日本語ラップ界のレジェンドNORIKIYOの聞くべき音源20選

これまでに数々の楽曲をリリースし話題を呼ぶ、神奈川県相模原市出身のラッパー『NORIKIYO』。そんな彼のプロフィール、経歴から、是非聴いていただきたいオススメ楽曲20選をまとめてご紹介致します!



『相模の眼鏡』と呼ばれ、数多くの楽曲をこの世に生み出してきた『NORIKIYO』。自信初アルバム『EXIT』や、最新アルバム『平成エクスプレス』から是非聞いてほしい楽曲を厳選!もちろん他アーティストとのコラボレーション曲も含めてご紹介します!

プロフィール

1999年頃から神奈川県相模原市にて地元の仲間達と『SD JUNKSTA』を結成し、自主製作でCDR作品を3枚リリース。2006年には『SEEDA』、『DJ ISSO』によるミックスCD『CONCRETE GREEN』シリーズに参加し、翌年には初のソロアルバム『EXIT』をリリースし高い評価を得ています。その後もコンスタントに作品をリリースし、現在までに数多くのオリジナルアルバムをリリースしています。現在では社会問題にも切り込む幅広いスタイルで、影響力のあるラッパーの1人として精力的に活動しています。

経歴

1979年、神奈川県相模原市に生まれる。
2006年 SEEDA、DJ ISSOによるミックスCD『CONCRETE GREEN』シリーズに参加。
2007年 自身初のソロアルバム『EXIT』を発売。
2008年 2ndアルバム『OUTLET BLUES』を発表。
2009年 出演者を投票により決める『PEOPLE’S CHOICE』に選ばれ、BBOY PARK 2009に出演。
2011年 3rdアルバム『メランコリック現代』を発売。
2013年 4thアルバム『花水木』を発売。
2014年 5thアルバム『雲と泥と手』を発売。
2014年 6thアルバム『如雨露』を発売。
2017年 7thアルバム『Bouquet』を発売。
2018年 8thアルバム『馬鹿と鋏と』を発売。
2019年 作品集『O.S.D. ~Old School Discipline~ 【限定盤】』を発表。
2019年 9thアルバム『平成エクスプレス』を発表。

音源20選

  1. 1stアルバム『EXIT』
    1. DO MY THING
    2. IN DA HOOD
    3. 23時各駅新宿
    4. 2 FACE feat.BES pro.I-DeA
  2. 3rdアルバム『メランコリック現代』
    1. 支払いは満額で feat.BRON-K, OJIBAH
    2. 秘密
    3. 待ちぼうけ ~Baby Baby~ feat.PUNPEE
  3. 8thアルバム『馬鹿と鋏と』
    1. 馬鹿と鋏と
    2. 墓石屋の倅 (Son of a tombstone store) feat.DJ SOMA
    3. 山手線
    4. My Shot
  4. 9thアルバム『平成エクスプレス』
    1. 春風 feat.OMSB
    2. 神様ダイヤル
    3. 俺達の唄 feat.MACCHO
    4. Life Is Wonderful
    5. 旧友へ
  5. 他アーティストとのコラボ
    1. 一網打尽 (REMIX)
    2. Beats&Rhyme
    3. 運命 SADAME
    4. God bless you kid

1stアルバムの『EXIT』

DO MY THING

IN DA HOOD

23時各駅新宿

2 FACE feat.BES pro.I-DeA

NORIKIYOの存在を知らしめた伝説の1stアルバム『EXIT』。『DO MY THING』はこのアルバムの代表曲と言っても過言ではないですね。『IN DA HOOD』は、入院中の葛藤をリリックに綴った1曲。というのもNORIKIYOは過去に喧嘩した相手に警察を呼ばれ、逮捕されるのを恐れ、4階くらいの高さがある場所から飛び降りてしまったそうです。その際に背骨と両足を骨折。とてつもない過去ですね。「一生車椅子生活は覚悟してください」とまで言われたそうです。そんな中で制作されたアルバムです。ぜひチェック!

3rdアルバム『メランコリック現代』

支払いは満額で feat.BRON-K, OJIBAH

秘密

待ちぼうけ ~Baby Baby~ feat.PUNPEE

8thアルバム『馬鹿と鋏と』

馬鹿と鋏と

墓石屋の倅 (Son of a tombstone store) feat.DJ SOMA

山手線

My Shot

サビがない曲(錆びない曲) 墓石屋の倅では地元相模原の先輩でもある『DJ SOMA』によるスクラッチとNORIKIYOの姿勢が前面に感じられる歌詞となっています。

「馬鹿と鋏は使いよう」って言葉あるじゃないですか。そこから着想したんすけど、トラックは前作を作るときにあったトラックで、これを次のアルバムで1曲目にしたいなとはなんとなく思ってて。それが書けたときに『馬鹿と鋏と』ってアルバムにしようって。これは言うと野暮なんだけど、馬鹿と鋏と何なのかって言ったら、馬鹿と鋏を思いやり、愛を持って使うっていうことで。みんなどこかしら欠落してたり得手不得手あるわけだけど、何かしらキラリと光るものを持ってると思うから、それをどう使うかみたいな。そういうことを考えてもらいたいなあっていう。
https://hardestmagazine.com/archives/1961/2

「全13曲、マジで捨て曲なし」と語るNORIKIYOの言葉通り、全曲チェック必須のアルバムとなっています。

WRITER
WZM