EXILE 世界スペクタクルインスタライブ レビュー


ジャンルとしては【HIPHOP】の世界さんもToyotakaさんのように【B-BOYING】の練習をしていたり(トップロック 注3)、世界さんの“ならでは”なシグニチャームーブの新作を目にしたToyotakaさんが、教えを請う場面も。

それはリキッド(Liquid=液状)のムーブで、腕のウェーブを肘で止めてその先をディジッツ(指をバラバラに動かす)にするものでした。「腕をムチみたいにしならせる(世界さん)」のがコツだそうです。#やってみたものの人生には限界がある #トヨさんはするやいなやマスター

↓『海と世界と波』#リキッド

僕はここが好きです笑 #EXILE #FTHEB #FANTASTICS #SEKAI #創作欲 #reiginal #beats @reiginal_official @beatsbydre @seven.official

SEKAI.EXILE/FANTASTICS/FTHEBさん(@exile_sekai_official)がシェアした投稿 –

DJ PremierがMiguelと無邪気にコラボする2017年(『2 LOVIN U』)、もっと少数民に見つかってほしいEXILEのとんがりソング『LET ME LUV U DOWN feat. ZEEBRA & MACCHO(OZROSAURUS)』(※2003年 注4)をToyotakaさんが歌い世界さんが踊り、『シン・ゴジラ』(2016年)がアニメーション(【POPPING】の技術)で2頭現れた頃、翼をさずかっているあのB-BOYも降臨しました!

4時間目『ヒップホップ創世記』講師:B-BOY with H(iphoppers)

深夜3時過ぎ、「行かない」とのコメントをエントリーに、靴下姿のTAISUKEさんが何気なくスワイプ※→エアフレア※→トーマス※でフレームイン(sponsored by Red Bull)!ウインドミル※に翻弄されるToyotakaさんに「頭、浮いてるぞ」と指導もおまけしました。※いずれも【B-BOYING】のパワームーブ(注5)

TAISUKEさんのスポンサーシップ獲得活動やセルフマネジメントの起業は、また新しいストリートダンサーの道を切り拓くものです。レジェンドとは言え、TAISUKEさんはまだ27歳になったばかり。この4時間の巻でも「やっぱTAISUKEさんだな」と人間の大きさに圧倒され、なんだか日の出に向かって走り出したい早朝4時。

James Brown×Yellow Magic Orchestra&KRAFTWERK(他)=Afrika Bambaataa(他)と、ファンク×エレクトロニカ=ヒップホップという変遷を3人が音楽とダンスで辿り、4時間の巻は大団円を迎えました。

本配信では、ダンサーのダンス力は人間力であり、踊り心はまごころであると、改めて感じられました。

有志から有志へと心を音に乗せて、あまりにも広くあまりにも深くあまりにも速く進化しているストリートダンス。来年10月のユース五輪(アルゼンチン・ブエノスアイレス)で【B-BOYING】競技が開催されることも契機として、是非この激動を多くの方と共に楽しんで、応援していけたらと願っています。
文:島津愛子

■EXILE世界インスタライブ with Toyotaka
https://www.instagram.com/exile_sekai_official/

日程:不定期
留意点:
・Toyotaka(田中豊隆)さんは本ライブで「(田中)ヘリヨシ」と呼ばれている
・世界さんから「いたずら」と号令がかかるとToyotakaさんのインスタグラムのコメント欄が「いたずら」で埋め尽くされる慣わしがある
・ストリートダンサー兄さんに「彼女はいますか?」と、彼女の人数ではなく有無を尋ねる時代になった #岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)さん #孤軍奮闘 #対女性イメージ向上革命 #結実
・コメント数が多いため、読まれるには根気が必要 他