三代目、小林直己&ELLYとカリスマカンタローがダンスシーンについて徹底討論!前編

株式会社アノマリー代表のカリスマカンタローがダンスシーンからメジャーシーンへ羽ばたき活躍をみせる三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE小林直己とELLYを招きインタビューを敢行。久しぶりの再開となった彼らは懐かしトークに花が咲き、知られざるダンサー時代の話が飛び交う対談に。


今や飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍をみせる三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE
そのリーダーである小林直己と、最近では映画初主演も決めた人気パフォーマーELLY、そして株式会社アノマリー代表のカリスマカンタローが最新のダンスシーン、そして音楽シーンについて徹底討論!!なんと実はこの2人、過去にカリスマカンタローがオーガナイズする世界最大級のダンスバトルイベントDANCE@LIVEにバトルやチームとしての出場経験もあるというのだ。アンダーグラウンドでの活躍からオーバーグラウンドへ飛び立っていった2人のダンサーとしてのこだわりや考え、そのすべてが明らかに!今回はロングインタビューということで、2回に分けて公開!まずは前編!

10年という時代を通じて

カリスマカンタロー
いや〜・・・あまりにも久々すぎる(笑)。

小林直己
自分も感慨深いですね(笑)。
こういう場が。

カリスマカンタロー
そうだよね。
うちらの付き合いもなんだかんだ10年ぐらいになるし。
ELLYとは4年ぶりかな?
前に横浜アリーナで会って以来だよね。

ELLY
ですよね。
お久しぶりです。

カリスマカンタロー
いや〜、何から話していったらいいかわからないけど・・・しかし売れたね〜(笑)。

2人
とんでもないです(笑)。

カリスマカンタロー
ダンサーの世界からするとやっぱり未だに三代目というよりは、普通にELLYとか直己っていうイメージが俺の中ではまだ残っているけど、c3世間一般的にはそうでないから、俺も嬉しい反面遠くなっていっているんだろうなというさびしい気持ちも実はあって(笑)。 でもそれが逆にスター街道の波に乗っていっているような証拠の気がしていて、ダンサーの可能性を本当に広げてくれているなあという印象がすごく強い。
今回は2人ともすごく忙しいだろうに時間を作ってくれて本当にありがとう。
早速色々と話を訊かせてもらえたらと思うんだけど元々2人がクラブシーンで活動している頃から、今の音楽業界とか芸能界とか、いわゆるメジャーシーンと呼ばれている方へ進んだいく過程で、「自分」としての意識はどんな風に変わっていった?
多分、みんなその辺がすごく知りたいんだと思うんだよね。

小林直己
それこそ10年前、ダンサーのみでやらせていただいた頃は、結局変わらない部分と、それをどう変換したらいいかということを学んだ10年だった気がしますね。n1
結局、今目の前でバトルしようぜとなった時に、負けちゃあダメだし、それに、バトルに自信がなくなったらダメだなというのは、今特に改めてすごく頭にあることで、あとはそのボーカルを、歌をどれだけ届ける事が出来るか。僕らが思っている事とか、感動を届けるにはどうしたらよいかという時に、これだけ慣れ親しんだダンスをどうやって使えばいいのかという、変換の仕方を意識するようになりました。僕で言えば、EXILEか、三代目とかいろんなグループでいろんなメンバーとやれたことがすごい自分の中で財産になっていた。
それこそELLYがバンバン意見出してくれたり、楽曲のイメージを伝えてくれたものを、「じゃあライブだったらこうした方がいいんじゃないか?」とか結構ゼロからイチを生み出してくれてそれを広げる役割になれたというのはすごくあります。

ELLY
そうですね。基本的に人それぞれやり方というのはあると思うんですけど、俺的には昔からほとんど変わっていないですね。e4挑戦する場所、ジャンルが増えたというだけで、自分の一番の武器はストリート出身というところなので、芸能界であったり、音楽シーンに対してもそうだけれども自分が何がみんなと違うかといったらやっぱりダンサーとしてストリートでやってきて、そこから今ここにいるというのが自分の一番の持ち味なので、そのストリートを取ってしまったら自分のやってきたものを自分で否定しちゃう…じゃないですけど、ストリートの感覚を大事にしながらずっとやっていきたいなという想いがあります。だから常にストリートだったらTHE TEAMだったり、DJだったり、ラッパーもそうだけどそこの畑にいたので、そういう人達を自分が出来る事で逆に一緒に何が出来るかということを常に考えていて、今のシーンがただそれがわからない環境にあるだけで、5年後になっていたら今やってきたことが、もしかしたら全然当たり前に、HIPHOPが当たり前になっているかもしれないし、そういう環境の変化なんだけど、昔ダンスを世間で踊る事をEXILEがやってきたから、今ダンスが普通になっているのかもしれないけど、そういうのがそもそも普通ではなかったじゃないですか。
今は環境がどんどん変わっているので、自分が一番武器としているものをいかにどうやって広げていくかということに、凄く意識がありますね。
そうすることによって例えば、EXILEがやってきたことだったり、みんなでやってきたことがそうなので、自分も同じようにそれを広げることがリアルかなという感じ。
ラッパーのANARCHYとか、DJ陣もそうだし、ネイキッドもそうだし、今やらせてもらっている大御所の方達もそうですし、Dee(KING OF SWAG,D-BLAST)とかも、こうやってああやってとかそういう話をしてみたり、またTHE TEAMの人も会社に入ってくれたりとか、自分達の仕事の中ではRYOTAとか、そういうことをどんどんやっていっていきたいなあって常に思う。俺の武器はストリートだと本当に思いますね。

三代目加入時期、THE TEAMへの当時の想い

カリスマカンタロー
ELLYが三代目に入って3年か4年目ぐらいでしょ?
入る直前にTHE TEAMとして活動していて、今でもずっとメンバーに入っているかもしれないけど、三代目の方に行くとなった時点で、チームから抜けるような形に対外的には見えたと思うんだよね。その時の悩みとか葛藤とかってやっぱりあったの?

ELLY
そうですね。「やってみれば?」と言われて、「いいんじゃない?」って。
そこに対してはTHE TEAMをどうして行こうという所まで、常に話し合いはしていましたね。そこに新しく入ってきたのがDAIKIだったんですけど、まあDAIKIが入って今のTHE TEAMの形が出来て、今もTHE TEAM LINEに自分が普通に入っていたり。

カリスマカンタロー
あ、普通に入ってるんだ?

ELLY
そうなんですよ(笑)。
普通に入っていて、どうするどうする?とか、グループでの話し合いに自分も参加させてもらって、結局別になんら変わっていないということなんですけど、
今は実際に現場で一緒に踊ることはないんですけど、結局何かを常に共有しているので、「今日誰の誕生日いく?全員で行こう」というような会話も普通にしているし、今日も夜みんなで飯行く予定なんですけど、LDHに入る時は自分の挑戦に対してああだこうだ言う人はいなかった。オレも「ちょっとやってみるわ」ってなって、そこからみんなも「ヤベェ、おもしろそう」と言って、入りたい奴はそう言って来るだろうし、そうやってManavinもやりたいって、RYOTAも今後何かあったらやりたいって言ってくれてるし、その挑戦に対して逆にプラスだからこそ自分も行けたというのはあるんですけど、EXILEに行った分だけ、俺たちがやってきたコアの部分で、どうこれを広げたらもっとダンサーとかDJとかラッパーとか、もっとより良く活動する場所が増えるなと思っているので、それをHIROさんもすごく感じてくれていて、いろんなことに挑戦させてくれています。ラップもそうだし、音楽という所からも挑戦していくことで、それぞれやっていることがもっと生きるんじゃないかな。そうした時にEXILEがやってきたことがもっと生きるんだろうなと。まあ全員ストリートだから(笑)。
だからそういう風にすごい考えていて、THE TEAMは結局何も変わっていないですね。自分が現場でストリートというクラブで踊るという部分はなくなってきたんですけど、自分達のチームメイトとか、そういう関係とか今も何も変わっていないです。

カリスマカンタロー
すごくいいね。
どちらかというと悩みや葛藤よりも、もう上に上がっていってる感じだね。

ELLY
うん、そうですね。
世の中ではメジャーとアングラというわけ方もあるじゃないですか。
それもそう見えるんですけど、俺的には意外と左か右かなという。
上下というよりも、こっちにこういう人達、あっちにああいう人たちがいて、これをどうしようかという見方ですね。
だから結構そうやって見た時にヤバい、誰も行っていない所行けるわとか、思えたりするので。

小林直己
なるほどね。今のは正しく”EXILE流”な感じがします。
ELLYが言ったことは見ていてもそう感じる。
自分が出来ることを全力でやるし、出来ないことはその人に任せるし、その上で自分にしか出来ないことが必ずあって、それをちゃんと明確に表現する、伝える。
それがやっぱりフィールドにこだわっていない環境というか、今のELLYの話聞いて思ったのが、THE TEAMの時でも今でも、自分がカッコイイというものをカッコイイ形で自分がそれに似合うレベルになって表現している。
それがHIROさんだったり、LDHであったり、EXILEだったりというものに出会って、化学反応が起きて来ている。
だから言っていることがすごい偉そうなわけでなくて、等身大でいつもELLYはいてくれているので、逆にグループがいつもブレなくて済んでいる感じがします。
ELLYが三代目のEXILE TRIBEというEXILE一族のチームのみんなの中でも、ストリートシーンであったりアングラシーンであったり、つまりリアルを見せ合う、リアルを感じ合う場というのを、いつも繫いでくれている、広がりがちなのを常に引き止めてくれていると、今聞いていて思いましたね。