今がヒップホップシーンの節目。今後のシーンに必要なこととは?CRAZY A × KURO THE ROCK × スナフキン スペシャル対談


リアルなヒップホップとは

STAFF
逆にどんな人がリアルに見えるんですか?

CRAZY-A
本当のリアルな奴っていうのはただの街の兄ちゃんだと思うよ。
有名な奴とか、そんなんじゃないと思う。
リアルな奴は、普通に昼間働いて空いた時間にフリースタイルやってラジカセ持って街でやって、それが本当のストリートアーティスト。
名もなき奴等が本当は1番偉い。そいつ等がヒップホップを支えてる。
だから俺はヒップホッパー、BBOYっていうのは職業にしなくていいと思うんだよね。
逆に職業にしちゃうと金の世界の奴等に負けちゃうんだよ。
街の兄ちゃん1人1人がリアルで、それが集まった時に1番強くなれると思うんだよね。
どんな権力にも負けない。その1人1人のBBOYが集まった時、、それが多分「BBOY PARK」だと思うんだけど、それが1番最強なんじゃないかな。と俺は思う。

スナフキン
生き方みたいなとこですよね。
最近若い子がやめるとかやめないとか言う子が多いんです。
“ラップやめる”とか”ヒップホップやめる”とか若い子に言われて、やめるってなんだろうな。って、そもそも生活の中の一部なのに、なんでやめる?って思う事がありますね。
“自分もうやめたんです”って言われて、でもヒップホップ聞いてるとか言ってて、やめてねーじゃん。みたいな。

一同
(笑)。

CRAZY-A
俺も散々聞いたよ。俺やめたって。
けど全然やめてねーじゃん。みたいなやついるよね。そんなもんだよ。
まぁ本当にやめちゃう奴もいるけどさ。仕事忙しくてとか。

STAFF
スナフキンさんでいうと、ヒップホップが好きでBBOYやって、怪我してできなくなったから今度はラップやって。
普通だったら、怪我してやめちゃいそうですけど、そういう事なんですかね。

スナフキン
そうですね。たまたまなんですけど。
好きだったし。っていうのもあって。

CRAZY-A
やっぱ理想だよね。

スナフキン
もちろんダンスも好きですけどね。たまに見たりするし。

CRAZY-A
ダンスがダメだったらラップもあるし、そういう所が良いよねヒップホップのカルチャーっていうのは。
絵を描く奴もいれば。

STAFF
全体で見えてる人はシーンでは少ないと思います。

CRAZY-A
そうだね。
大枠全部を楽しめてる人っていうのは意外と少ないんじゃないかな。
そこは昔も今も人口はあんま変わってない気がするけどね。

KURO THE ROCK
まぁヒップホップの枠もどんどん増えて、さっき言ってたように4大要素だけじゃないっていうのはありますね。
MPCのプレーヤー、ビートボックスもそうだし、スケーターとかもそうだし。
どんどんカテゴリーが増えてる状態なんで、基本は4大要素だと思うんですけどそこから膨れ上がって楽しみ方は無限大になってると思う。
ただそこを見れてない子達も多いのかなとは思うんですけど。

CRAZY-A
ヒップホップって言ってもいっぱいあるからね。

STAFF
スナフキンさん的にシーンに対して思う事ってありますか?

スナフキン
ダンスやっててラップしてる人も今出てきてますよね?
俺は、ダンスをしてた方がラップは上手くなると思うんですよ。
ビートに対してのアプローチが。リズム感なんでラップも。
ダンスしてる奴とかのラップってリズム感があってちゃんと軸があるので、もしかしたらやっといた方がいいんじゃないかなって俺は思ったっすね。
俺はそういうつもりでやったわけじゃないんですけど。

KURO THE ROCK
やっぱこの前の「BBOY PARK」のスナフキンのMCバトルの2枚使いの反応がピカイチだったからね。
ダンスやってたからみたいな感じで言われたくないかもしんないけどあれはそっからきてるもんなのかな。って思った。

スナフキン
ブレイクダンスって音をはめたりとか良い所がありますよね。

CRAZY-A
一緒だもんな。

スナフキン
一緒っす!本当に一緒っす!
むしろ俺はそこに最初食らったんですよブレイクダンスってすげーなって。
踊ってて即興じゃないですか?
で、ビートに対して踊ってフリーズしたりとかがあるからそこがすごく良くて。

CRAZY-A
まぁDJもそうだしさ、ルールは一緒なんだよね。ハートの部分は違うんだけど、感じる所はすごく一緒で。
だから4つをやった方がいい。って俺は言ってるの。 

スナフキン
絶対そうだと思いますね。

CRAZY-A
全部繋がってるから、そこが分かると本当楽しい。
今ダンスだけやってる人とかラップだけやってる人とか、まぁDJとラップは近いとこにあるけどね。DJとダンスとか。
ただラップとダンスがまだ繋がってないから、そこが繋がると楽しみ方が広がるんじゃないかなと思う。

KURO THE ROCK
「BBOY PARK」のMCバトルはもちろん見てたんですけど
MCバトルを2005年位にたまたま見る機会があって「BBOY PARK」のリングの上でやってた時とはレベルも変わってて、これはすごく面白いな。と思って、そこでブレイキンのバトルに近いモノをすごく感じました。

このMCバトルのシーンとBBOYバトルのシーンが一緒にやれないかなー。って考えてて、10年前位に自分でイベントを開催した時に、BBOYバトルを中心にして、MCバトルもエキシビジョンっていうカタチではあったんですけどそういうのもやったりして、BBOYとMCっていうのがもうちょい近い状態にできたらなとずっと考えてて。
で、スナフキンみたいなのが現れて、つなぎ役になるというか。
元々BBOYで踊ってて今はラップもすごいわけじゃないですか?
そこでいろんな人を繋げられるっていうのもあると思うしもちろん今MCとして優勝しまくってすごい状態だと思うんでそこは自分のやる事をどんどんやってってほしいとは思うんですけども。

そういう事をずっと考えて今まで来て、イベントもやってるんですけど、自分が動いて、MCとブレイキンとか、DJもグラフィティももちろん集めて、ごちゃ混ぜにしてヒップホップのカタチというか基本の4大要素っていうのを集めれるようなイベントなりをやっていきたいなと思ってますね。

STAFF
その方がイベント自体も楽しいですよね。

KURO THE ROCK
元々ヒップホップの4大要素が違うベクトルで進んでるってすごく感じてたんでそこをもっと集めたい。

そこでやっぱり「BBOY PARK」がすごいなって思うのが、そういう人達が自然に集まってくる。
俺がやるってなったら、とりあえずいろんな人に声かけて、やっと集まるみたいな感じなので。
もっと自然に集まってできるのが本当にヒップホップだと思う。

CRAZY-A
子どもにとにかく教えないとダメだよね。
なるべく低年齢化させてそれこそくだらない事は20歳で卒業して、大学行ってからストリートダンス始める奴はもうダメね。

STAFF
結構な人、否定されちゃいますけど(笑)。

一同
(笑)。

CRAZY-A
多分ね、あんまり世の中のためにはならないと思う。
大学生は勉強してちゃんと就職しろ。っていうね。
なるべくガキの頃にこの遊びをやってほしい。

俺はね、20歳過ぎてから始めちゃったからすごく悔しくて、これを子どものうちにやっとけば、20歳位の時はもうバリバリできるレベルになっててさ、それからだと思うんだよね。
ラッパーになるにしてもダンサーになるにしてもそう。
BBOYはとにかく10代のダンスだから、
大人になったらもういくらまでもできないよね。激しすぎるし。
だからBBOYは20歳で引退って思ってやってた方がいいよ。
ヒップホップはラップもあるしDJっていう職業もあるしいろいろできるわけだけだから。
幼い時からいろいろやっとくのがいいよね。

グラフティに関してもなんだけど、みんな難しく考えすぎてて、グラフティの元々は、ただ自分の名前をカッコよく書くだけのことだから。
それをあちこちいたずら描きしたっていうのが基本的なことだから自分の名前をカッコよく書くっていう事、いっつも習慣づけるというか。そういう小さい事だけど、ライフスタイルの中にやっていくと、ヒップホッパーになれるというかね。

クラブシーンについて

STAFF
まぁみんなが全体を楽しむ意識があったらクラブとかももっと楽しくなりそうですね。
正直クラブシーン自体は前の方が盛り上がってた印象があります。

CRAZY-A
今、情報はほとんどネットで入ってきちゃうでしょ。
ああいうところは情報を探しに行ったりとか、そういう部分だったと思うから。

STAFF
DJの曲を聴いて。とかじゃないですもんね。

CRAZY-A
ダンスの技でもちょっとググれば出てきちゃうから、なかなか外に出て行かないよね。

KURO THE ROCK
けどブレイキンのシーンで言えば、僕の周りだけなのかもしれないですけど、ヒップホップを好きな奴っていうのがすごく増えてて、例えば世界大会で優勝したISSEIもヒップホップが好きだったり。
ヒップホップに興味を持ってる子達っていうのは昔よりいるなーって印象はすごい強いです。
ただやっぱり知らないクラブに行けないというか、自分達の知り合いがいない所にポンッとは行けない。っていうのがあると思うんで、そこで好きなのに行けないから繋がらないっていう状態になってるのかなって。

CRAZY-A
クラブは1人で行かなきゃダメでしょ。
それは基本だよ。

KURO THE ROCK
僕も自分が好きな感じのイベントがあったりしたら1人で行っちゃったりします。
それこそMCバトルでスナフキンを見て、あ、BBOYなんだって興味を持って、それでこないだライブとかも見に行ったりとか。

CRAZY-A
1人で行って2人で帰ってくる。

STAFF
ベストですね(笑)。

KURO THE ROCK
残念ながら1人で帰りました(笑)。

CRAZY-A
ダメだな。

KURO THE ROCK
まぁ僕も人見知りなんで、人に話しかけたりはできないんです。
でもきっかけで話してコミュニケーションとって繋がってった。みたいな人達も多かったりします。
まぁ自分達の仲間でいけば怖くないと思う。

CRAZY-A
まぁ仲間で行くのも面白いよね。

KURO THE ROCK 
知り合いがいないから行けないな。っていうのも行けるようになれば興味はあると思うんで広がると思います。
あとはその広がりだけだと思うんで。

STAFF
そうですよね。まったく興味がないわけじゃないですもんね。

CRAZY-A
クラブは女でしょ。
出会い目当てみたいなのも、今はネットのせいで半減してると思うし、やっぱ結構ネットの影響は大きいよね。
だから時代の流れ的にはね、生バンドかなって思ってるんだよね。
今はデジタルがすごく広まっちゃって、もう飽きちゃってるから生バンドに戻ってくるんじゃないかな。って感じはするよね。

STAFF
現場に行く意味がありますからね。

CRAZY-A
そうそう。
例えば、俺の若い頃の先輩世代の時代もさ、ディスコに生バンドが入ってて流行ってる曲とかをカバーで歌ったりするわけよ。
それなんかも結構面白くて、そんなのがまたあれば結構見に行く奴等も出てきたりするのかなって。

KURO THE ROCK
バンドって大変ですよね準備が(笑)。

CRAZY-A
今ターンテーブルがすごくお手軽になっちゃってるから。
みんな家でもできちゃうし。

KURO THE ROCK
そうですね。勝手にBPM合ったりするんですよね。

CRAZY-A
ヒップホップできないんだよね機材が。

STAFF
なるほど(笑)。

CRAZY-A
本来であれば、機材なんかも違う使い方みたいなのするじゃんヒップホップは。
スクラッチでもなんでも。機材ではやっちゃいけない事をやって新しい音を出すみたいな事が今はできないからね。
生バンドだったら見に行こうかなってたまに俺も思うから、そっち系の奴が出てきそうだけどね。

STAFF
そうですね。
生で行く意味が何か1個ないと。っていう時代にはなってくるかもしれないですね。

KURO THE ROCK
なんかヒップホップバンド的な人達が増えてたりするし、レゲエのバンドの人とかでも、ヒップホップがすごい好きで、一緒にやろうよみたいな人達もいたりするんでそれはできる。
あとは準備とかすごくいろいろ大変なんでそこらへんがあるんですけど。

CRAZY-A
時代的に昔、箱っていうと、箱のDJがいて箱にレコードが置いてあってそれを見習いが管理してみたいな。
そんな時代から、ヲタクDJっていうのがどんどん出てきて、昔は家でターンテーブルを持ってるDJなんていなくて絶対お店で回さなきゃいけないっていうのがあった。
家にターンテーブルを持ってるDJが増えてからは、箱にDJたちがゲストで行くようになって箱DJよりヲタクDJの方がうまいもんだからさ、どんどんそっちがメインになってきて、今度は顧客を集めるためにダンスのショーがあって、今度はショーがどんどん増えてきちゃって。
そんな時代がBBOY NIGHTの方だよね。あの頃はそれが走りというか。

そうやって客を集めるようなったって、どんどん流行り、廃って、飽きてきて、ネットでも見れるような時代になってきちゃって、これからどうなっていくのかなー。っていう。
予想はできないけどね。
今はちょっと生バンドとかそういう生モノで集める位しかネタがないかなーなんて思ってるけど。

STAFF
ライブ感というか現場感を出さないとですもんね。
やっぱり生で見ると遥かに良いですもんね。

CRAZY-A
DJプレイ聴くだけだったらネットでピートロック(Pete Rock)かなんか見てた方がいいよ(笑)。
外人の有名な奴等も出てるし、家で飲んでた方がいいやって。
ナンパもしねーし、音楽も家で聴けるなら出ないよね。
なんなら女の裸も見れちゃうもんね。

STAFF
それもネットですね(笑)。

CRAZY-A
そういうのがやっぱすごい影響してるよね。

KURO THE ROCK
クラブの爆音を求めてないですからね。

STAFF
音も今は良いヘッドホンもありますしね。
スナフキンさん的に、クラブがこうなってほしい。みたいなのはありますか?

スナフキン
俺はクラブが流行ってた時、人が円山町らへんにいた時も知ってるし、夜にクラブがいない今も知ってて。
けど自分が出てるMCバトルのイベントには人がいるんですよ。
そこの人達がどうやって流れるのか。

CRAZY-A
イベントじゃないと来ないんだよな。

スナフキン
そうなんですよね。夜は人がいないんですよ。
昼間のイベントには結構人がいるからみんな昼にイベントやるようになっちゃって。
あんまり夜っていうイメージがないんですよね。

CRAZY-A
刺激がないんだよ。面白くないんだよ。

STAFF
それより眠たいが勝っちゃうんでしょうね。

スナフキン
多分そういう感じですね。
あと酒を飲まないですねびっくりする位。
若い奴はすぐ帰っちゃう。

KURO THE ROCK
ブレイキンのバトルとMCバトルに共有点を感じてたのはその辺も似てて
少しスポーツ化してるのかなって。

スナフキン
バトルで1回戦とかで負けてそのまま帰っちゃうみたいな。
そもそも酒飲んでラップできないのはダサいと思うんですよね。

CRAZY-A
俺は飲めない。

一同
(笑)。

スナフキン
なんかアスリートになってるのは嫌だなって。

CRAZY-A
遊びであってほしいよね。

スナフキン
良い意味で遊びだし、遊びじゃない部分もあるんですけど。
なんかガチな感じがしすぎるし、あと若い奴は歴史を知らないヒップホップの。
自分がやってる音楽なのに、それを知らないでやってるのが逆にすごいなーと。
そこで結構対立するというか。

CRAZY-A
そこはかなり違うよね。かなり変わってくるよね。

スナフキン
でも感じるのが、俺等世代がギリギリそれを言ってて俺等もおじさんなのかなって。
そういう事言ってる人と「関係ねー」って言ってぶつかってるのをバトル中にも見るんですよね。
「そんなん知らねー」みたいで勝っちゃう奴もいるから、知らなくていいのか。みたいな(笑)。

STAFF
どっちともとれるっちゃとれますよね。
「そんなん知らねー」がさっき言ったCRAZY-Aさんのヒップホップ精神というか、そういう意味もありますもんね。

CRAZY-A
そうそう。

STAFF
もちろん歴史は大事ですけど。

CRAZY-A
でもただ知識がないで、ただ知らない。って言ってるのはダメですよ。
知って、やっぱそれを超えていかなきゃ。

スナフキン
そうっすね。
知ってるけど、「今そんなん出すんじゃねー。」みたいな精神だったらあり。

CRAZY-A
まぁそれは若いから仕方ないよ。いずれゆくゆく分かっていく事だから歴史は。
その勢いは必要だからそれはそれで。

STAFF
最終的な理想郷というか、どうなってほしい。っていうのはありますか?

KURO THE ROCK
さっきCRAZY-Aさんも言ってたように本当に節目だと思ってて、
それは「BBOY PARK」が今年ラストになる。ROCK STEADY CREWのANNIVERSARYも40周年で終わりになる。
来年からオリンピックになる。高校でブレイキンを教えたりするようになる。MCがメディアにすごい出るようになる。
っていうすごい節目の時期だと思うんで。
僕の想いとしては、メディアに出たりとか、そういうモノを否定はしないというか、さっき言ったように、踊らされないようにうまく自分で踊れるようにしてもらえればどんどん自分の思うようにいってほしいと思います。
一方でMCだったりDJだったりBBOYだったりグラフティだったりっていう基本の4つの要素だったりっていうのが本当にカテゴライズされてくるというか、分かれていく節目でもあると思うんでそこをさっき言ったみたいに、自然に集まれるような場所っていうのが「BBOY PARK」と同じように新しいカタチでできたらすごく良いな。と思っております。
そういうのをスナフキンだったり他のDJとかと一緒につくれたりしたらいいなと。
  
STAFF
それぞれが協力し合わないと難しそうですね。

KURO THE ROCK
そうですね。
いろいろ考えを共有して、なんかそういう価値観の近い奴というかそういう奴等と一緒にできたら良いなと思います。

スナフキン
僕は言える立場じゃないんですけど、4大要素ていうのがあって、「BBOY PARK」っていうモノがなくなるってことは知らなくなる人も出てくるわけだから、継承してる人達がいるうちは何かしらのカタチでやらないといけないと思います。

こないだダンスのイベントに自分はラップで出たんですけど、やっぱり久々にダンスバトルを見てて、KUROさんがMCバトルを見に行った感覚と同じで、やっぱバトルいいな。って思ったんですよ。
すげえガチで先輩と後輩のグループがバトルしてたんですけど、自分は今MCなのでダンスバトルは外から見れて、惹きつけられる魅力はあったんで、やっぱそこはなんかもっと一緒にやれそうな気もするし、やれたらいいなと思うんです。
まあバトルだけじゃないんですけど。

STAFF
お互い尊重し合えたら1番いいですよね。

CRAZY-A
まぁお互い尊重し合わないとバトルもできない。
相手の存在を認めるのも大事ですよ。

BBOY PARKについて

STAFF
KUROさんは「BBOY PARK」が今年で最後っていうのは結構はやく知ってましたか?

KURO THE ROCK
いつだっけ?
去年、一昨年・・・。

CRAZY-A
2,3年前から言ってたよな?

KURO THE ROCK
はい。
聞いた時にまぁどうせ終わんないだろう。みたいに思ってました(笑)。
でも今年は本当に終わるんだなって思って感じたんです。

CRAZY-A
悩んでたの。タンテが使えなくなったから、やっててもしょうがないな。って何年も思ってて。
音はとにかく出せないと思ったからあそこじゃ野外フェスみたいにやるのは厳しいかな。
本当100,200人位でメインステージの前に集まって騒ぐ程度の事は出来ると思うんだけど、昔「BBOY PARK」で盛り上がったみたいには今後おそらくできないと思うから。

それこそサイバーエージェントとかに金出させてみんなギャラもらって、やればいいんじゃないの?

一同
(笑)。

CRAZY-A
まぁヒップホップ好きの企業がこれからどんどん出てきてくれればやりやすくなるもなるんだろうし。

STAFF
企業のバックアップがは必要かもしれないですね。
最後に「BBOY PARK」への意気込み・・・って感じでもないですよね?

CRAZY-A
最後だからすごい事をやろうみたいな感じはないんだけども、やっぱり「BBOY PARK」に来る人っていうのは、想いが強い人が多いと思うし、なるべく充実できるような最終回にはしたいと思うけどね。

STAFF
アーティストは非公開のままですか?

CRAZY-A
今のとこ非公開のままだけど。
ライムスター、BUDDHA BRANDは出るし、DABO、Kダブシャインも来るし。

STAFF
お!このタイミングで発表ですね。

CRAZY-A
順番は発表できないんだけど、
ホコ天が13時スタートだったから基本は13時から。

スナフキン
終わりが20時でしたっけ?

CRAZY-A
20時にはもう完全音止めないと。
21時には完全撤収。

スナフキン
昔ずっとやってましたよね。

CRAZY-A
あの時は相当怒られた。

一同
(笑)。

CRAZY-A
今年は飲食関係も結構でるし、充実してると思うよ。
土曜日はパネルディスカッションもやるしね。

STAFF
それこそ若い子にきてほしいですね。

KURO THE ROCK
ブレイキンやってる子だと、「BBOY PARK」に出る!っていう子ももちろんいっぱいいるんですけど、少し離れてるBエリアなので、そこでバトルして友達としゃべって帰るみたいな子達も多いと思うんですよね。

CRAZY-A
そうなんだよね。向こう側に誘導しないといけないよね。

KURO THE ROCK
そうですね。なんかステージで面白いことやってるわけだし、
他でも何かが起こってるわけだし、そういうのを楽しんでほしい。

CRAZY-A
せっかく4つの要素を出してるから一通り見てほしいよね。
今年は子ども向けのふわふわスペースみたいなのも出るからお子さん連れでも大丈夫なように。

STAFF
そうですね。最後の「BBOY PARK」楽しみにしています。
本日はありがとうございました!


【詳細】
イベント名 : BBOYPARK
日時 : 2017年8月18~20日
BBOYバトル@代々木公園Bエリア
パネルディスカッション、アーティストライブ@代々木公園屋外ステージ
スプレーカンライブペイント@代々木公園イベント広場
HP : http://www.bboypark.com/