タップダンスの映画7選!足音で奏でるエンターテインメント!

【※2018年5月 『TAP』『コットンクラブ』の2作品を追記しました!】 足音で表現するタップダンスは、数多くあるダンスの中でも特別な技術を要するダンスです。そのため、ダンサーでもタップダンスについてはよく知らないという方もいるのではないでしょうか?


タップダンスについて学ぶことは、ダンサーとしての新たな技術や表現力を身につけるために必要なことです。さらに、タップダンスには体幹を鍛えるというメリットもあるため、ぜひ挑戦していただき種類のダンスなのです。

今回は、ダンス映画の中でもタップダンスシーンのあるものに絞ってご紹介します。映画を観ることでタップダンスの魅力を知って、ダンサーとしての活動の幅を広げましょう!

座頭市

「座頭市」は、2003年に製作された北野武監督、ビートたけしさん主演の映画です。

4/7/2018 ★★★★☆ #邦画sun #座頭市 #Zatoichi #ヴェネツィア国際映画祭 #MostraInternazionaledArteCinematografica #銀獅子賞 #LeonedArgento #SilverLion 公開日 9/6/2003(115分) ストーリー 盲目の剣客である市が、とある宿場町にやって来た。その町はやくざの銀蔵一家に支配され、人々は苦しい生活を強いられていた。偶然知り合ったおうめの家に厄介になることになった市は、賭場にておうめの甥である遊び人の新吉と出会う。博打に勝った二人は、金を狙った芸者の姉妹(弟)に襲われそうになる。二人はある商家の子供だったが、幼少時に盗賊に両親を殺害され、その親の仇を探して旅をしていると打ち明ける。一方、脱藩して職を失った浪人・源之助夫妻もまたこの町に流れ着き、彼は剣術の腕を買われて銀蔵一家の用心棒を務めることになる。町の飯屋で市と源之助は出会い、互いに相手の剣術の凄さを見抜くのだった。 ある日、市は賭場の博打のイカサマを見抜いたことから、やくざと大殺陣を演じてしまう。やがて姉妹の親の仇が銀蔵と扇屋の主人だと判明し、姉妹は復讐を遂げるために銀蔵の家に乗り込む。 #北野武 #ビートたけし #takeshikitano 監督 脚本 (市) #子母澤寛 原作 #鈴木慶一 音楽 #山本耀司 #YohjiYamamoto 衣装監修 #黒澤和子 衣装 #浅野忠信(浪人、服部源之助) #夏川結衣(服部の妻、おしの) #大楠道代(百姓女、おうめ) #大家由祐子(芸者姉妹の姉、おきぬ) •橘大五郎(芸者姉妹の妹、おせい・本当 は弟、清太郎) #ガダルカナル・タカ(おうめの甥、新吉) #岸部一徳(銀蔵一家親分、宗家の銀蔵) #石倉三郎(扇屋) •国枝量平(鳴門屋主人) •朝倉伸二(鳴門屋番頭・平八) #柄本明(的屋の主人) •樋浦勉(的屋の老人) #六平直政(冒頭で市に絡むやくざ) #つまみ枝豆(的屋の客) •芦川誠(的屋の客) •無法松(侍に憧れる男) #津田寛治(おせいを買春した男) •関根大学(銀蔵の手下) •小池幸次(船八一家の親分) •桐生康詩(船八一家の壺振り) #田中要次(船八一家の子分) •三浦浩一(御前試合の大名) •國本鐘建(御前試合の浪人、山路伊三郎) •吉田絢乃(おきぬ 子供時代) #早乙女太一(おせい 子供時代) #THESTRiPES(農民) 鈴木一功、大塚よしたか、北岡久貴、江藤大我、小倉敏博、永瀬尚希、矢柴俊博、武智健二、島津健太郎、戯武尊、甲斐道夫、お宮の松、武重勉、アル北郷、ガンビーノ小林、サミーモアモアJr.、赤P-MAN、ルビー浅丘モレロ ほか

sin-stagram3さん(@showyoukoto_sun)がシェアした投稿 –

この記事をシェアする