New Balanceとのタッグで生まれた『F_ind』メンバーのMacoto / MiyuにSHOTAがインタビュー

NewBalanceのタッグで生まれた『F_ind』メンバーのMacoto / MIYUにSHOTAがインタビュー

皆さん、お久しぶりです。
SHOTAです。
今年、New Balanceでは三浦大知がブランドアンバサダーに就任したことをきっかけに、一人ひとりが「Independence」な精神性を持って自己表現に向き合っているダンスシーンにフォーカスし、ダンスを通じて夢の実現を目指す若者たちへのサポートが開始されました。
そこから生まれた『F_ind』(ファインド)というチームがいます。
メンバーは、Macoto、Miyu、Sora、Kurumi、Gen Rock。

F_ind公式インスタグラム

今回、私はそのメンバー編成決めに携わらせてもらいました。
それぞれのダンサーとしても人としても魅力があるメンバーであります
そんな彼らのことをより多くの方に知ってもらいたく、それぞれインタビューをし、
ダンスへのスタンスや考え方、現在の活動や今後の展望など、パーソナルな部分も含めて話を聞きました。
まず最初はRIEHATATOKYOのメンバーでもあり、大知の現場でも近年一緒に仕事をしているMacotoと、
女性ハウスダンサーで、世界大会でも若くして優勝しているMiyuについて紹介したいと思います。
一人目はMacotoからです。
M→Macoto / S→SHOTA

Macoto×きっかけ

S
では、早速始めていきましょう。
Macotoと初めて会ったのはまだ小学生の時だったかな?
Ma
そうですね、9歳だったから2010年のときです。
S
ダンスは何歳から何をきっかけに始めた?

Ma
4歳の時に友達が出ているミュージカルを観に行ったのがきっかけです。
そのミュージカルのDVDを買ってもらって、振り付けを完コピしてました。
覚えてないんですけど、ずっと踊っていたらしくて、
なんなら生まれた時から曲がかったら踊っていたみたいです(笑)。
S
自然と昔から踊ってたんだね。
Ma
母がTLCとかLauryn Hillとか、大好きで、
Chris Brownとか出てきた時も、この子やばいって教えてくれて。
僕の人生で初めて出演したショーケースで使った曲が
その頃母に教えてもらったChris Brownのデビュー曲でしたね。

Macoto×メイン

S
今の主な活動はなんですか?
Ma
今はRIEHATATOKYO が基本です。
Dr.SWAGも所属していますが、俺は他にもやりたいことがあるからがっつりは携わっていないです。
メンバーもそれを理解してくれているので。
今年の年末のGKKJは4人で久々に踊りますね。
RIEHATATOKYOでは、RIEさんがメンバーに何でもやってほしいってスタンスなので、
今回のNew Balanceのことも喜んでくれたし、
三浦大知さんの現場もとても応援してくれています。
前に僕が大知さんの現場で撮影だった時にたまたまRIEさんとも現場が一緒で、
その収録後に「教え子と同じ現場になれて嬉しい。」ってわざわざラインくれました。
それはすごく嬉しかったですね。
他の活動としては、
クラブイベントに出たり、東京以外に全国や海外でWSしたりしています。

RIEHATATOKYOの映像

Macoto×日本のダンスシーン

S
何年この業界にいるんだろ?
Ma
5歳からだから15年ですね。
S
俺とあまり変わらないな(笑)。
日本の今のダンスシーンについてはどう思ってる?
Ma
俺の周りのいつもお世話になっている先輩方は目標でもあり、憧れる存在です。
自分的には次の世代の子達にいい環境を作って、そのまま受け渡したいなって思います。
その子がいっぱい輝けるように、きっかけ作りを出来る人にはなりたいと思っています。
同世代は考え方も進んでる人が多いから、ダンサーとしての可能性は広がっていっているように感じます。
それこそ世界で活躍するパイオニア的存在のRIEさんやKoharuちゃんが近くにいるので、
僕もそうなりたいと思うし、そう思っている同世代のダンサーも多いと思います。
下の世代のダンサーに関しては、今後はもっと実力を認めてもらえる時代が来ると思うので、もっと自分の可能性を自分で広げられる力があるといいなと思います。

Macoto×海外

S
海外へ行って、日本との違いとか、何か感じたことはある?
Ma
中一の頃、初めてLAで受けたダンスレッスンで、泣いて帰ってきたんですよ。
うまくできなかったということもあるんだけど、受けている生徒のパッションにやられて。
一緒にレッスン受けているのにどんどん自分が置いていかれている気がして、
みんなのダンスに対するパッションとか気持ちに感動して、それがショックで、、、。
難しい心境ですね(笑)。
当時は何で泣いているのかわからなかったんですけど、きっと悔しかったんですよね、
今まで自分がそれに気づけていなかったのが。
そのあとは怖くて、レッスンしばらく受けられなかったですね。
俺に新たなインパクトを与えてくれるダンサーは、みんな純粋にダンスを楽しんでるなって感じますね。

Macoto×憧れ

S
今憧れている人はいますか?
Ma
RIEさんですね。
ダンスとか才能はもちろんなんですけど、
まだ僕がダンス下手くそだった小6のときから、
「マコトはすごくなる」とか「マコトは大丈夫だから」ってすごい励ましてくれてて。
RIEさんがいなかったら今の自分はいないし、
ダンサーとしてトップにいるけど、次はこれがやりたいとかまだどんどん人間として進化し続けているパッションが本当にすごいなと思います。
S
RIEは若い時から知ってるけど、昔は会う度にお勧めのおいしいお菓子を嬉しそうに教えてくるような子だったけど、大人になって会う度にどんどんカリスマ的存在になっていったね。彼女は人柄もいいよね。
Ma
アーティストさんと仕事する時も、仲良くなるのが本当にうまいし、人との付き合い方もすごく勉強になりますね。
人に好かれるパワーを持っているというか。
S
いつ会ってもパワフルだもんね。
Ma
RIEさんって人に影響を与えられる人だと思うから、自分もそうなりたいとは思うんですけど、
RIEさんが経験してきたことと俺がして来た経験は違うから、違うカリスマになりたいなって思います。
もっともっと10年後も進化し続ける人でありたい。
20代は自分が輝ける場がたくさんあるけど、
30代は違う方面でももっと自分が進化していけるなって思います。そういう人間でありたいです。

Macoto×仕事

S
最近だと様々なアーティストの現場につくことが多いと思うけど、そういう仕事をしていてどう?
Ma
迫力がすごい現場が多いのでとても勉強になります。
あと、そういう現場が好きなんですよね。
普段ダンサーの前で踊ることが多いけど、
ライブとかのお客さんは僕たちを見に来てるわけじゃなくて、アーティストさんを見にきているので、
そういう方たちの前で踊れるのが新鮮だし、
手紙とかで“マコトくんのダンスが凄かった”とか書いてくれているのを見て、少しでも影響を与えられてるんだ、届けれるんだって感じたのがすごい嬉しかったですね。
S
昔、あるイベントのJAZZナンバーに出ているのを見て、ステージのセットの上の小さい狭いエリアでものすごくターンしてるのを見て驚いたのを覚えてるよ(笑)。
今はHIPHOPのイメージがあるけどJAZZもできて、振り幅が広いなって思った。
そのターンを見て大知(三浦大知)のダンサーとしてどうかなって当時思ったんだよね。
どんな振付も器用にできそうだなって。
Ma
でもShingoさんの振りはめっちゃ難しいです、ほんと死ぬかと思いました(笑)。

三浦大知 (Daichi Miura) / Be Myself -Music Video-

Macoto×性格

S
自分の性格はどう思う?
Ma
すごい自己中でカスだなと思います(笑)。
思ったことをすぐに言っちゃうので、人を傷つけやすいんですよね。
親しい友達とかには特に。
「あ、ごめん今の傷ついた?」ってすぐ聞いちゃいます。
あと人のことに興味があまり持てないので、お母さんにもっと他の人を愛しなさいって言われます。
S
いいと思うところは?
Ma
自分のいいところを分かってるところ。
ダンスとかファッションで自分を表現するのは4歳からやってきたので得意ですね。

Macoto×F_ind

S
今回New Balanceがサポートするダンスチーム”F_ind(ファインド)“についての話が来た時はどう思った?

Ma
すごい嬉しかったし光栄でした。
でもほんと実感が湧かなくて。どんなプロジェクトになるんだろう、って。
S
RUNS IN THE FAMILY BOOKの撮影はどうだった?

Ma
めちゃめちゃ楽しかったです。
三浦大知さんのファミリーダンサーもいたし、F_indのメンバーが集まったのもあの現場が初めてだったじゃないですか。
今までインスタでしか見たことなかったけど、やっと話せたりとか。撮影も楽しくていつもと違う感じの撮影だったので面白かったですね。

https://nbfind.jp/book/

S
そのあとF_indのショーケースを作ってみて、どうだった?
Ma
想像していたより大変じゃなかったですね。
みんないい人たちだったからうまくまとめられたんだと思います。
めっちゃ楽しかったし、刺激になりました!
S
他のメンバーの印象はどう?
Ma
GENくんは落ち着いてる。大人というか、落ち着いた目線で色々意見言ってくれたり、俺が気づかないところも言ってくれたりしたのですごい回し上手だと思いました。
SORAとかお茶目だしふわふわしてるけど、一回踊りだしたら拍手喝采って感じでしたね。
KURUMIちゃんは人柄が明るいというか、仲良くなりやすかったですね。すぐお互いがリンクした感じでした。
Miyuちゃんはキッズ時代のスーパーヒーローだったから、わーMiyuちゃんと一緒に踊れるのかー怖いなーって思ってたけど、意外とふにゃふにゃしてたので打ち解けやすかったですね(笑)。
みんなそれぞれにカリスマ性があって本当に刺激的です。

Macoto×New Balance

S
New Balanceに今後期待することはなにかある?
Ma
恵まれない子供達とか被災地へチャリティー活動などができたらとても素敵ですよね。
S
New Balanceと絡めたからできたことは?
Ma
新作ダウンのローンチパーティでたくさんのメディアの前で踊らせてもらったり、アパレルのLOOKBOOKにモデルとして出演させてもらったりなど今まで自分の力や行動だけでは出来なかった事ができたと思います!

Macoto×ダンス

S
では最後に、自分の人生にとってダンスとは?
Ma
ステージの上で踊ってるのが一番好きだから、その感覚が夢の中みたいな感覚です。
その時は自分じゃないんだろうな、他の人が踊ってるんだろうなって感覚。
理想の自分に近づけるものですね。

Macoto プロフィール

東京都出身、99年生まれ。5歳からダンスを始める。ジャンルを問わない多彩なダンススキルを持ち合わせし、若手ながら数々のアーティストのダンサーに抜擢される。中国・シンガポール・インドネシアを中心にワークショップを開催している。世界的ダンサーRIEHATA率いるチーム”RIEHATATOKYO”に所属。
・主な経歴
2014 BODY ROCK Jr. 2014 優勝「RIEHATATOKYO」
2015 BODY ROCK Jr.2015 優勝「RIEHATATOKYO」
・ダンサー出演
Jackson Wang/三浦大知/EXILE SHOKICHI/Zico/Crystal Kay
・PV出演
Jackson Wang/三浦大知/Zico/CRAZYBOY/GENERATIONS/ShuuKaRen
https://www.youtube.com/watch?v=LYEIw7J0IqQ&feature=youtu.be
https://www.instagram.com/p/B5KvcDxg9BN/
https://www.instagram.com/p/B5NOVBMAmSr/
Macoto Instagram
https://www.instagram.com/macthelonger/

M→Miyu / S→SHOTA

Miyu×きっかけ

S
初めて話したのはインスタのDMだよね?
Mi
そうですね、
自分はずっとバトルを中心に活動していたので、もう一つ新しい世界をAlaventaを通じてできたらと思っていて、
色々つながりを持っている人に話が聞きたいと思い、翔大さんに連絡しました。
S
ファーストコンタクの時、若い世代なのに核心ついてるから、すごい印象に残ってるよ。
情報も多く、いろいろなことが経験できるから、そこに気づくのが早い世代なんだなーと感じたね。
ダンスはどこで始めたのかな?
Mi
八王子の近くの日野です。
地元のコナミスポーツ内のダンススクールに小3から通っていました。
S
何がきっかけで習い始めたの?
Mi
当時習い事をいっぱいやっていて、
プール、テニス、一輪車、ピアノ、サッカー、公文、バレエ、チアダンス、よさこいとか。
そのなかでもよさこいとかバレエをやっていて、ダンスが好きだなーって思っていたら
お母さんがコナミのダンススクールを教えてくれて入りました。
S
その後は?
Mi
小5の頃にそのコナミのスクールをやめてavex artist academyに通い始めました。
同時期にお母さんがARKSTARも行ってみたら?と紹介してくれたのですぐにオーディション受けてみたら、
たまたま受かったのでARKSTARも通っていました。
ONPARADEの結成もARKSTARですね。
入った当初は首のアイソレもできないくらい下手だったんですけど、
すぐにムラサキスポーツのイベントに誘われて、ONPARADEで出演しましたね。

S
本格的に始めたのは小5のころからなんだね。
最初からハウスをやっていたの?
Mi
ダンスを習い始めた時はハウスってジャンルを知りませんでした。
ARKSTARに入ってからハウスを学んだんですけど、一番苦手でしたね。
ただただSHUHOさんに憧れて。
S
一番苦手だったジャンルが今の自分のジャンルになっているのはすごいね。
Mi
ARKSTARは高校1年の時までで6年間通っていて、後半はハウスに没頭してました。
高校の時はVAW(専門学校)に通っていたので、そこでは色々なジャンルを受けていました。

Miyu×メイン

S
今の主な活動は?
Mi
今はハウス以外のジャンルの人とユニットで踊る機会が多いです。
あとはジャッジとかWSで海外行ったり。
今後またバトルは出て行こうと思っています。

Miyu×海外

S
海外はどこに行くのが多い?
Mi
最近は中国が多いですけど、ドイツとかチェコとかに前はバトルとかでよく行っていました。
向こうのCAMPに参加してWSを受けたりして、最後にバトルに出たりとか。
S
一番刺激を受けた国はどこだった?
Mi
一番最初にバトルで海外に行ったのがチェコのSDKで、そこが一番影響受けました。
日本はずっと真面目に見られるけど、チェコは反応も良くてお客さんがあったかくて会場の雰囲気とかも良かったのを覚えています。
その時は英語を全く喋れなかったんですけど、イベントの最後のDJタイムで、全然知り合いじゃない人同士と踊りあった時にすごい感動して、こういう世界があるんだって思いました。
日本よりもレベルが高くて、いろんな面で感動して、来年も絶対ここに来たい、ここで勝ちたいって思いましたね。

S
子供の頃からバトルは出てたよね?
Mi
出てましたが、日本のキッズのバトルと海外のバトルは感覚が全然違いますね。
日本は勝たなきゃ勝たなきゃって感じですけど、
海外はお互いシェアして、ダンスで高め合っている感じがして、あまりバチバチしていないから踊りやすいですね。

Miyu×憧れ

S
憧れている人はいる?
Mi
ダンサーだけど一般の方にちゃんと認知されたり、ダンスを武器にしてダンサーじゃない方たちにダンスを伝えられている小春ちゃんはすごいな、って思いますね。自分も影響を受けたうちの一人なので憧れます。
S
小春のような存在が理想で、なおかつ自分のスタンスで確立していきたいって感じだよね?
Mi
そうですね、
JUSTE DEBOUTが終わってここ2年くらい、やりたいことがぼんやりしていたんですけど、
最近やりたいことが決まって、、、
自分のダンスを見て「ダンスを始めました!」とかMiyuのダンスを見て「パワーをもらってます」とか、
そういう周りの人の言葉が今自分がダンスをしている上での原動力になっていて。
今はそういう風に思ってもらえる人をダンサー以外の一般の方へも広げていけたらと思っています。
なのでダンスを軸として、自分の興味のあるモデルのお仕事などにも挑戦していきたいですね。
モデルとしてお仕事ができるよう、今準備してます。

Miyu×性格

S
自分の性格はどう思う?

Mi
多分、負けず嫌い。
S
自分ワールドはあるよね。
Mi
そうです(笑)。
でも性格はふわふわしてるかも!
S
自分の好きなところは?
Mi
やるって決めたら最後までやるところですね。
嫌いなところは適当なとこです。
S
なんか矛盾してる気がするんだけど(笑)。
Mi
仕事に関しては適当な部分はないんですけど、日常で適当になっちゃうことがありますね、
例えば靴紐ほどけてるのにそのままにしちゃうとか。
めんどくさがり屋なんですよね。

Miyu×F_ind

S
“F_ind”のメンバーと実際活動してみてどう?
Mi
KURUMIとはARKSTARで一緒で、SORAも喋ったことはあって、GEN ROCはCREW BATTLEとかで一緒になったこともあったり。Macotoくんだけあまり絡みがなくて、存在は知っていてすごいおしゃれで気になってたから、
このプロジェクトのメンバーを聞いすぐにやろうって決めましたね。
S
自分的にやってみたらいい刺激になるなって思えたんだね。
Mi
はい、そうですね。
S
RUNS IN THE FAMILY BOOKの撮影はどうだった?
Mi
5人が初めて絡んだ現場だったから、5人揃って仲よさそうにするシーンの撮影の時はどうしようってなったんですけど、結果すごい楽しかったですね!
S
ああいう撮影って何度か経験はあった?
Mi
撮影はたまにあったけど、あれほど大掛かりなのは初めてでした。

S
楽曲を作ったり、ショーのネタを普段活動のフィールドが違う5人とやってみてどうだった?
Mi
自分的にはいい感じにまとまったなーって思ってます。
でもショーのネタの最初の見せ方で、
バトルに出ていたGEN ROCとSORA、ショーを中心に出ているMacotoとKURUMIとで意見が別れたのは
なるほどなって思いました。
自分たちがやっていて気持ちいいやり方と、人から見てこう見えるって客観視して作るやり方とタイプの違うダンサーが共存している感じです。
S
それぞれのメンバーの印象は?
Mi
GEN ROCは面白くてふざけてるけど、実際色々考えていて、対応力がすごいです。
SORAはあまり発言とかしないけど、自分の考え方を持ってる。
Macotoはまとめ上手かな。
Kurumiはすごい自分を持ってるなって思います。

Miyu×New Balance

S
F_indとして、この5人だったらこういうことができるなとか何かある?
またNew Balanceと絡めたからできたこととか。

Mi
この5人はダンサーだけど、ダンスを軸として色々やっていきたい人たちが集まっているから、
ダンサーじゃない人にダンスを伝えるのはこのチームだからできるんじゃないかなって思います。

あとはNew Balanceさんのサポートで普段ダンス界にいる自分達だけでは、関わる事が難しいスポーツやファッションのシーン等とも関わる事ができ、ダンスをあまり知らない人にもダンスの魅力を伝えるチャンスになったと思ってます。

S
グッドアンサーだね(笑)。

Miyu×ダンス

S
最後に、自分の人生においてダンスとは?
Mi
自分自身を変えてくれたもの。
ダンスがなかったら自分じゃないなって思っちゃいますね。
多分昔は人前に出るのとか苦手だったし、内にこもった性格だったけど、
ダンスを始めて、自分自身が180℃変われた気がします。

Miyuプロフィール

1998年12月3日生まれ、東京都出身。8歳の時にダンスを始める。キッズ時代”ONPARADE”として数々のコンテストで連続優勝し、「スター☆ドラフト会議」や「Xperia」CMなどテレビでも活躍。2017年、パリで開催された「JUSTE DEBOUT 2017 WORLD FINAL」で優勝を果たす。また所属チーム”Alaventa”では、2017年に世界最高峰のストリートダンスコンテスト「JAPAN DANCE DEIGHT VOL.24 FINAL」で3位獲得。
主な受賞歴/経歴
・日テレ系列スタードラフト会議 GUEST 出演
・DANCE ATTACK!! 全国大会FINAL 中学生の部 特別賞
・ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia CM出演
・JAPAN SUPERKIDS DANCE CONTEST 全国大会 FINAL中学生部門3位
・WDC関東予選 HOUSE SIDE 優勝
・アジア大会 SDK ASIA(HongKong) 優勝
・牛角 WEB CM 出演
・Bigbang tokyo 優勝
・世界大会 JUSTEDEBOUT FINAL HOUSE SIDE 優勝
・ JAPAN DELIGHT DELIGHT FINAL 3位
・アジア大会 HOUSE CITY FINAL(Shanghai) 優勝
・G-SHOCK × BABY G summer collection CM出演
・WORLD OF DANCE JAPAN 優勝
・UNIQLO ezyanclepants CM出演
・MISIA 平成武道館ライブ 出演
・WEGO × kaneZ モデル
・世界大会 hippop session world final 準優勝
・claquepot “choreo” MV 出演
https://youtu.be/tJa–IgS2p8
https://youtu.be/QrsQNe148jY
Miyu Instagram
https://www.instagram.com/miyudance_/

F_ind ショーケース情報

今年を締めくくるにふさわしい日本最高峰のダンサーがZepp Tokyoに大集結!! この日しか味わうことのできない最高の時間をお楽しみください。
「GKKJ JAPAN TOUR 2019 in TOKYO」

DATE : 2019/12/26(THU)
OPEN/START : 15:30/16:30
VENUE : Zepp Tokyo
ADV/DOOR : ¥4,000-/¥5,000-
※入場の際にドリンク代¥600が必要となります。
※3歳以上有料
.
=Supported by=
New Balance
MOUSSY STUDIOWEAR
.
-HP LINK-
GKKJ JAPAN TOUR 2019 OFFICIAL SITE
https://gkkj-japantour.tokyo/
GKKJ JAPAN TOUR 2019 in Tokyo OFFICIAL SITE
https://gkkj-japantour.tokyo/tokyo/
GKKJ OFFICIAL SITE
https://gkkj.tokyo/