『池袋ウエストゲートパーク SONG & DANCE』に出演するイケメンダンサーREO&SORAスペシャルインタビュー


カラーギャングの抗争を描いた石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク(通称:IWGP)』。
若者のカラーギャング集団が続出し、B系、ストリートファッションが流行するなど、社会現象を巻き起こした伝説的作品が、『池袋ウエストゲートパーク SONG & DANCE』と題し、歌とダンスを中心に展開した舞台公演として開催される。

池袋ウエストゲートパーク SONG & DANCE
http://www.geigeki.jp/performance/theater163/

当公演では、池袋西口公園でのダンスバトルシーンがあり、そのメンバーとして若手ダンサーが多数出演する。
今回Dewsでは、当公演に出演を予定しているイケメンダンサーREO(加藤玲大)とSORA(古屋 空)にインタビューを敢行。
気になる舞台のダンスシーンについてや、ダンスシーン以外にも様々な活躍をみせる彼らが目指す先など、初対面である二人による貴重なインタビューは必見の内容となった。

STAFF
本日は、「池袋ウエストゲートパーク SONG & DANCE」にダンサーとして出演する中でも、Dewsでも度々取り上げさせていただいているお二人にお話を聞かせていただきます。
まずはじめにニ人の自己紹介をお願いします。

REO
はい。現在22歳で僕はクランプとブレイキンをやっています。ダンス歴自体は7年くらいになります。

ブレイキンは、学生の頃に組んだFIELD OF SETS、COOLCREWというチームとクランプはTwiggzさんの元でTWIZZLYZ SQUADというチームに所属しています。
あとはCRANECREWという同じ地元で昔から仲間たちとのクルーも組んでいます。
僕は学校が違うので、僕は出ないですが、今年の「DANCE ALIVE HERO’S RIZE」でもファイナリストに上がっている国士舘大学CRANECREWもメンバーです。

STAFF
あのCRANECREWは地元の仲間達なんですね!
あとはDewsでも度々取り上げさせていただきましたが、ジュノンボーイコンテストにも出場されていましたよね?

REO
はい。みんな幼馴染みたいな感じです。
去年のジュノンボーイコンテストでファイナリストになって「銀だこボーイ」賞をもらって、ダンス以外にもお仕事をすることになりました。

STAFF
それをきっかけに芸能事務所に所属したんですか?

REO
はいそうです。
ヴィズミック(Vithmic)っていう事務所が手を挙げてくれて入りました。

STAFF
なるほど。今はダンサーと芸能を両立しているわけですね。
ではSORAさんもお願いします。

SORA
はい。僕は現在高校2年生です。ダンス歴は今年でちょうど10年になります。

主にヒップホップを踊っていて、akihic☆彡さんが主宰するBIG CHEESE company!!とBe Bop Crewの下であるBe Bop Crew Gangに所属しています。

STAFF
ニュースクールとオールドスクールのどちらもシーンを牽引してきたトップダンサー達のクルーに所属しているのは稀かもしれないですね。
Be Bop Crew Gangというのは昔からあるんですか?

SORA
いえ、このような名前で次世代のクルーという形は、最近始まったようです。
オーディションに受かり入ることが出来ました。

STAFF
Be Bop Crewともなると次世代クルーに入る時点で名誉なことではありますが、今後の活動も楽しみですね。
SORAさんは事務所に所属とかはしていないんですか?

SORA
現在は、全く所属していないです。
元々小学一年生から中学一年生くらいまでは、ずっとコンテストとかにでたり、キッズダンサーとしてストリートダンスシーンで挑戦していたのですが、一時期事務所に入ってからしばらく活動した後、やっぱりakihic☆彡さんやYoshieさん達の踊りがすごい好きなのと、まだまだ自分が全然実力が足りないので、一からダンスを学びたいなと思い今に至ります。

この記事をシェアする