見えるとさらにかっこよく見えます。

韻に対するこだわり

ア行、「アイウエオ」って、前の音と繋がって、2個で1個になるような聞こえ方がしますよね。例えば「愛」とか「貝」っていう時って、「か」「い」って一音ずつ発音するよりも、「かい」って発音した方がいい。逆に「秋」の場合は、「あ」と「き」を分けてはっきり発音しないといけないですよね。だから「愛」と「秋」は、確かに母音上は踏めているんだけど、俺の中では踏めていない、と思う。

もう職人の域です。ここまで発する言葉を考えたことはありません。このこだわりこそが玉露のラップスタイルに通じているのですね。

WRITER
WZM