話題のダイエット「ハンドクラップダンス」とは?効果や特徴を解説

今「痩せる」と話題となっているダイエット法「ハンドクラップダンス」。2週間で10kg減とは本当なのでしょうか?!ここでは実際の効果や特徴など、詳しく説明していきます。


今年5月頃にツイッターで人気が出た「ハンドクラップダンス」。様々なユーチューバーや有名人たちも実践しているようで、その効果の高さが話題となっています。そんな「ハンドクラップダンス」について、どんなダンスなのか、どんな効果や特徴があるのでしょうか。

  1. ハンドクラップダンスとは
  2. ハンドクラップダンスの特徴
  3. ハンドクラップダンスの効果
  4. ハンドクラップダンスのクチコミ
  5. ハンドクラップダンスの動画

ハンドクラップダンスとは

ハンドクラップダンスとは、韓国人ユーチューバーのJosh(ジョシィ)さん、とBamui(バミィ)さんがYouTube上で公開したエクササイズ。2人のチャンネルではダイエットシリーズの動画をたくさん公開しています。今回流行った「ハンドクラップダンス」では両手を上げて体の前と後ろで足にタッチする動作から始まり、全身を使ってリズミカルでダイナミックに踊っています。エクササイズ名の通り、使われている曲は「HandClap」という曲で、アメリカのインディーポップバンドFitz、The Tantrumsの曲です。ノリの良いビートがリズミカルに踊るのを助けてくれます。「ハンドクラップダンス」を踊る上でダイエット効果を出すには3つの「コツ」があるそう。それは始める前にストレッチをすること、踊りやすい速度に調整して踊ること、身体全体を使って動くこと。この3つを守って踊れば、あなたの体もみるみる引き締まってくること間違いなしです。

ハンドクラップダンスの特徴

ハンドクラップダンスは他のエクササイズとどんなところが違うのでしょうか。その特徴を見ていきましょう。

全身を使って動く

四肢を使ってダイナミックに動いていきます。途中でストレッチなども入っていて、バランスの良く有酸素運動を行うことができます。

動きが単純で分かりやすい

ダンスをやったことが無くても、すぐに見て真似できる簡単な振り付けもこのダンスの特徴。しかしながらも運動量は高いのでやった後には達成感を感じ、またやりたい!と思わせてくれます。

3分なのでやりやすい

動画は全3分と短いのでお昼休みや仕事の休憩時間など、いつでも手軽に始められます。携帯で動画を流せばオフィスも自宅も一瞬でジムに早変わり。

ハンドクラップダンスの効果

それでは実際に身体にとってどんな良い効果があるのでしょうか?

脂肪燃焼効果

体の腕や足、おなかや背中など大きな部分の筋肉を複数同時に使いながら持続的な運動を行うことによって脂肪が燃焼し始めます。特に両手を肩の高さより上に持ち上げる動作や一定のリズムを保って手や足をダイナミックに使うところは、シェイプアップにはもってこいの動き。

柔軟性アップ

動きの途中で体を伸ばす動きがありますが、これも普段運動しない方にとってはとっても効果的。体側を伸ばして体全体をリラックスさせたり、疲れをとったりすることができます。

ストレス発散

全身の筋肉を動かすことで体の代謝もアップ。たまったフラストレーションを動いて発散。少し汗ばむくらいの運動をすれば全身がすっきりしてリフレッシュすることができます。

血行の促進

ダイナミックな動きによって筋肉が収縮しポンプのように血液を流しだすので細部まで血行を良くし、冷え性やむくみの解消にも効果的です。

骨を丈夫にする

跳ねたり弾んだり少しインパクトがある動きを続けると、骨に刺激が与えられ骨も丈夫になります。

ハンドクラップダンスのクチコミ

実際にハンドクラップダンスをやった人の感想です。


とにかく燃焼するみたいです!


ヨギーがハンドクラップダンスをするとどうなるのでしょうか?


脚の引き締めにも効果がありそうですね。


ハンドクラップダンスは、かなり身体に効くみたいです。

次ページでは様々な人のハンドクラップダンス動画を紹介します。

WRITER
yuki