EDM初心者はまず知るべき!世界的EDMアーティスト20選

EDMの「これだけは知っておきたい」世界的人気アーティストを20人ご紹介いたします。 プロフィールと代表曲を動画で交えながら紹介しますので、世界で活躍するEDMトップアーティストをぜひチェックしてください!


djsnake

フランス出身、マイアミを拠点に活動するDJ/プロデューサー。
世界各地でナンバー1を獲得したリル・ジョンとのコラボ曲「Turn Down For What」や、チャートを席巻した「You Know You Like It」など多くの名曲を生み出すアーティストです。

DJ Snake – Taki Taki ft. Selena Gomez, Ozuna, Cardi B

2018年リリース。アメリカの歌手Selena Gomez、プエルトリコの歌手Ozuna、アメリカのラッパーCardi Bという豪華客演を迎えた一曲で、ビルボードホットラテンソングでは初登場1位を飾った名曲です。

marshmello

アメリカのエレクトロニックミュージックプロデューサー/DJ。覆面により謎の多そうな見た目をしており、子供にも大人気。そして喋ることはないのだとか。
セレーナゴメスとのコラボだったり、多くの名リミックス曲を出していたりとかなり注目されているアーティストです。

Marshmello – Alone

2016年リリース。YoutubeではMVの再生回数が15億回を超え、RIAAによってプラチナ認定も受けたモンスター楽曲です。

Hardwell

オランダのDJ/レコードプロデューサー。DJ MAGの投票でも上位に君臨する実力を持ち、また多くの大型ミュージックフェスにも出演しています。
2009年に「Show Me Love vs. Be」という楽曲で広く認知され、以降多くの名作や名セットを聴衆へと放ちました。
現在は無期限の活動休止を表明しているようです。

Hardwell – Spaceman

2012年リリース。オランダの歌手ミッチクラウンのボーカルをフィーチャーしたこの曲は特にベルギーチャートで上位に食い込みました。

Zedd

ロシア生まれドイツ育ちのDJ/レコードプロデューサー。プログレッシブハウス、ダブステップ、クラシックの影響受けた彼の音楽は、第56回グラミー賞、ベスト・ダンスレコーディング賞も受賞するほどの才能を持った人物です。

Zedd – Clarity ft. Foxes

2012年リリース。イギリスの歌手Foxesのをフィーチャーした曲で、同名であるデビューアルバム『Clarity』から3枚目のシングルのシングルとしてリリースされた一曲です。

Diplo

アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするDJ/レコードプロデューサー。
EDMユニット”Major Lazer”のメンバーでもあり、Madonna、Beyoncé、Justin Bieber、Usherなど数えきれないほどメジャーアーティストと仕事をこなす人物でもあります。

Skrillex and Diplo – “Where Are Ü Now” with Justin Bieber

2015年リリース。先ほどもご紹介させていただいたスクリレックスとのコラボ曲で、大人気シンガージャスティンビーバーをフィーチャー。
2016年グラミー賞・ベストダンスレコーディング賞を見事受賞した一曲。

Afrojack

オランダのDJ/レコードプロデューサー。レーベル”Wall Recordings”の主宰でもあり、さらには”LDH Europe”のCEOも務める、音楽プレイヤーとしてはもちろんのこと、ビジネスプレイヤーとしても活躍するアーティストです。

Afrojack & Martin Garrix – Turn Up The Speakers

2014年リリース。AfrojackとMartin Garrixが共同制作した一曲で、二人の唯一のコラボ作品です。中毒性の高い秀逸なサウンドです。

Kygo

ノルウェーのDJ/レコードプロデューサー。
2015年の後半にはSpotifyにて10億ストリーム最速到達を成し遂げたアーティストでもあります。数々のリミックスやオリジナル楽曲をリリースし、リオオリンピックにも関与したとてつもない経歴を持つアーティストです。

Kygo – Firestone ft. Conrad Sewell

2014年リリース。オーストラリアの歌手Conrad Sewellのを客演に迎えた一曲。
この曲はノルウェーのシングルチャートでナンバーワンを獲得。世界的にも認知された大ヒット曲です。

MAJOR LAZER

先ほどご紹介したDiploを要するEDMトリオ。メンバーは他にWalshy FireとApe Drumsが在籍しています。もともとはJillionaireがメンバーとして有名でしたが脱退しています。

Major Lazer & DJ Snake – Lean On (feat. MØ)

2015年リリース。Major LazerとDJ Snakeのコラボ曲で、客演にはデンマークの歌手MØが迎えられています。商業的にも大成功を収めた曲で、MVはなんと26億回も再生されている超ド級の人気曲です。

nickyromero

オランダのDJ/レコードプロデューサー。DJ MagのTop 100 DJsにも名を連ねる人物で、下記にご紹介する曲以外には2011年リリースの「Toulouse」などが代表曲として挙げられます。

Avicii vs Nicky Romero – I Could Be The One (Nicktim)

2012年リリース。アヴィーチーとニッキー・ロメロのコラボ曲です。
この曲はハンガリーとイギリスのチャートでトップを獲得、イギリスのダンスシングルチャートでは首位でデビューを飾ったヒット曲です。

ᏦᏚᎻᎷᎡ

Tiësto & KSHMR feat. Vassy – Secrets

インディアン系アメリカ人、アメリカはカリフォルニアを拠点に活動するDJ/レコードプロデューサー。
彼もまた DJ Mag’s Top 100 DJsに名を連ねる人気アーティストであり、 2017年7月には自身のレーベル”Dharma Worldwide”を立ち上げています。

2015年リリース。ティエストとのコラボ曲で、オーストラリアの歌手Vassyのをフィーチャーした一曲。
この曲はティエストのミックスコンピレーションアルバム『Club Life, Vol. 4 – New York City』にもピックアップされた楽曲です。

Don Diablo

オランダのDJ/レコードのプロデューサー。Future Houseを代表するDJであり、15歳という若さでレーベル契約を結んだ実力の持ち主です。
彼は”1001 Tracklists”というWebサイトで、2018年の年間最優秀DJにも選ばれている人物です。

Don Diablo – On My Mind

2015年リリースされたDon Diabloの代表曲です。
この曲のMVは彼が巡った42ヶ国以上の国で撮影した映像がダイジェスト化されている作品になっています。

おわりに

EDMアーティスト20選をお送りしました。
この他にも活躍するアーティストは沢山いるので、ご紹介した人物を中心に色々調べてみるとさらに知識が深まると思います!
また、ある程度EDMに慣れてきたら所属レーベルから他のアーティストを探してみるのも面白いかもしれません。