R&B界の黄金カルテット「フォー・トップス」のおすすめ楽曲20選!

アメリカのR&Bコーラスグループフォー・トップスについて、プロフィールや経歴、おすすめ楽曲を含めてご紹介します。


「I Can’t Help Myself」などの名曲をこの世に放ったアメリカのR&Bコーラスグループ「フォー・トップス」。1990年にロックの殿堂入りを果たし、伝説的なグループとなった彼らの経歴やプロフィール、おすすめ楽曲を含めてご紹介します!

プロフィール


https://www.facebook.com/photo?fbid=10156636914988918&set=a.10150505012363918
フォー・トップス(Four Tops)はアメリカのR&Bコーラス・グループです。結成時はフォー・エイムズというグループ名で活動していましたが、1956年に現在のフォー・トップスに改名し、デビューしました。1960年代「I Can’t Help Myself」などのヒット曲を生み出し、1990年にロックの殿堂入りを果たしました。また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第79位、リード・ボーカルのリーヴァイ・スタッブスが「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第52位にランクインするなど、絶大な人気を誇り、現在でも語り継がれています。1999年にはヴォーカル・グループの殿堂入りも果たしています。力強く、バランスの整ったコーラスが魅力的で、世界中にファンを抱えています。

経歴

1964年:『Four Tops』リリース
1965年:『Second Album』リリース
1966年:『Four Tops Live』『Four Tops On Top』リリース
1967年:『Reach Out』『On Broadway』リリース
1968年:『Yesterday’s Dreams』リリース
1969年:『Four Tops Now』『Soul Spin』リリース
1970年:『Changing Times』『Still Waters Run Deep』リリース
1971年:『The Magnificent 7』『The Return of the Magnificent Seven』『Dynamite』リリース
1972年:『Nature Planned It』『Keeper of the Castle』リリース
1973年:『The Best of the 4 Tops』『Main Street People』リリース
1974年:『Meeting of the Minds』『Live & in Concert』リリース
1975年:『Night Lights Harmony』リリース
1976年:『Catfish』リリース
1977年:『The Show Must Go On』リリース
1981年:『Tonight!』リリース
1982年:『One More Mountain』リリース
1983年:『Back Where I Belong』リリース
1985年:『Magic』リリース
1988年:『Indestructible』リリース
1995年:『Christmas Here with You』リリース

おすすめ楽曲20曲

  1. I Can’t Help Myself
  2. It’s The Same Old Song
  3. Loving You Is Sweeter Than Ever
  4. Reach Out I’ll Be There
  5. Baby I Need Your Loving
  6. Standing In The Shadows Of Love
  7. Back To School Again
  8. Still Water (Love)
  9. Where Did You Go
  10. Ask The Lonely
  11. When She Was My Girl
  12. Nature Planned It
  13. 7 Rooms of Gloom
  14. Are You Man Enough?
  15. Walk Away Renee
  16. Keeper Of The Castle
  17. Midnight Flower
  18. I Believe in You and Me
  19. If I Were a Carpenter
  20. I’ll Turn To Stone

I Can’t Help Myself

フォー・トップスが世界中に知られるきっかけとなった楽曲「I Can’t Help Myself」。全米ポップとR&Bの両チャートで見事1位に輝きました。

It’s The Same Old Song

代表曲「I Can’t Help Myself」に続く楽曲「It’s The Same Old Song」。当時1日で300枚のレコードを手作業で制作したそうです。ポップで明るい楽曲です。

Loving You Is Sweeter Than Ever

スティーヴィー・ワンダーとの共作「Loving You Is Sweeter Than Ever」。ソウル・チャートで最高位12位を獲得し、当時の最大のヒット曲となりました。

Reach Out I’ll Be There

各国でトップ10入りするなど世界的ヒット曲となった「Reach Out I’ll Be There」。力強さが伝わってくる楽曲となっています。

Baby I Need Your Loving

タイトル通り「あなたの愛が欲しい」と歌った楽曲。歌詞、メロディ共に評価が高く、多くのアーティストによってカバーされています。

Standing In The Shadows Of Love

愛を失った悲しみを歌った楽曲「Standing In The Shadows Of Love」。悲しみを歌っているにもかかわらず、聞いているだけで元気になれる楽曲です。

Back To School Again

アメリカのミュージカルコメディ映画『Grease 2』内でも使用されている楽曲「Back To School Again」。学校に行きたくなってしますうよな曲調です。

Still Water (Love)

モータータウン・レコードのソングライターFrank Wilsonのプロデュースによって誕生した楽曲です。心地よいメロディラインが心に染み渡ります。

Where Did You Go

R&Bチャート9位になるほどのの大ヒット曲「Where Did You Go」。しっとりした男性の声に癒しすら感じられます。

Ask The Lonely

上で紹介した「Where Did You Go」のカップリングとして収録された1曲。バックに流れる女性コーラスが綺麗ですね。

WRITER
WZM