鈴木おさむ(放送作家)と黄帝心仙人(ダンサー)の初コラボレーションが実現!


劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

株式会社パルコと国際交流基金アジアセンター(以下、アジアセンター)が共同で、日本と東南アジアを代表するストリートダンサーの共演「DANCE DANCE ASIA—Crossing the Movements東京公演2018」(「ダンス・ダンス・アジア ~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ~東京公演2018」)を開催する。

今回の公演はVince Mendoza(ヴィンス・メンドーザ / フィリピン)、黄帝心仙人(こうていせんにん / 日本)、Hamdi Fabas(ハムディ・ファバス / インドネシア)の3氏がそれぞれ振付・演出する3作品で構成されたトリプルビルで、日本、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシアから気鋭のダンサーの出演が決定している。

鈴木おさむ(放送作家)と黄帝心仙人(ダンサー)が初のコラボ

カンヌ国際広告賞をはじめとして前人未踏の23タイトルを自身が振付・出演したユニクロのTVCMで獲得した気鋭のクリエイター、黄帝心仙人の作品『宇宙-Space-』では、 様々なジャンルで活躍中の放送作家 鈴木おさむ氏が脚本を担当することが決定!
鈴木氏は「ダンス作品の脚本という新しい分野にチャレンジすることにワクワクしています。黄帝心仙人のクリエイティビティを余すところなく発揮できる形を作っていきたい。」と、初コラボレーションへの意欲を語っている。

DANCE DANCE ASIAは、舞台芸術の「新しい表現手法」としてここ数年来、高い関心が寄せられているストリートダンスを軸としたパフォーミングアーツ作品を制作するプロジェクト。
プロジェクトの実施を通して、アジア域内の交流促進と新たな文化の創造を目指すべく、2014年にスタートし、2015年から2017年まで東京および東南アジア各地で公演を重ね、国内外の様々なメディアで取り上げられるなど、意欲的な作品発表と文化交流の場は年々注目を集めている。

DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements 東京公演2018 作品概要

公演日程 : 2018年3月23日(金)~3月25日(日)
会場 : 東京芸術劇場 シアターイースト(東京都豊島区西池袋1-8-1)
チケット料金 : 一般3,500円(全席指定・税込)
※ご同伴のお子さまの割引販売がございます。(2,000円/3歳以上小学生まで)
学生2,500円(全席指定・税込)
※大学生・専門学生・中高生の方対象
※当日、入場時に学生証をご提示ください。
※お一人様につきチケット1枚が必要です。
※3歳未満のお子様のご入場はお断りさせて頂きます。
※営利目的の転売禁止。
※車イスでご来場予定のお客様は、ご購入の席番号を公演前日までにパルコステージ宛にご連絡ください。

【チケット発売 / お問い合わせ】
パルコステージTel.: 03-3477-5858(月~土 11:00~19:00/日・祝 11:00~15:00)
http://www.parco-play.com/

Hilatas<君を導く光>
振付・演出:Vince Mendoza (ヴィンス・メンドーザ)(フィリピン)
振付/演出補佐 ドラマトゥルク:Fabien Prioville(ファビアン・プリオヴィル)(フランス)
出演: Bboy Allen (フィリピン)、Bird (シンガポール)、Khenobu (マレーシア)、松田尚子 (日本)、Rhosam V. Prudenciado Jr. “Sickledsam” (フィリピン)、Salt (インドネシア)

この記事をシェアする