一日でダンスの世界ツアーが体験できる!?DANCE EARTH PARTY独占インタビュー


EXILE ÜSAの想いのもと集まったEXILE TETSUYA、Dream Shizukaの3人からなるDANCE EARTH PARTY。
彼らが10月14、15日の2日間にかけて、幕張海浜公園中央広場にてダンスフェスティバル「DANCE EARTH FESTIVAL 2017」を開催する。

「DANCE EARTH FESTIVAL 2017」
http://www.danceearthfestival.com/

“ダンスでアースをハッピーに。”をテーマ今年も世界中のダンスをまるで旅行しているかのように体験できるという当イベント。
豪華なラインナップに加え、世界のダンスワークショップ企画「WORLD DANCE SCHOOL」やDJ、生バンドの演奏などもあり、ファンのみならずダンス好きなら誰でも楽しめる内容となっている。
今回Dewsではそんなダンスフェスティバルの仕掛け人でもあるDANCE EARTH PARTYにインタビューすることに成功。
彼らのダンスについての想いやイベントの見所や楽しみ方など気になる質問を投げかけた。

STAFF
LDHのグループの中でも特にダンスを押していて、熱いこだわりを感じています。
そこまでダンスにこだわる理由はなんですか?

EXILE ÜSA(以下ÜSA)
まずなによりダンスが好きなんですよね。

世界中をダンスで回っていろいろな人と触れ合って、本当に言語の壁を越えて色んな人と交流できたのでそれを日本にも伝えていきたいという想いがあります。

STAFF
キャリアでいうとものすごく長いですけど、飽きや踊りたくないときはないんですか?

ÜSA
たまに体が疲れていて、踊りたくないなと思う時もあるけど、それは今日仕事行きたくないなっていうの同じで、絶対誰にでもあるはずですし、それが生きてるっていうことだと思います。
ですが、ダンスそのものが嫌いになったことはないですね。

STAFF
なるほど。
実は以前にダンスのイベントでお二人をお見かけしまして、積極的にサイファーを作って、その他のダンサーとも一緒になって踊り合っていた記憶があります。
その時、とにかくダンスが好きなんだなーと感じました。

ÜSA
まじっすか(笑)。
酔いが勢いをつけていたと思います。

STAFF
そうかもしれないです(笑)。
とはいえ、酔っぱらった後に起こす行動がダンスなんだなーって思いました。TVで見ている方々がフロアでガッツリ踊っているのは凄く新鮮でした。

ÜSA
アングラのクラブイベントは、以前より踊りに行くっていうのは少なくなりましたけど、仲間から話を聞いたりして、行ける時は見に行ったりします。
やっぱりお酒飲んで音楽聞いて体動くっていうは変わらず、ワンセットかもしれないですね。

STAFF
そこは昔から変わっていないということですね。
TETSUYAさんもたまにお見かけしますが、クラブシーンでダンサーをみていてどんなダンサーに目がいきますか?

EXILE TETSUYA(以下TETSUYA)
そうですね。
昔は、その場所に行かなければ噂で聞いたダンサーに会いに行けなかったし、ダンスも見れなかったんですけど、今は映像でどの国の人のどんなダンスも観れるようになったので、今のダンサーの人の感覚、感性って全然違うんだなっていうのをすごく感じます。

LDHとしても世界展開を目指していて、世界のダンサーだったりアーティストだったりに繋がることが多くなったので、海外のダンサーとも触れ合う機会が沢山ありました。
そういう刺激を沢山もらえるというのはすごくいい時代だなと思うんですけど、その中でも光るダンサーというか、「すごいやつ出てきた!」とかそういうふうに思う時って、技術はもちろんですけど、ÜSAさんみたいに、「本当にダンスが好きなんだろうな」みたいな部分が見えると感じますね。
凄い好きなんだろうなーっていうのが、その人の踊りから伝わってきた時に興味が湧いて、話したくなったり、この人のSNSを見てみようかなとか。

STAFF
なるほど。
SNSなどでも自然と目にする機会は増えていますもんね。
逆にご自分たちでダンスについてこだわっている部分はどこですか?

TETSUYA
例えば、僕は、ÜSAさんの考え方とかにすごく共感するんですけど、ここが違うなと思うのは、理論派なところです。
身体がこう動くからこう動くんだとか、自分の体の動かし方を細かく自分の中に落とし込んでからステージに立ちたいタイプ。クラブとかで踊る時には何にも考えず自由にって感じですけど、ショーを作ったりお客さんからお金をいただいてステージに立つときは、一から十まで決めてないとっていうのはあったりします。

STAFF
ノリ重視ではないんですね。

TETSUYA
そうですね。
マインドが究極まで高まっている時はもう何やってもいいやっていう日もあるんですけど、自分の中ではしっかりと練習してというのがベースにあります。