90年代から革新的なヒップホップを打ち出したグループ・KGDR(キングギドラ)を紹介

90年代より日本の中心で存在感を放ち続けたグループ・KGDR(キングギドラ)について紹介いたします。プロフィール・メンバー構成・経歴・KGDRの名曲なども紹介しつつ、デビューアルバム『空からの力』20周年についても触れたいと思います。


ゴジラと対等する形で登場する、黄金に輝く三つの頭を持った怪獣キングギドラ。そんな怪獣に匹敵するほどの存在感をもち、それぞれがレジェンドとして、今もシーンの真ん中で活躍するメンバーを要するヒップホップグループKGDR(キングギドラ)。
今回はそんなキングギドラについてご紹介していきたいと思います。

KGDR(キングギドラ)のプロフィール

KGDR(キングギドラ)は90年代初頭より活躍する、日本を代表する三人組ヒップホップグループ。当時革新的だった、本場アメリカのラップミュージックの形を日本へ持ち込み、新進気鋭のスタイルでシーンに革命を起こしたグループです。

メンバーはZeebra(MC)、Kダブシャイン(MC)、DJ OASIS(DJ)の三名。1993年に結成後、1995年リリースのアルバム『空からの力』で衝撃的なデビューを果たすと、1996年のミニアルバム『影』のリリース後、瞬く間にその活動を一時、終えることとなります。

それぞれソロ活動に勢力が注がれ、活動休止から6年後となる2002年に再結成し、シングル「UNSTOPPABLE」、「F.F.B.」をリリース。両シングル収録曲ではいくつかの論争も起こりつつも、この年の10月にリリースされたアルバム『最終兵器』は、世紀の問題作となり、オリコンチャート初登場3位を記録するなど話題を呼ぶ一作となりました。

その後は再び活動を休止するものの、2011年に”キングギドラ”から”KGDR”へと名義を変更し2度目の再結成を果たしており、2015年には『空からの力』発売20周年記念ライブも実施しています。

KGDR(キングギドラ)の経歴

シングル

・2002年4月10日 「UNSTOPPABLE」リリース
・2002年4月10日 「F.F.B.」リリース
・2002年4月27日 「UNSTOPPABLE(再発版)」リリース
・2002年9月11日 「911(Remix)」リリース
・2002年9月11日 「ジェネレーションネクスト」リリース

配信シングル

・2011年6月8日 「アポカリプスナウ」リリース

アルバム

・1995年12月10日 『空からの力』リリース
・2002年10月17日 『最終兵器』リリース
・2003年10月8日 『最新兵器(リミックスアルバム)』リリース
・2015年6月17日 『空からの力:20周年記念デラックス・エディション』リリース

ミニアルバム

・1996年4月25日 『影』リリース

KGDRのメンバー

Zeebra

1997年にソロデビューを果たし、日本のラップ界の立役者としての立ち位置を持つ人物です。ソロとしての音楽活動はもちろんですが、メジャーアーティストへの客演、プロデュースワーク、MC業、レーベル運営など、その活躍の舞台は数知れず、メジャーからアンダーグラウンドなシーンまで顔の利くアーティストです。

Kダブシャイン

Kダブシャインは、「児童虐待」、「シングルマザー」、「麻薬」、「国家」、「AIDS」など社会問題をトピックにラップをするMCとしても知られていて、日本人としては社会派ラッパーの草分け的な存在ともいえる人物です。ソロとして楽曲リリースも行う中、アーティストコラボやMIX CDなど楽曲リリースだけでも幅広く、近年ではゴールデンタイムのテレビ番組の出演等、活動領域は広がり続けています。

DJ OASIS


DJとしてはもちろん、自らを「マイク持つDJ」と称する、日本のヒップホップシーンの重鎮の一人。
1999年にキングギドラの活動休止中、シングル「地下から… / ILL リーガルドラッグ」にてソロデビューし、その他”radio aktive projeqt”や”THE AXIS”での活動も光らせた人物です。
社会問題をテーマとした作品を多く持ち、RHYMESTERの宇多丸との作品「キ・キ・チ・ガ・イ」等有名な作品も多くリリースしています。

KGDR(キングギドラ)の名曲

大掃除

1995年リリース。アルバム『空からの力』に収録されている一曲で、全曲捨てがたい中でも、アルバム中では人気の一曲です。

公開処刑

2002年リリース。アルバム『最終兵器』に収録されたこの曲は、痛烈なディスソングとして、今なお語り継がれている一曲です。この曲でヒップホップにおける「ディス」というものを知った方も多いのではないでしょうか。

ジェネレーションネクスト

2002年リリース。こちらも『最終兵器』に収録され、シングルとしてもリリースされている一曲。窪塚洋介主演の東映系配給映画「凶気の桜」の主題歌にもなった曲です。

911

2002年リリース。アルバム『最終兵器』に収録。この曲のリミックス「911(Remix)」は「ジェネレーションネクスト」と同日リリースとなった曲で、2001年9月11日、ニューヨークで起こった「同時多発テロ」をテーマにした一曲です。

UNSTOPPABLE

2002年リリース。シングル「F.F.B.」と同時発売のシングル。収録曲「ドライブバイ」は抗議を受けたため、一時販売停止になったことも話題になりました。