孤高の天才ラッパー!5lackのおすすめ楽曲20選

1987年生まれ、東京都出身の日本のヒップホップMC、トラックメイカーの5lackのプロフィール、経歴からオススメの楽曲までまとめて紹介します。

5lackのプロフィール

1987年生まれ、東京都出身の日本のヒップホップMC、トラックメイカーの5lack。1999年、兄の音楽制作開始とともに、自身もラップや音楽制作を開始。当初は『あらら』という名前で活動しています。2007年に『PSG』を結成、さらにメンバーの『PUNPEE』は実兄だそうです。2009年2月に1stアルバム『My Space』を発表。その後、BBOY PARK出演やライブ活動でスキルを磨きつつ、作品を制作。2011年6月には『SICK TEAM』としてアルバム・デビューを果たしています。2013年に『5lack』と改名し、フル・アルバム『5 sence』をリリースしています。

経歴

2007年 PUNPEEとGAPPERで結成したヒップホップユニット「P&G」に加入し、PSGを結成。
2008年 アルバム『I’m Serious (好きにやってみた)』を限定100枚で発表。
2009年 1stアルバム『My Space』を発売
2009年 2ndアルバム『Whalabout?』を発売
2011年 3rdアルバム『我時想う愛』を発売
2011年 4thアルバム『この島の上で』を発売
2013年 5thアルバム『5 sence』を発売
2015年 6thアルバム『夢から覚め。』を発売
2018年 7thアルバム『KESHIKI』を発売

5lackのおすすめ楽曲20選音源20選

      

  1. かみさま
  2. Grind the Brain
  3. Feelin29 Feat.Kojoe
  4. HPN Feat.5lack
  5. 何もない日に Feat.SQUASH SQUAD
  6. Hot Cake
  7. NEXT (Produced by BUDAMUNKY)
  8. Wolves Feat. 5lack
  9. Re-lacks
  10. 愛しの福岡
  11. MANY WAY
  12. That’s me
  13. 6thアルバム『夢から覚め。』
    1. 時はたち
    2. HNGRI KILLIN!!
  14. 7thアルバム『KESHIKI』
    1. DNS
    2. CUS
    3. Twiligh Dive
    4. 進針

かみさま

ビートもリリックもかっこいい1曲。PSGの世界観を存分に感じることができます。

Grind the Brain

2019年初となる楽曲。独特なフローが印象的ですね。

Feelin29 Feat.Kojoe

音楽家『Kojoe』とのコラボ曲。この曲は、日本語HIPHOPでは最難と言っても過言ではない愛のナンバーに挑戦しています。過去を悲しげに、そして巧みにライムする2人のフロウは必聴です。

HPN Feat.5lack

この楽曲は、『JJJ』がリリースした2ndアルバム『HIKARI』に収録されている曲です。日常が映し出されていますね。

何もない日に Feat.SQUASH SQUAD

リリックもまさにタイトル通りの何もない日の日常を綴っています。心地よい1曲ですね。

Hot Cake

ゆるくてかっこいい1曲。5lackらしさが存分に出ている1曲です。

NEXT (Produced by BUDAMUNKY)

「適当に敬意を 適当にいけよ 適当に敬意を 適当にいけよ 考え込むな 考え込むな」ゆるい中にも心に突き刺さるメッセージが込められています。

Wolves Feat. 5lack

ラッパー『kZm』とのコラボレーション。クールな1曲。

Re-lacks

こちらも聴いていて心地良い1曲。

愛しの福岡

福岡のビートメイカー『Olive Oil』と組んだ名曲。あえて東京から福岡に活動を移した5lackですが、トラックとラップの相性が良すぎですね。

MANY WAY

元ネタは、『Marvin Gay』の『God is Love』という曲で、大名盤『What’s Goin On』に収録されています。

That’s me

トラックがめちゃくちゃかっこいいです!

WRITER
WZM