MABUがNEW EP「GHETTO LOVE I」をリリース!


ダンサー、コレオグラファーとして各方面で活躍し、2015年からラップと歌を混ぜた独自のスタイルでアーティスト活動もスタートさせたMABU(マブ)。
先週「Time Is Over」のMUSIC VIDEOを公開したばかりだが、その楽曲と先行配信シングル「SEX ONLY」を含めた全5曲を収録したEP「GHETTO LOVE I」を配信にてリリースした。

今回のEPは、不完全な愛をテーマに様々な恋愛のストーリーを綴ったミディアムやスローなナンバーを中心とした内容になっており、これまでの作品に比べてより歌をメインとした構成でMABUにとって新境地となる作品。また、タイトルに付いている「I」(ワン)という文字も次作のリリースを期待させるかたちで今後の活動から目が離せない。

<商品内容> 
● タイトル:「GHETTO LOVE I」
● リリース:2018年2月21日(水)より配信リリース
●収録曲:
1. Time Is Over
2. Sex Only
3. Naked
4. Baby Don’t Go
5. Maybe

オフィシャルサイト
● MABUオフィシャルTwitter:https://twitter.com/MABU_PLAYBOYZ
● MABUオフィシャル Instagram : https://www.instagram.com/mabu_mb/
● MABUオフィシャル YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCoR9hVvKA8LBd-N6k4jyo3w

RELEASE
● EP『GHETTO LOVE』Apple Store:https://itunes.apple.com/jp/album/ghetto-love-ep/1351165231
● MABU Apple Music:https://itunes.apple.com/jp/artist/mabu/153367523
● MABU Spotify:https://open.spotify.com/artist/1DebppLKfcMcFh8abYI24e?si=2gER7GGxRl60N35jkRUfEA


PROFILE

東京出身
プロダンサーとしてキャリアをスタートし、数々のメジャーアーティストのバックダンサー、振り付け、演出などを行う。
それと並行して2015年よりアーティストとしての活動もスタートし、シングルやEPを次々とリリース。
ラップも歌もこなす独自のスタイルと、持ち前のダンスを交えたステージングで注目を集め、Zeebraが主催するGRAND MASTERのオフィシャルコンピ「SUPER NOVA」への参加や、KOWICHI, Young Hastleが参加した「TEACH ME HOW TO LOVE feat. KOWICHI & Young Hastle」はスマッシュヒット。
現在はさらに歌を中心としたPLAY BOYスタイルで都内を中心に精力的に活動中。