飛躍的な活躍をみせるバレエダンサー清水健太のプロフィールを紹介!

高さのあるジャンプと、日本人離れしたスタイルで見るものを魅了するバレエダンサー清水健太さんについてご紹介いたします。彼の魅力から、動画までまとめてお届けしますのでぜひご覧ください。

イケメンバレエダンサー

アメリカの女性キャスターが、「英国のジョージ王子がバレエを習い、その楽しさにはまっている」というニュースに嘲笑的であったとして、大きな問題となったことがありましたが、彼女はきっと知らないのです。男性バレエダンサーたちがいかに美しく、いかに紳士的で、そして頭脳明晰なのかを。バレエを習うということは、そんな男性バレエダンサーに近づこうと努力していくということ。そこには一つも笑える部分なんてありません。渦中の女性キャスターは、多くの批判を受け謝罪したそうですが、私は、彼女のような人がいなくなるように、「バレエダンサー」と呼ばれる人々の魅力をご紹介していきたいと思います。

清水健太さんのプロフィール

出身地:大阪
生年月日:1984年 35才
出身スクール:ソウダバレエスクール
留学先:英国ロイヤル・バレエ学校
憧れのダンサー:マルセロ・ゴメス ヨハン・コボー

こちらは、清水さん憧れのマルセロ・ゴメスがドロテ・ジルベールと踊る動画。清水さんがいくつかのインタビューで述べられているように、サポートする手つきが優しく、女性ダンサーの支え方がとても上手だということがよくわかりますね。一緒に踊っている女性がとにかく心地よさそうなのも印象的です。

こっちはヨハン・コボーが、長らくパートナーとしてともに踊ってきたアリーナ・コジョカルをサポートする自身の視点から撮影した動画。サポートされる女性が、どれほどにコボーを信頼し、コボーとともに踊ることを幸福だと感じているかよくわかりますね。

清水健太さんの経歴

1994年:10歳でバレエをはじめる。ソウダバレエスクールに所属し、宗田静子や原田高博、夏山周久らに師事した。
2000年:16歳でローザンヌ国際バレエ・コンクールに出て、スカラーシップ賞とコンテンポラリー賞を受賞。
2000年~2001年:英国ロイヤル・バレエ学校に留学。在学中にバーミンガム・ロイヤル・バレエ団で『リーズの結婚』に出演。
2002年:札幌で開催されたユース・アメリカ・グランプリで1位を受賞し、ニューヨーク開催の本戦では銀賞を受賞。その年に、マイアミ・シティ・バレエ団に入団。
2004年:ソリストに昇格
2006年:プリンシパル・ソリストに昇格。『ドン・キホーテ』、『コッペリア』、『ジゼル』、『白鳥の湖』、『シンデレラ』などで王子などの主役を踊り、バランシン振付の『テーマとヴァリエーション』などでその踊りの幅を広げた。
2007年:マイアミ・シティ・バレエ団退団。その年の7月に日本のKバレエカンパニーで『ドン・キホーテ』に主演。9月にはジュニア・プリンシパルとして入団し、12月にはプリンシパルに昇格した。また、同じ年にたけしの誰でもピカソに出演し、『ラプソディ』を披露したことで、バレエファン以外の間でも名を知られるように。

清水さんが「憧れ」と述べておられたマルセロ・ゴメスやヨハン・コボーのように柔らかで優しいサポートに魅了された方は多く、この番組をきっかけに「バレエをみるようになった」という方もいたのだとか。

2009年:アメリカのロサンゼルスバレエ団のゲストプリンシパルに。ボストンバレエ団プリンシパルダンサーの倉永美沙、ペトラコンティ、シュツットガルトバレエ団プリンシパルダンサーのエリサバデネスをゲストとして迎えた際のパートナーとなっている。この関係は現在も継続中。

倉永美沙さんとの息はぴったり!やはり、優しく、自身が前に出ないサポートがとても魅力的です。
2011年:アメリカコロラド州のナショナルバレエデンバー主催のガラ公演に佐々部佳代と一緒にゲスト出演。
2018年:バレエ協会埼玉主催の第30回記念公演において『バレエファンタジー』で自ら再演出、改訂をし、酒井はなを相手に主演も務めた。

現在も、ロサンゼルスバレエ団のゲストプリンシパルとして活躍しながら、様々な舞台に立ち、講師なども務めながら振付けもし、さらなる飛躍を続けている。

奥様はダンサーで息子さんが二人

幸せそうな家族ですね!!息子さんはお二人ともバレエをなさっているそうですよ。

清水健太さんの魅力をバレエ経験者が解説

サポートが上手なことを、清水さんの魅力としてご紹介して参りましたが、もちろん、清水さんご自身のバレエも素晴らしいのです!この動画を見て頂けばわかるように、高いジャンプ!そしてその後の着地の柔らかいこと!ジャンプしたのではなくて浮かび上がったのではないかと思ってしまいますね。また、力みなく何回転もしてしまうピルエットにもため息が出てしまいます。

清水健太さんの魅力が伝わる厳選動画

くるみ割り人形の王子

大きなジャンプも小さなジャンプも、力みなく軽やかに行えるところと、王子らしいノーブルさが魅力的ですね。

グランパクラシック

サポートがとても上手!バレエに詳しくない方でも、女性が心地よさそうに踊っていることが良くわかりますね。

まとめ

清水さんは、いくつかのインタビューで、コンテンポラリーなどの今まで踊ったことのないような作品にも挑戦したいと述べられていました。楽しみですね!