【DDA開催直前】インドネシアのダンスアイコンHamdiと日本人ダンサーTECCHY&KATSUYAにインタビュー


株式会社パルコと国際交流基金アジアセンター(以下、アジアセンター)が共同で、日本と東南アジアを代表するストリートダンサーの共演「DANCE DANCE ASIA—Crossing the Movements東京公演2018(ダンス・ダンス・アジア ~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ~東京公演2018 以下:DDA)」を開催する。

DANCE DANCE ASIA HP : http://dancedanceasia.com/

今回の公演はVince Mendoza(ヴィンス・メンドーザ / フィリピン)、黄帝心仙人(こうていせんにん / 日本)、Hamdi Fabas(ハムディ・ファバス / インドネシア)の3氏がそれぞれ振付・演出する3作品で構成されたトリプルビルで、日本、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシアから気鋭のダンサーの出演が決定している。

今回Dewsでは、3作品のうちの1つ「Soul Train」を手がけるインドネシアのストリートダンスシーンのパイオニア、Hamdi Fabas(以下Hamdi)とその出演者であるKATSUYA、TECCHYにインタビューを敢行。
BBOY、BGIRLをメインにポッパーのTECCHYを1人を迎えた斬新な構成となった今作はいかなるものか。

STAFF
まずはじめにHamdiさんが「DDA」で振り付けをすることになった経緯を教えてください。
Hamdi
元々、ジャカルタで、自分がストリートダンスのパイオニア的な存在としてイベントを開催していたのですが、国際交流基金アジアセンターの方からご連絡をいただき、インドネシアのダンサー事情、アジアのダンサーがどうなっているっていうところから会話が始まりました。

それで私のクルーの話や主催イベントの話などを共有していたら、私達とやりませんか?と誘って頂けたのがきっかけですね。

STAFF
振り付けはどのタイミングでお願いされたんですか?

Hamdi
その後、連絡をお互い取り合っていたら、ある日、PARCOの担当の方から、「DDA」のプロダクションを手伝ってくれないかという連絡をいただきました。
それから2017年に振り付けが決まって、インドネシアの外でやったことがないということもあり、海外でもチャレンジをしたかったのでやることになりました。

STAFF
ありがとうございます。
今回、ダンサーメンバーが、KATSUYAさん、TECCHYさんをはじめ、各国の有名ダンサーが参加してますけども、メンバーはどのように決まったんですか?

Hamdi
DDAでは2015年からダンサーのデータベースを作っていて、各国のダンサーをデータベースと照らし合わせて見ていたときに、TECCHYのポッピングに凄く魅力を感じて、自分のやりたいと描いている作品に必要だと思いました。
KATSUYAは、パワームーブやフリーズを含めたBBOYのスタイルが好きで、どうしても欲しいということでチームに入れてもらいました。
その他の海外ダンサーでいうと、Le Huu Phuocがエネルギーとパッションに満ち溢れていて迫力があります。 NOVIE ONEはインドネシアのBGIRLですがインドネシアの伝統芸能であるポリネシアンダンスもできるんですね。
B-boy Chenoはもともとリストには入っていなかったんですが、彼のスタイルもユニークで先をいっているものだったので私から直接リクエストしました。
今は、このメンバーで、それぞれお互いのものを活かしつつ、それぞれの個性で互いに高め合い、リハーサルを通じて進化しています。

STAFF
確かにとてもバラエティに飛んだメンバーですね。
お二人は話を聞いた時どう思いましたか?

KATSUYA
僕は個人的には、「DDA」のプロジェクトに関わらせてもらうのは、2、3回目くらいで、The90sJPNというチームで何度か出演させていただいているんです。
インドネシアは行ってないんですけど、ベトナムとタイに行かせてもらいました。

今回の話を頂いたときは、いつもは個人的にはバトルとかショーとか、そういうのが主なんですけど、舞台はそれらとは違うものですし、フィーリングや演じきる部分もふくめ、普段できないような表現をできるし、それをやるためのプロセスは自分にとってもチャレンジになるし、勉強にもなり、自分のダンスにも返ってくると思うから、ぜひやってみたいなと思いました。

STAFF
特にBBOYは舞台公演など出る機会は少ないですもんね。
TECCHYさんは、「DDA」に出演するのは初めてですか?

TECCHY
はい、初めてです。
僕の場合はBBOY TAISUKEの紹介で担当さんと繋がりました。
それで今名前が挙がった海外のChenoだったりNOVIE ONEだったり Le Huu Phuocだったり、KATSUYAの名前も聞いていて、そのメンバーと一緒に踊ることができる違うジャンルのメンバーを探しているというところから興味はないかと誘っていただきました。

KATSUYAは一方的にずっと知っていたし、レッスンが並びなんですが、ステップを見ててメチャカッコいいと思っていたので機会としては触れ合うチャンスだと思い、前向きに考えて参加することになりました。

STAFF
ありがとうございます。
今回テーマが「Soul Train」とありますが、アメリカのTV番組の「Soul Train」と関連性はあるんですか?

この記事をシェアする