おしゃれなジムシューズコーデ10選!選び方やおすすめブランドも

ジムでのトレーニングで活用するシューズと、ジムウェアコーデについて紹介いたします! シューズの選び方、オススメブランド、ジムウェアコーデ10選と幅広くご紹介していきます。


健康志向が高まる昨今において、トレーニングの需要も高まる現在、トレーニングジムを利用する方も増えていると思います。

その中で「ジムって何を着ていけばいいの?」という疑問から、今回はジムでオススメのシューズにスポットライトをあてて、シューズの選び方や、オススメブランド、おすすめコーデなどをご紹介していきたいと思います!

  1. ジム用シューズの選び方
  2. ジムシューズオススメのブランド
  3. おしゃれなジムウェアコーデ 10選
    1. 【メンズ】オールブラックコーデ
    2. 【メンズ】Tシャツコーデ
    3. 【メンズ】Tシャツコーデ②
    4. 【メンズ】タンクトップコーデ
    5. 【メンズ】タンクトップコーデ②
    6. 【レディス】ピンクカラーコーデ
    7. 【レディス】タンクトップコーデ
    8. 【レディス】タウンユースコーデ
    9. 【レディス】タウンユースコーデ②
    10. 【レディス】ダンサーコーデ

ジム用シューズの選び方

軽量なもの

どの運動においても当てはまると思いますが、「軽量なシューズ」は動きやすさに直結しますし、初心者向けとしてまずオススメしたい項目です。

軽量な分、素材も柔らかいものが多かったりするので足への負担も軽減されるというメリットもあります。ただし、素材によっては簡単に型崩れを起こしたり、壊れやすかったりするというデメリットもありますので、購入するときは大手の信頼できるメーカーやブランドのものを選んでおくと良いと思います。

(ダンス用シューズでは「重みがある方が好み」という意見もあるので、状況によっては好みが分かれることも)

足の負担が少なくフィットするもの

「軽量なシューズ」に直結しますが、購入の際、実際に試着できる方は「自分の足に合うかどうか」を入念にチェックしましょう。

当たり前の話なのですが「ジム」という限定的な室内で、中長期的に使うため、できれば無理なく長く使えるものを選ぶ為にもこの「フィット感」というのは意識しておきたいポイントです。

通気性・速乾性があるもの

こちらも他の項目に関連しますが、良い通気性や速乾性を備えたシューズは、トレーニングを快適なものにします。

足の蒸れや熱を持つことは足の負担につながりますし、「シューズを洗いたい」となった際に速乾性があれば、手入れも楽になります。

これは軽量なシューズには多く兼ね備えている機能だったりするので、購入の際はこのポイントを一応チェックしておきましょう。

シーン(状況)にあったシューズを選ぶ

ジム用シューズと言っても、ジムには様々な設備が整っていて、トレーニングによって適したものも変わってきます。

その中には、

①ウエイトトレーニングやマシンで行うトレーニング用途
②ダンス・エアロビクスのようなスタジオでの運動用途
③トレッドミルなどを使ったランニング等の用途

などがあり、

①の場合はフィットネスシューズ
②の場合はダンスシューズ
③の場合はランニングシューズ

がオススメです!ネット通販など試着が厳しい方は、こういったポイントを押さえておくと良いと思います。

それでも「選ぶのが難しい!」という方は、①のフィットネスシューズの人気ラインを購入するのがオススメです!

ジムシューズオススメのブランド

ナイキ

言わずと知れたスポーツブランドの大手であるナイキは、品質・デザイン・信頼度、どれにフォーカスしても優れている面が多く、バリュアブルなものから、リーズナブルなものまで多くの品ぞろえを持っているのも特徴です。トレーニングシューズの品ぞろえもありますし、好みのスニーカーでトレーニングをするのもまた乙な選び方かもしれません。

アディダス

ナイキと肩をならべるスポーツブランドといえばアディダスです。「フットブースト」というあらゆるトレーニングに汎用性を持つシューズから、「ウルトラブースト」といった熱をコントロールするランニングシューズまでユーザーのニーズに答えるラインナップが用意されています。

ニューバランス

歴史のあるランニングシューズのブランドとしても有名なニューバランスは、ランナーと関わりの深い背景からも察せる通り、トレーニングシューズとしての品質はとても良いです。また、カラーリングやデザインもワンランク上を行くものが多く、男女問わずオシャレなトレーニングシューズを求める方にはおすすめしたいブランドです。

おしゃれなジムシューズコーデ 10選

オールブラックコーデ

胸元のナイキのロゴが一段と光るTシャツが特徴的な、全身ブラックコーデです。その中でも、シューズで色味の変化が付けられたより一層オシャレなジムウェアコーデです。

Tシャツコーデ

シンプルかつタイトなTシャツコーデです。シューズにはコンバースオールスターが起用され、カジュアルさも感じられる大人なスタイリングです。

Tシャツコーデ②

人気のブランド、ヴァンキッシュ・フィットネスの上下に、ホワイトカラーがアクセントで付け加えられた爽やかなスタイルです。キャップやソックスがナイキで統一されているのもとてもオシャレです。

タンクトップコーデ

バーガンディーカラーを基調としたスタイリングで、全体的に統一感がありつつ、KITHといったユースカルチャー、ストリートカルチャーも感じられるブランドをセレクトした、オシャレ度が一層高いコーデです。

タンクトップコーデ②

全体的にフィット感があり、体の絞られたラインが見えるタンクトップコーデです。カラーリングのアクセントもあり、ペプシのタンクというラフさもありの、タイトでありながらカジュアルさも併せ持つ上級者のコーデです。

ピンクカラーコーデ

ピンクとブラックの2カラーがポイントの統一感のあるコーデです。キャップから上半身の爽やかさと、下半身からシューズにかけてのクールさのバランスが絶妙なスタイルです。

タンクトップコーデ

こちらはVanquish Fitness Womenのロゴが光る、タイトなタンクトップのコーデです。露出度も高めな分体のラインが出せるので、モチベーションの面でもピックアップできるスタイルです。

タウンユースコーデ

シンプルかつスポーティなスタイリングで、色味も落ち着いたコーデです。モデルさんのように、上に一枚ライトなトップスを羽織ることでタウンユースなスタイルとしても活用できるオシャレなコーデです。

タウンユースコーデ②

こちらはトップスでレザージャケットを採用した、クールなタウンユースジムウェアコーデです。またトップスの黒に相反する、ナイキのスニーカーの白さがまたオシャレです。

ダンサーコーデ

全体的にカジュアルなスタイリングで、「ラフさ」や程よい「ユルさ」が欲しい方にもオススメできるコーデ。ジムの中でも、ウエイトトレーニングやマシンでのトレーニングではなく、スタジオで行う「ダンス系」フィットネスの用途が多い方にもオススメです。

おわりに

ジムウェア、ジムトレーニングシューズについてお送りしました。今回ご紹介したシューズの選ぶ際のポイントをいくつか参考にしていただいて、足に無理のない、且つオシャレなジムトレーニングライフを送っていただけたら幸いです!