【あのダンサーは今vol.1】 後編:数々のアーティスト・アイドルの衣装やロゴデザインを作ったk-enのデザインへのこだわり


僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~

関連記事

ダンサーは食べていけるのか、というエントリーが一部のプロを目指すダンサーたちに反響を呼んだが、k-en[元錯乱武者/KAMUI]は現在もダンサーとしてだけではなく、「デザイナー」「スタジオ経営」「URSストリートダンス協会」の発案など、ダンスだけにおさまらないマルチな活躍を見せている。
「ダンスで食べていけるのか」、その答えの一つとして、ダンサーならではの感性を形にしてきたk-enが、若いダンサーたちのヒントに、と仕事へのこだわりや仕事術について教えてくれた。インタビューには入りきらなかった幾多のこだわりは、ぜひk-en本人を見かけたときに聞き出してほしい。

関連記事

「URSストリートダンス協会」の設立経緯

showgo
それこそDewsは東京のイベント情報が中心なんですが千葉県でもイベントもやられてましたよね?

k-en
はい。イベント運営の母体である協会は、2012年に設立しました。
長女が産まれて1年ほど経った頃で、子供が出来た事の影響もあったかも知れません。

当時、個人的に「地域でダンスイベントを開いたり、ダンサーをまとめてほしい」などの依頼があったりしまして、そこで自分の住んでいる地域の事を真面目に考えはじめました。
本籍も移した所でしたし、色々悩みましたね。

「ダンス」って単純に、「お金になる」とか、「流行ってる」「ミーハー気分」でイベントをやろうとする人達がたくさんいる事も事実です。
それでもシーンが大きくなって、ダンサーが活躍出来る場所が増えればいいんですけど、
「リアルなストリートダンサー達は幸せになれるのかな?」と疑問に思ったんです。
だったら、まず、長年ストリートダンスに携わってる地元のダンサーと何かを始めるのが一番良い事なんじゃないか思いました。
「協会」という名前を付けるのは堅苦しいかもだけど、地域の方々に、一緒に作っていくって理解してもらいたかった。そこはメンバーと一緒に悩みました。

名前は「URSストリートダンス協会」
地元のダンサーやDJなどが「浦安」を「URS」と呼んでたんですね。そこから名付けました。
当初、なんで「Y」が無いの??って市の方々から良く言われましたね(笑)
今は市民の人達に少しずつ知って頂けていますね。

最近は、自身の仕事・子育て等で忙しくなってしまい、手がまわらなくなってるので、後輩ダンサー達が頑張ってくれてます。
そんなダンサー達も売れっ子になっちゃったりと、なかなか進められてない事もありますが、これからも新しい人達ともどんどん関わって一緒にやっていけたらと思っています。
現役ダンサー・ダンサーになりたい人、動きたい・動ける人達が引っ張っていく活気ある団体になれると良いですね。

showgo
なるほど。ちなみにイベントの頻度はどれくらいなんですか?

k-en
「浦安ストリートダンスフェスタ」というイベントを2013年に開始しました。
2015年はUK B-BOY CHAMPION SHIP決勝大会×浦安のダンサー・スタジオ・団体等のコラボで「浦安ダンスサミット」を3日間行いました。そこまでは自分が「統括」役をしていました。
しかし、協会の仕事に没頭するあまり、私生活が疎かになっていたのも事実で、そこからはメンバーに任せています。
自身の性格上、風呂敷を広げるのが好きなんですね。けど、どうしよう~(汗)的な問題も多く(笑)
なので、様々なできる人に任せよう、って引き継いでいます。

showgo
いいですねえ、後輩に引き継いでもやってくれるっていうのは。

k-en
逆に、「また広げやがって」って思われてるかも(笑)いや、思われてる(笑)
でも、何かあれば自分が出て行って責任は俺がとるよ、って気持ちでいます。

showgo
頼もしいです。それにしても若手からベテランまで活躍できる場所を作るって相当大変じゃないですか。

k-en
イベントを開く立場になると、様々な物事を見れないとですし、、大変さを知る事も出来ますね。
若いダンサー・プレイヤーの現役の時間は本当に貴重です。その時期は「100%出してきってほしい!」って思ってます。けど、少しずつでも裏に絡んで、ディレクションだったりプロデュースだったりに関わる事でよりイベントはリアルなものが出来る。各々の経験・勉強にもなる。
だけど、現役で花開きたい人達に「裏方もやれ」って言っても、そのダンサーにとっては幸せじゃないでしょうから、、葛藤はありますね。

だから「僕がやればいいじゃん」って思ってやると、仕事量が増大過ぎて手が回らなくなりましたね(笑)

今はデザインがしたくて仕方ない

th_img_9702

showgo
デザインはいつ頃始めたんですか?

k-en
「いつ?」と言うのは凄く曖昧なんですよね。
もう幼少の頃から描くのは大好きでした(笑)

vo.1で少し話しましたが、10代はデザインの専門学校に通ってて、そのままデザイナーになろうと思ってたんですけどね。20代も、ダンスの傍ら色々と創作活動はしていましたね。
Tシャツのデザインしたり、ロゴ作ったり、メッシュCAPにグラフィティ描いたり、キャンバスに絵を描いたり等々、、自由にやってましたね。
30才の頃、そろそろイラストレータ(デザインソフト)を使わないと創作活動に限界がくると思ったので、独学で覚えました。

「KAMUI」の活動を休止するという頃、これから何をやろうかと自分を見つめなおした時に、「あ、デザイン活動おろそかにしてたな。」と気づきました。
2007年には自分が着る為のTシャツを作ったんですが、周囲が思いのほか欲しがってくれたのをきっかけに、本格的にデザイン活動を始めました。リスタート的な感覚で。

それが今、自身のサイト[ILOILUBOX](イロイルBOX)に繋がっています。
http://iloilubox.com/

Tシャツだけでも現在までに100種類くらい出しました。他にも色々なモノを作ってます。

並行して、当時「海外も全然行ってないな」と思ってて、時間を見つけてはLA、NY等に行ったりもしてました。当時はまだ独身でしたので、ホント自由奔放に(笑)
アーティストのサポートダンサー・振付等の仕事で海外に行かせて頂く事も多く、良い感じで刺激を受ける事も出来ましたね。創作活動にはとても良い環境が整い始めてました。

この記事をシェアする