3世代に渡る伝説的バンド「クール・アンド・ザ・ギャング」のおすすめ楽曲20選!

ニュージャージーで結成されたジャズ・ファンク・グループ「クール・アンド・ザ・ギャング」について、プロフィールや経歴、おすすめ楽曲を含めてご紹介します。


結成当初はリード・ヴォーカルがおらず、ファンクを中心としたバンドでしたが、1970年代末にJTテイラーがリード・ヴォーカルとして加入して以降、ヒット曲を連発したクール・アンド・ザ・ギャングについて経歴やプロフィール、おすすめ楽曲を含めてご紹介します!

プロフィール

クール・アンド・ザ・ギャングは、1964年にニュージャージーで結成されました。初期メンバーは、ロバート・クール・ベル(ベース)に、兄弟のロナルド・ベル(キーボード)、ジョージ・ブラウン(ドラム)、カーティス・ウイリアムス(キーボード)、チャールズ・スミス(ギター)です。ジャズ曲からファンクまで数多くの楽曲を生み出し、長年に渡って世界中のファンから支持を得ています。
1979年にフュージョン界からプロデューサーにデオダード、専任のリード・シンガーとしてジェイムス・JT・テイラーが加入しました。さらに1987年、元ダズ・バンドのスキップ・マーティンが加入し、さらなるヒット曲を生み出しています。

経歴

1970年:KOOL AND THE GANG リリース
1971年:Live At The Sex Machine リリース
1971年:The Best Of Kool & The Gang リリース
1971年:Live At PJ’sリリース リリース
1972年:Music Is The Message リリース
1972年:Good Times リリース
1973年:Wild And Peaceful リリース
1974年:Kool Jazz リリース
1974年:Light Of Worlds リリース
1975年:Kool & The Gang Greatest Hits リリース
1975年:SPRINT OF THE BOOGIE リリース
1976年:Love And Understanding リリース
1976年:Open Sesami リリース
1976年:Behind The Eyes リリース
1978年:The Force リリース
1978年:Everybody’s Dancin’ リリース
1979年:LADIES’ NIGHT リリース
1980年:CELEBRATE! リリース
1981年:Something Special リリース
1982年:As One リリース
1983年:IN THE HEART リリース
1984年:EMERGENCY リリース
1986年:FOREVER リリース
1988年:Everything’s Kool & The Gang リリース
1989年:SWEAT リリース
1993年:UNITE リリース
1994年:The Best Of Kool & The Gang 1979-1987 リリース
1996年:STATE OF AFFAIRS リリース
2001年:Gangland リリース
2004年:The Hits Reloaded リリース
2007年:Still Kool リリース

おすすめ楽曲20曲

  1. N.T.
  2. Who’s Gonna Take The Weight
  3. Jungle Boogie
  4. Funky Stuff
  5. Summer Madness
  6. Ladies Night
  7. Get Down On It
  8. Cherish
  9. Fresh
  10. Victory
  11. Hollywood Swinging
  12. Sexy (Where’d You Get Yours)
  13. Raindrops
  14. Too Hot
  15. Let’s Go Dancin’ (Ooh La La La)
  16. Special Way
  17. September Love
  18. Joanna
  19. Open Sesame
  20. Celebration

N.T.

ブレイクビーツのルーツとも言われている名曲N.T.。聞いて良し、踊って良しのクールな1曲です。

Who’s Gonna Take The Weight

アルバム『Live At The Sex Machine』からWho’s Gonna Take The Weight。イントロからすでにカッコ良さが滲み出ています。曲中のあらゆる箇所でサンプリングされているそうです。

Jungle Boogie

1973年にリリースされたアルバム『Wild And Peaceful』に収録されている1曲。ナイトクラブで非常に人気があり、後のアルバム『SPRINT OF THE BOOGIE』には、インストゥルメンタルバージョンの曲が収録されました。

Funky Stuff

初めてのTOP10入りとなったFunky Stuff。ファンキーな曲調が人気を呼び、クール・アンド・ザ・ギャングの名前が知れ渡るきっかけとなりました。

Summer Madness

1974年リリース『Light Of Worlds』のアルバムに収録されたジャズ曲。夏の夕方に聴きたくなるそんな1曲です。

Ladies Night

1979年リリースのアルバム『LADIES’ NIGHT』に収録され、イギリスで初めてのヒットとなった楽曲です。イギリスのシングルチャートで9位まで達しました。ラジオの定番曲。

Get Down On It

アルバム『Something Special』収録の楽曲。新リードボーカルにJ.Tテイラーを迎えた心機一転の楽曲でもあります。ソウル部門で4位、ポップ部門で10位、ディスコ部門で3位を記録するほどのヒット曲です。

Cherish

1984年にリリースされたアルバム『EMERGENCY』に収録されているCherish。1980年代最大のアダルトコンテンポラリーチャートヒットソングとして評価され、結婚式の定番曲になるほどロマンチックな楽曲になっています。

Fresh

アルバム『Emergency』に収録されている楽曲です。思わず体を揺らしたくなる曲調で、こちらも人気のファンクミュージック。

Victory

アルバム『FOREVER』に収録されている楽曲「Victory」。クール・アンド・ザ・ギャングがポップ路線へと介入した代表的な1曲でもあります。

WRITER
WZM