MABUのリリースライブ映像が公開!EXILE ATSUSHIが祝福の挨拶に登場!


2月21日にEP「GHETTO LOVE I」、2週間後の3月7日に第2弾EP「GHETTO LOVE II」を立て続けにリリースしたMABU(マブ)。
そのMABUが2枚のEPリリースを記念したリリースパーティー「“GHETTO LOVE I & II” Release Party」を4月13日に行い、そのライブの模様をまとめた映像がYouTubeにて公開された。

1曲目の「Naked」からパワフルな歌声で観客を引き込むと、持ち前のパフォーマンス力で盟友のダンサー、DAIKI、TAKA、Tossy、BE-YANと圧倒的なダンスと共に「Sex Only」「Teach Me How To Love」「SUMMER DREAMIN’」を披露すると会場はさらに盛り上がりを見せた。
また「Thinking About You feat.KLOOZ」では客演でKLOOZが出演し、さらにリリースパーティーに花を添えた。

そしてライブの途中にはスペシャルゲストとしてEXILE ATSUSHIが大きな花束を持って登場。

リリースを祝福するとともに、手書きの手紙を舞台上で読み上げ会場中が感動に包み込まれた。また、DOBERMAN INFINITYのKUBO-C、P-CHO、そしてJAY’EDもEXILE ATSUSHIの呼びかけでステージ上に上がりMABUに祝福のメッセージを送った。

その後も最後まで力強い歌で会場を多いに湧かせラストの曲「Maybe」で印象的にライブは締めくくられた。
ここに来てさらに様々な動きを見せるMABUからさらに目が離せなくなってきている。

MABUプロフィール


東京出身
プロダンサーとしてキャリアをスタートし、EXILE ATSUSHI、ケツメイシをはじめ数々のメジャーアーティストのバックダンサー、振り付け、演出などを行う。
それと並行して2015年よりアーティストとしての活動もスタートし、シングルやEPを次々とリリース。
ラップも歌もこなす独自のスタイルと、持ち前のダンスを交えたステージングで注目を集め、Zeebraが主催するGRAND MASTERのオフィシャルコンピ「SUPER NOVA」への参加や、KOWICHI, Young Hastleが参加した「TEACH ME HOW TO LOVE feat. KOWICHI & Young Hastle」はスマッシュヒット。
現在はさらに歌を中心としたPLAY BOYスタイルで都内を中心に精力的に活動中。