「KRUMPはHIPHOPじゃない。」バトル中にTight EyezがBBOY Juniorを蹴り世界中で大騒動に。現場にいたTwiggzの見解とは


※見出し画像に一部修正がありました。

おそらくダンサー、ダンスファンの方がSNSで目にしているであろうが、現在、ダンスシーンで一大事件ともいえる事態が巻き起こっている。
それは、今年、10周年を迎えたクランプの世界大会「Europian BUCK Session! 10th anniversary」通称「EBS」にて行われたエキシビジョンバトルでの出来事。
KRUMPという一つの文化の創始者であり、世界に多大な影響を与え続けるTight Eyezとフランスを代表するクルーWANTED POSSEのメンバーであり、「Red Bull BC One」第1回目から出場しているベテランBBOY Juniorの対決だ。
BBOY Juniorは義足のBBOYとしても有名であり、ハンデを背負いながらもものすごい踊りをみせ人々に勇気と希望を与えてきた。
どちらも間違いなくダンス界におけるレジェンド的存在であり、世界中の多くのダンサーが彼らにリスペクトを捧げていることは言うまでもない。

世界中を騒がせた出来事とは

組み合わせとしては最高に面白く期待の高まる対戦カード。
しかし、動画をみるとスタートから違和感を感じる。
異様な雰囲気で進む中、途中座り込むTight Eyez。そしてそこにBBOY Juniorがバトルを終わらせようと握手を求めるとそれを突き飛ばしてしまうのである。
そこからさらにBBOY Juniorと接近すると、それを避けながら倒立に入ったBBOY Juniorを蹴って転ばせてしまうのだ。

問題のシーンをまとめた動画

蹴った動画は瞬く間に拡散

蹴ったといっても攻撃性がないのは見てわかるとは思うが、この瞬間の映像が瞬く間に世界中に広まり今回の騒動まで発展してしまったのである。
義足であるBBOY Juniorを一方的に蹴ってしまっている動画は、まさに大炎上。
ここで改めて説明しておくと、KRUMPもブレイキンもHIPHOPカルチャーとされてしまうことがあるのだが、それは誤りで、ブレイキンはHIPHOPカルチャーであり、基本的にバトル中に触れることはご法度とされていて、KRUMPはヒップホップではなく、独自のカルチャー。触れることは表現の一つとされている。
しかし、今回はその両カルチャー同士の異文化バトルなので、意見が違うのは当然のことなのである。
世界中のBBOYやヒップホップカルチャーに属する人たちからはバッシングの嵐、一方KRUMPサイドは接触することは表現の一つと擁護する声も。
この自体について見解を述べた、DJ HIROKINGのブログでは翻訳したコメントが抜粋されていた。

「バトル中のボディタッチはタブーだって、今更説明しなきゃいけないようなことか?」
「そもそも、このかみ合わないバトルを企画したやつが間違ってる。」
「Krumpにおいては、バトル中のボディタッチはアリなんだぞ。普通のKrumpはもっと激しい。こんなん俺がいままで見た中で一番ソフトなバトルだ。笑」
「Tight Eyezは自分の評判わざわざ下げに行ってるようにしか見えないぞ。」
「対してJuniorは一貫して怒らずクールなふるまいで、すごいな。」
「そもそもKrumpはHipHopではない。(←これを言ってるKrumperがめちゃめちゃ多かった)」
「ボディタッチがありだとしても、逆立ちしてる人間にケリいれるのはどうなの?大怪我しかねない。しかもJuniorは片足が義足なんだぞ。」
「キックしたって言っても、ちゃんと見ればわかる通り、軽く足を当てに行ってるBUCK表現であって、本気で蹴ってるわけじゃない。」
「蹴りだけじゃない。Tight Eyezの態度全てがDisrespectfulだ。」
「Krumpイベントにゲストとして踊りに来てるんだから、Krumpのマナーでバトルやって問題ないはず。Juniorもそのつもりで来てるんじゃないの?」
引用 : http://www.hiroking.com/2017/10/04/tighteyez-vs-bboyjunior/

まさに賛否両論状態だが、フル動画のラストではBBOY Juniorがマイクで「ノープロブレム!リスペクト!」とコメントしているところを見る限り二人の間では解決しているだろうか。

そしてさらにTight Eyezも今回の件を受けて映像をアップ

今回の件に関しては、現場の雰囲気や実際状況など把握せず、記事化は危ないと判断。
そこで、現場でバトルも見ており、日本KRUMPシーンの立役者であるTwiggzに直接連絡しその見解を伺った。

タオルを使って動くTight Eyezに、そのタオルを取ろうとするBboy Junior。
かがんだ彼の後ろからTight Eyezがジャンプして引っ張るような体勢になり、そのままフロアに入ったり逆立ちする形となったBboy Junioに蹴りの仕草を見せたかったTight Eyez。
しかし、その蹴りがそのまま入ってしまった…と言う訳ですが。。。
もちろん、本当に思いっ切り蹴り飛ばした訳ではなく、蹴る仕草がそのままタイミングよくJRとの動きとリンクしてしまいそのまま蹴りが入りました。・・・ただこれは蹴りを入れると言うよりもソフトに跳ね除けるようにですが、でも接触はしてしまっています。