ドリカムのパフォーマーKEITA&GOTO、ゲストDJのP→★にSHOTAがインタビュー!『ドリカムディスコ』とは?

DREAMS COME TRUEのパフォーマーでお馴染みのS+AKSのメンバーであるKEITAさんとGOTOさんが手がけるイベント『ドリカムディスコ』について、ゲストDJとして参加したTEMPURA KIDZのP→★さんを招きインタビューを敢行。

ドリカムのパフォーマーKEITA&GOTO、ゲストDJのP→★にSHOTAがインタビュー!『ドリカムディスコ』とは?

(写真左からGOTO、P→★、KEITA)

今回はDREAMS COME TRUEのパフォーマーでお馴染みのS+AKSのメンバーであるKEITAさんとGOTOさんが手がけるイベント『ドリカムディスコ』についてインタビューをしました。
また、そのイベントに実際にゲストDJとして参加したTEMPURA KIDZのP→★さんにも参加して頂き、色々と話を聞かせて頂きました。
世代を超えた彼らが交わるイベントが一体どういったものかを紐解いていこうかと思います。

以後、G⇨GOTO、K⇨KEITA、P⇨P→★、S⇨SHOTA

S
では、早速始めましょう。皆さん、よろしくお願いします。

GKP
よろしくお願いします。

S
ドリカムディスコについてお話を聞きたいのですが、どういったことをやっているんですか?

K
DJ、トーク、ショーケースもあったり、テーマ曲のレクチャーがあったり、ゲストDJが回したりとか、要するにクラブを想像してもらえばわかりやすいと思います。

S
ドリカムディスコをやり始めるきっかけは何かあるんですか?

G
初回のドリカムディスコが3月21日のデビュー記念日にやるという中村正人さん(以下、マサさん)からの提案があって、スピンオフイベントを一回だけ銀座PLUS TOKYOでやりました。

K
まず、ライブではなくクラブDJとしてのアプローチがお客さんに上手く響くのか不安でした。1日2回公演っていうのも不安でした。そうしたら3/21(初開催日)が僕らの予想しないほど盛り上がりが凄かったから全国でやろうと決まって、そこからGOTOと僕にイベントをプロデュースしないかという話を頂き、ユニバーサルミュージックとタッグを組んでプロデュースをしていくことになりました。

G
1個だけ自信を持っていたのが、3/21の時にKEITAがこうでしょ、と自信を持ってドリカムの楽曲に対してDJとしての曲のつなぎ方をしていて、お客さんがそれでめちゃめちゃ盛り上がっていたので、そのまま突き通していければイベントも大きくなって広がるんじゃないかと思いました。

S
それはドリカムさんの楽曲をメインにやっているんですか?

K
そこなんですよ、最初はドリカムオンリーじゃないと無理かなと思ったのでドリカムの曲を軸に往年のディスコの曲をながしていました。ただお客さんはドリカムを歌いたいと思って、お客さんの反応を見ながら怯えていたんだけど(笑)。そんな僕を越す次世代の子が現れて、もうびっくりしたよね。P→★君が福岡のイベントにゲスト出演して、ドリカムが好きなお母さんからの脈略もあったから、わりと安全にやるかな、と思ったらとんでもない(笑)。

G
とんでもない攻めだったよね、本人もいるし、ドリカムの曲をいじくりたおしたら何か言われるんじゃないかという心配が若干どこかにあったけど、そんな垣根もなくミックスしていました(笑)。

K
その前に一回会って、打ち合わせしたときに、『こんなサイトでアカペラとインストを分離できるからマッシュアップして』、とか『KポップとMIXとかやっちゃおうかな』って言っていたけど、いざ当日、リハーサルのサウンドチェックしていたら凄すぎてびっくりしちゃって、もう優勝!ってなったね。スタッフと肩組んで、こういうことですよね、って共感してました(笑)。
ただ、これに対してお客さんはどんな反応で来るかなっと思っていたら、お客さんがウェルカムすぎて、反応が本当に凄かった。

S
そもそもP→★君がドリカムディスコに出演するきっかけは何かあったのですか?

K
各地で色々なDJとコラボしようという企画があり、マサさん、GOTO、僕が “世代を超えてドリカムの曲で遊んでいく”というイメージがあって、僕らの世代はできるけど、下の世代に伝えてくれるような子がいないかという話になった時、TEMPURA KIDZのP→★君の名前がスタッフさんからあがり、以前ダンスレッスンをやっていた繋がりもあったのでオファーしました。

P
ドリカムディスコツアー初日の赤坂公演にプライベートで遊びに行っていて、友達やお母さんと出れたらいいねって笑い話でふざけて言っていたら2週間後にお話が来て、こんな奇跡あるんだと思いました(笑)。

S
P→★君は実際、DJをしてどうでしたか?

P
お話をいただいた時点で、バラードが多いからアップテンポに自分っぽくやりたいと思っていて、自分色でやらないとわざわざ福岡まで行ってやる意味ないって思っていたから、ギリギリまで冷静バージョン(安全バージョン)と攻めてるバージョンと2パターン用意していて、1部で試してみよう、と流したら意外と受け入れてくれて、いけるかもって思いました。意外とドリカムさん以外の有名な曲、みんなが声出して踊れる曲、Perfumeさんのチョコレートディスコとかいれたらおもいっきり声が返ってきました(笑)。

K
いや、僕にはPerfumeさんとドリカムを並べるとかできない(笑)。

P
ただディスコってワードが入っているという理由でその曲を選んだところはありますが(笑)。

G
普通のクラブと違うのは マイクで煽ったり、掛け合いができる、一緒に楽しめる空間がある。ドリカムの曲もそうだけど、違う曲の時に掛け声を誘導したりとか、クラブとディスコの間にいるような、居心地も良くて歌えて踊れる場所ですね。P→★君の時はもう一生分くらいジャンプしたってくらいジャンプしたね(笑)。P→★君もダンサーだからいきなりブースの前で踊り出したりして、あれは持ってかれたなと思った。

S
そんなP→★君と共演してお二人はどういう魅力を感じましたか?

K
P→★君が凄いなと思ったのが、DJの流れとしてテンションを落とすのがこわいから、俺は結構アゲ続けるんだけど、P→★君はスーンとおっことしてドンとアゲていくのとか、あとダブステップとかEDMの曲の中にドリカムのフレーズをいれたりとか、凄く新しかった。B‘zさんのウルトラソウルとかぶっとんだよね(笑)。

G
あれはぶっとんだね(笑)。

K
もちろんお客さんもめちゃめちゃ喜ぶし、俺らが今まで出来なかったものを、次のフレッシュな人たちの柔軟な感覚の遊びの中にドリカムが入っているというのがとても理想的でした。
基本そこにドリカムラバーが入っていることが重要で、ゲストDJを入れる時に迷うのがその部分でした。
軸にドリカムが好きっていうのがあってそこに遊びをいれてくれたっていうのはP→★君は正解のやり方をしてくれたのかなと。

S
実際にP→★君はパフォーマンスしてみて、まわりの反応はどうでしたか?

P
受け入れてもらえた安心感が強かったです。本番後の打ち上げで2時間位ベタ褒めされすぎて、次の日くらいから全然褒めてもらえなくて、あれ昨日のは夢だったのかなと思いました(笑)。そのくらい本当に楽しかったです!
お母さんも福岡まで来てくれて、恩返しってこういうことだなと思えて幸せでした。

S
誰よりも考えていますね(笑)。

K
ホントそれ!(笑)。

S
ドリカムディスコに来ているお客さんの世代はどんな感じでしょうか?

G
凄い幅広いよね。お母さんが1枚チケット買ったらお子さんが2人付いてこられるようになっていて、1部は子供も入れるようにしています。だから一番前とかは子供たちも沢山いました。

S
お客さんの世代的にも幅広い客層なんですね。

G
マサさんのコンセプトとしては、お父さんお母さんがドリカムディスコに遊びにきてくれるような場をいずれ作りたいという意向でした。だから1部に関してはお子様も入場可能ということにしました。
2部は大人だけでやって、みんなお酒を飲んで楽しむような場になりました。
その中に、テーマ曲を各地のキッズダンサーに踊ってもらうセクションがあったんだったんだけど、マサさんがKEITAがDJしている時にあの子達出そうよ、という流れになり、なんの目論見もなく、みんなに急遽出てもらって、KEITAがDJしている前でフリースタイルしてもらったりもしました。その様子をマサさんが後ろから見ていてとても喜んでくれて。本人からしたら、自分たちの曲を小さい子達が楽しそうに踊っているのが嬉しいんだろうなっと思いました。こういう大人も子供も自然に楽しめる場所を作りたかったのかなと、なんとなく感じました。

S
他にもその場で決まる内容もあるんですか?

G
例えば、マサさんが4ステップをしたらみんなが合わせてやったりとか、その場で打ち合わせ無しの遊びみたいなのがディスコじゃないけど、自然に発生するのがいい部分でしたね。

K
やりながら出来上がっていった部分が多かった気がします。P→★君しかり、各地のゲストDJの選曲とお客さんの反応を見てこういう方向に舵切るのもありだなと思ったり。
あとドリカムの曲が好きな人って全国に何十万人もいる中で、ほんの氷山の一角にしか触れてもらっていないから、ぜひ、これをライブ配信なのか、もっとたくさんの人に見て、触れて、遊んでもらいたいと思っています

S
基本的に今はZEPP中心にやっていますよね?後々、規模を大きくしていくのかもしれないですが、あえてその規模感でやって欲しいですね。

K
今の自分達の力ではまだZEPPでアップアップですね(笑)。。でもあまり大きくない方が確かに一体感は作りやすいよね。

S
大きくなっていくのは素晴らしいことだと思いつつも、やはり近いからこそ作りやすいし、目の届く範囲でやるからみんなも楽しめるんじゃないかなと感じました。

K
大きいメリットももちろんあるけど、そうでない所もとても大事だよね。

P
赤坂BLITZの時とか、1階にいたんですけど、ちょうどいい感じに踊れるスペースがあっていいなと思った。
パンパンだと踊れないじゃないですか。

G
各地各地でお客さんの盛り上がり方も違うのが面白くて、福岡のときはぶち込み型のP→★君をいれて、こんなにも福岡は盛り上がるのかと思った。場所によって違うのがおもしろいなーと思います。

S
ベースにやることは決まってるけど、その時の空気感でその場その場で内容を決めてやっている感じですかね?

K
DJ、レクチャー、ショーっという三つのコンテンツは決まっているけど、それぞれの中身っていうのはP→★君も1部と2部で変えたりとか、2部だとお客さんがお酒を飲める場になるのでその雰囲気で変えたりしています。

G
あれだけDJのみで盛り上がってくれることがあまりないと思います。クラブでお酒飲みながらDJの選曲をきいてテンション上がったりするのって、僕ら世代ではよくあるけど、セッションみたいなその空間の音楽を作っているDJに対してのリスペクト、盛り上げが上手いなこの人、とかを気にしている人が最近少ないと感じます。
なので、こんなにお客さんがついて来てくれるDJイベントは最近ではなかなかないと遊びに来たダンサーも言ってくれて、そういう部分もすごい大事だなと思った。

S
ダンスがそういう交わり方しているのは今の時代ではなかなかないですよね。ある意味、原点だけど最先端だなと思いました。

S
実際に何回か開催してお二人はどう思っていますか?

G
とりあえず、自分たちが一番楽しんでいるね。時間経つのがすごい早いし、ラスト一曲になると、もう終わり?っていう気持ちになります。自分たちが本当にクラブで遊んでいる感じですね。それをお客さんたちと一緒にやっている感じがとにかく楽しいですね。

K
新感覚だから説明しづらいっていうところがもちろんあって、一体何やっているんですか?って聞かれるけど、来てもらわないと分からない所はあるよね。
今の僕らよりも若い子たちってDJ もそうだけど編集もするし、踊りもすれば、ファッショニスタであったりとかいろんなツールやチャンネルを持っている子が増えてきたけど、そういうのって場所がないと表現できないからドリカムディスコというフォーマットを使って、ドリカムという素晴らしい素材を駆使していかに遊べるか、ダンサーとして新境地を見せられるかが大事だと思っています。
色々なチャンネルを持っていなかったら僕らとかP→★君は出会えなかったし、いくらドリカムが好きでダンスが武器と言ってもそれだけじゃショーケースだけで終わってしまう。P→★君はそこを音楽で表現できたり、ミックスやエディットできる能力があって、それが俺らと違うアンテナを持っていたりするのでとても刺激をもらっています。

K
世代の違いのコントラストの面白さをイベントで体験してもらって、もしかしたら10代後半から20代の子にすごい刺さりやすいんじゃないかなと思っています。めちゃめちゃエモいしね。だから是非みんなに体験してもらいたいと強く思いますね。

S
P→★君がいることによってさらに違う層にも繋がるしアイコンとしてすごくいいですよね。ドリカム好きというのがやはり根底にあるのがいいですよね、

P
次は入場無料だからP→★世代の子達にも来て欲しいし、いろんな世代の方にこのイベントを体感してほしいと思いますね。

S
ドリカムディスコの次の開催予定があるんですね?

G
今度ある東京モーターショーとドリカムが絡めないかという話があって、11月3日にあります。ただ屋外っていう事で、空間としてまとめるっていう事が簡単ではないから。ドリカムディスコも一周まわったし、みなさんにドリカムディスコ感謝際みたいなかんじで色々コンテンツ考えて、入場無料で皆さんと盛り上がりましょうみたいな内容になっています。
色んなブースがあってその一角のドライブパークっていうスペースがあって、その時間だけドリカムディスコに変わる形になっています。

S
そこではいつもとは違う内容もあるんですか?

G
時間帯も限られているから、S+AKSのワークショップみたいなのをしようかなと思っています。 いつもだと全国まわって1レッスン料金制にしているけど、この日は無料でワークショップをして、そこで踊ったものを昼過ぎの部からドリカムディスコで皆さんと踊りましょうという流れになっています。レクチャー済みの振り付けをみんなで踊って盛り上げられたらいいですね。

S
その先のドリカムディスコの展望はありますか?

K
P→★君を始め、世界の様々なドリカムラバーのアーティストとコラボしたいね。ドリカムの曲をそれぞれのスタンスで噛み砕いて遊んで歌って踊って絵を描いて…etc。様々なアートのベクトルに方向を広げて、それをミックスアート(勝手に作った造語ですが)として作ってインスタレーションしたり、配信したり、放送したりと、そんな表現に広げていきたいと思っています
また、一般ワークショップという形で、ダンスを踊ったことがないという方たちにも踊りってこんなに楽しいですよ、と伝えたり、しかも歌って踊ったらドリカムの曲ってもっと良くないですか?って提示してみたり。
いろんなクロスオーバーを生みながら、新生代を巻き込みながら自分たちの存在をアピールできたら、いい感じになるんじゃないかなとか考えつつ、出来るだけ多くの人にドリカムを通じてポジティブなイメージを発信できるかの模索をしている最中ですね。

G
一番最初にマサさんにこの話をもらった時に、レコード会社が入ってイベントを作ると攻めに出れないから、お前らの勢いでやるんだよ、と言ってくれました。アーティストの関係性とかもあるし、なんかあったらお前らが謝れば大丈夫だし、とも言ってくれました。これは、自分たちの勢いで仲間たちを巻き込んでドリカムで楽しんでほしいっていう強い思いがあるから、自分たちの意見も出しやすい。そのなかでやっていくのがとても楽しい感覚で、ユニバーサルさんにも支えてもらっているという感じです。

K
オンステージで一緒に盛り上げている立場だから出来る発想、スタッフさんだからこそ出来る事もあるし、正しい形かなと思っています。

S
今までのアーティストにはない事例ですね。作り手にご本人たちが入るか、スタッフさんが入るのかってことで全然違うものですからね。

G
マサさんからの提案があった時に、試行錯誤していた時に、ユニバーサルさんが手を貸してくれたので、今までレコード会社さんとあまり絡みがなかったから、今回を機会にいろいろ支えてもらって、ダンサーだけの垣根じゃなくてもう一個の広い視野が生まれましたね。

S
いい関係ですね。好き勝手と言ったらなんですが自由にできることはいい環境ですね。

K
好き勝手だね(笑)。
ドリカムディスコのエディットを、マッシュアップすることに関して、実際作曲している人の曲をまるまる変えるのってどういう気分なんだろう、怒るんじゃないのかなと思って話をしたんですよ。そしたら、マサさんは、いや全然そこは怒らないし、むしろ面白い、ただ音質にもっとこだわれと言われました(笑)。。
クオリティー上げろというのは当たり前なんだけど、自分たちの作った音楽をリクリエーションするのは意外とネガティブじゃないことがわかりました。日本のトップクリエイターたちが本来なら手を出しにくいところに関われるのはすごい大きいし、P→★君くんの手法も面白がっているし、もっといろんな人に聞いてもらいたいなと思います。
世界では一流アーティストの楽曲はエディットとかバンバンするし、その手法でSOUND CLOUDから出てきた新しい才能が世界の頂点に行くのが今の時代の流れだったりするけど、日本の音楽業界はまだまだ前例がないと思うから今後そうなっていけば、どんどんクラブとか変革が起こってもっと楽しいし先駆けになるんじゃないかなと思います。

G
すごい実験的でありながら面白い空間だね。ドリカムとB’zさんっていう誰も置けない組み合わせをやるってほんと凄いよね(笑)。

P
いやもう次はないと思ってやりました(笑)。

K
会場揺れたよね、激盛り上がった。

G
80歳くらいの方がきてくれたりとか、子供が一緒に踊ったりとか、そういう絵は数年前には想像してなかったことでした。これからも幅広い世代のたくさんの方にこのドリカムディスコを体感してもらいたいなと思っています。

K
まずは是非会場に来て欲しいですね。


ドリカムディスコ全国拡散 30th ANNIVERSARY PARTY ファン感謝祭

●開催日時
11月3日(日)
10時30分-12時00分:ドリカムディスコ ファン感謝祭 特別企画 “みんなでドスコ!” S+AKS モーニング・ワークショップ
13時50分-15時20分:ドリカムディスコ全国拡散 30th ANNIVERSARY PARTY ファン感謝祭
※共に入場無料
※天候により内容を一部変更、もしくは中止にする場合がございます。ご了承ください。
●会場
東京モーターショー2019 有明エリア DRIVE PARK (TFTビル横 駐車場)
●出演者
「ドリカムディスコ ファン感謝祭 特別企画 “みんなでドスコ!” S+AKS モーニング・ワークショップ」
S+AKS
「ドリカムディスコ全国拡散 30th ANNIVERSARY PARTY ファン感謝祭」
SPECIAL GUEST:中村正人(DREAMS COME TRUE)
※吉田美和の歌唱及びDREAMS COME TRUEの演奏はございません
DJ: DJワルクマ
GUEST DJ:ピストン西沢・P→★(TEMPURA KIDZ)・KEITA(S+AKS)
SPECIAL SHOWTIME:S+AKS・ドスコ Special Dancers etc
MC:GOTO(S+AKS)
友情出演:浦嶋りんこ
※歌唱の予定はございません。

イベント特設HP

インタビューメンバーInstagram

KEITA : @keita_saks/)
GOTO : @510s_aks_rockwilder/
P→★ : @p_tempurakidz/

インタビューをしてみた感想

今回インタビューさせてもらい、ドリカムディスコはS+AKSが長年ドリカムさんのパフォーマーとして活動してきた結果、そこに長い歴史があり絶対的な信頼が生まれたことによって、始まったイベントだと思いました。
そこにはご本人やダンサー、スタッフの方々とのいい関係値が築き上げられていて、全ての人にドリカム愛があるからこそ、それを彼らなりのアプローチの仕方で、多くの方に世代を超えて共有していきたいという強い思いを感じました。
それを広げるためには、自分たちにはない若い世代が持つ感性を大事にしている部分も強く、P→★君のような新しい感覚も柔軟に取り入れていきながら、新感覚のイベントを試行錯誤しながらも形成していく姿はとにかく楽しんでいて、こういった環境が羨ましくも感じました。
“音楽”と“ダンス”の『遊び方』を体験できる場所として、ドリカムディスコを通して是非多くの方に味わってみてほしいなと感じました。
とはいえ、とにかく会場に足を運ぶことがダイレクトにこのイベントの魅力を感じれることだと思います。
11月3日は無料開催でもあるので、是非足を運んでみてください。
もちろん、自分も参加しようと思っております。
今回は楽しい時間をありがとうございました。
今後のドリカムディスコの発展を陰ながら応援させて頂きます。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
インタビュー:SHOTA : @shotayoshii/

カメラマン : 中河原理英