変幻自在な天才ラッパー鎮座DOPENESSを紹介!厳選動画も

天才ラッパーとも呼び声が高い鎮座DOPENESSは、東京都調布市生まれのラッパーです。2009年開催のヒップホップイベント『ULTIMATE MC BATTLE』で優勝するなど実力派としても知られています。そんな彼のバトルや音源、現在の活動について紹介していきます!


鎮座DOPENESSのプロフィール

東京都出身のヒップホップMC『鎮座DOPENESS』。ヒップホップやラップに興味がない人でも名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。彼の特徴は、リラックスしてるラップ、トリッキーなフロー、強烈なパンチラインとまさに変幻自在。圧倒的なスキルと表現力によるフリースタイルパフォーマンスが有名で、多くのファンに支持を得ています。2000年には、ケツメイシのアルバム『ケツノポリス』に収録されている『CLUBへ~熱帯夜 mix~』に客演として参加しており、最近では、『ZEN-LA-ROCK』、『G.RINA』との話題ユニット『FNCY』でファーストアルバムをリリースしています。

鎮座DOPENESSのバトルスタイル

周りを引き込むようなラップスタイル

『LIVERARY LIVERA”P”Y』で行われた『呂布カルマ』と鎮座DOPENESSのバトル。レジェンドvsレジェンドの夢のカード。

強烈なパンチライン

「敵は我なり 届けカミナリ」は強烈なパンチラインですね。

天才フリースタイラー

自分で作ったビートに合わせてひたすらフリースタイルしてますね。聴いていて気持ち良いです。

鎮座DOPENESSの音源

乾杯

「HEY こまい事気にせず 一度の人生祝って今日を 飲もう」の歌詞からは、ラップを純粋に楽しんでいる鎮座DOPENESSを感じますね。

T.U.B.E.

2013年にリリースされた『T.U.B.E.』は『DJ UPPERCUT』とのコラボ作品で、ステキなサマーチューンに仕上がっています。

Tropical Triangle / ZEN-LA-ROCK×鎮座DOPENESS×サイプレス上野

『Red Bull Energy Drink THE SUMMER EDITION』の発売を記念し、キャンペーンソングとして提供したこの1曲。『ZEN-LA-ROCK』、『サイプレス上野』とのコラボでこちらも夏の定番曲になっています。

サマージャム’95 / 鎮座DOPENESS×環ROY×U-zhaan

『スチャダラパー』が1995年にリリースしたアルバム『5th Wheel 2 the Coach』に収録されている『サマージャム’95』をカバー。これも夏に欠かせない1曲ですね。

BUNKA / U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS

1970年代初頭から1990年代までのヒップホップとタブラ(北インドの太鼓の一種)の歴史をマイクリレーで紹介していく楽曲。先人へのリスペクトが込められています。

HOT COFFEE / 韻シスト feat.鎮座dopeness & チプルソ(STUDIO韻シスト)

大阪を拠点に活動するヒップホップ・バンド『韻シスト』のメンバーとゲストMCが即興でフリースタイルを披露する『STUDIO 韻シスト』という企画から生まれた1曲。

鎮座DOPENESSのライブ

MOGU MOGU

2016年に秋田県藤里町で行われた野外ライブ『unkind』(アンカインド)に出演した鎮座DOPENESS。独特な雰囲気の中にも平和を感じます。

徹底的

『unkind』(アンカインド)で披露した曲をもう1曲。寝転がりながらのラップはさすがですね。

TOHYO CYPEHR

18歳選挙権の周知キャンペーンとして企画されたイベントでのライブ。このようなイベントに出演していることからも、人気や知名度が高いと言えますね。

WRITER
WZM