Anomaly D WorksとBran.Coが統合!カリスマメロンピクチャーズ誕生へ

最近では吉野家、パイオニア、センチュリー21などの企業CMから、スクウェアエニックスなどのゲームの映像などを手がける映像プロデュースチーム『Anomaly D Works(代表カリスマカンタロー)』と、様々なダンス映像を主軸なふざけた通販番組やありもしない映画のPVを手がける『Bran.co(代表プリンス)』がこの度統合され(株)アノマリー映像事業部『カリスマメロンピクチャーズ』となることを発表。


最近では吉野家、パイオニア、センチュリー21などの企業CMから、スクウェアエニックスなどのゲームの映像などを手がける映像プロデュースチーム『Anomaly D Works(代表カリスマカンタロー)』と、様々なダンス映像を主軸なふざけた通販番組やありもしない映画のPVを手がける『Bran.co(代表プリンス)』がこの度統合され(株)アノマリー映像事業部『カリスマメロンピクチャーズ』となることを発表。

メロンの由来は、あの世界的企業のアップル社のアップルよりも高価なメロンの方が上を行くのではないかという神からの啓示(笑)を受けたと言う事で、この名前で世界的な映像制作チームとして今夏より始動する。
尚Anomaly D Worksは映像事業部を切り離した後もデザイン事業部として残し新たに新体制で始動する。
カリスマメロンとして名称が変わっての初の仕事が14日に舞浜のアンフィシアターで開催されたMTV主催のVMAJの初音ミクのオープニングだ。
ダンサー映像制作チームがどこまで行けるのか?益々その動きに目が離せない。

参考 : http://www.crank-in.net/entertainment/news/31388

以下『旧Anomaly D Works』カリスマカンタローと『旧Bran.co』代表の ※1 プリンスと ※2 JUJUにインタビュー

今回Bran.coがAnomaly D Worksと統合しカリスマメロン(以下カリメロ)になるという事で、まずは3人の心境などをお聞きしたいです。

J(ジュジュ):心境・・・というか、ずっと協力体制でやってきたし、仕事のほとんどがカリスマメロンに参加しておこなうプロジェクトばかりだったので、今回正式に発表した、ってこと以外は何も変わらないような(笑)

P(プリンス):そうだよね。僕ら自身は特にBran.coって名前にこだわりもあんまりないし(笑)
僕もジュジュもBran.coって組織を大きくしたいとかっていう野望も最初から全然なくて・・・。
それって職人っぽく、かっこつけて聞こえるかもしれないけど、もっと低次元なレベルで「何も考えていない」って言うか(笑)
僕らは制作だから裏方だし、皆に「かっこいいな」って思ってもらえるものを作っていくって事が仕事だし、それだけに集中したいし、してきたつもりではあるんですけど。
アノマリーは規模もやってることも大きいし、沢山の社員もいらっしゃるので、変わるといえば作品を作った時に前だとAnomaly D Worksって僕らがクレジットしちゃっていいものか、とか迷わないですむ。くらいかな(笑)

J:そうそう、それいつも迷いますよね(笑)
今は僕ら関西チームとアノマリー本社の関東チームと別の案件を同時に動かしたり、同じ案件を協力してやったりしてやっています。
正式な形としては旧ADWの関西チームがBran.coチームってことになってました。
なのであんまり心境に変化はないです。
カンタロー君も僕らの好きなようにさせてくれるので。

K(カリスマカンタロー):そうですね。最初の出会いで一撃のカツ君から連絡が来て、うちのプリンスに会ってもらえ
ますか?って。で、全然いつでもどうぞって言ったらすぐ東京来たんですよね確かw。
そこで、会社ってどうやるのかとか色々聞かれて、普通に答えてて、その中でこんなの作ったりしてますって見せら
れた映像がヤバスぎて、これ仕事になるから俺に任せて!って感じで始まった。そこからは今までの繫がりで色々な
人に映像を見せまくって営業して今の形になったというか。とりあえずそれまでの仕事で食べていくのが厳しかった
みたいなので最初はその手伝いからでした。

最初の出会いはどんな感じの雰囲気から始まったんですか?

P:その話をするとなるとBran.co結成の話からしないといけなくなるんですが・・・。
長くなるのでやめませんか?(笑)

お願いします!!

P:じゃあ、いきなり暗い話から始まっちゃうんですけど(笑)
僕、娘が一人いるんですけど、娘が生後半年かくらいの時に、僕一人で育てないといけなくなっちゃったんですね。
経験しないとピンと来ないかもしれないんですが、男の人が赤ちゃんを育てるって本当に大変なんですよ。
さらに映像の仕事なんかもちろん保育園が終わる時間に帰れるわけないじゃないですか?で、仕方なくフリーランスになったんです。
なので、独立志向があったわけでも自信があったわけでもなく、当時は「苦肉の策」として独立せざるを得なかったって感じでした。(笑)
で、当時は流れてくる映像のお仕事をどんな仕事でもただ黙々とやって、デザインの専門学校で講師をしたりしている状態でした。
とにかく家事、子育てが大変で「子供を育てながら仕事できるんだったら何でも良い」って思っていて「こんなものを作りたい」とか「こんな仕事をしたい」とかっていう夢や目標も無く、ただただ必死に毎日をやり過ごしている感じでした。
いわゆるクリエイターとしては「終ってる状態」だったわけなんですけど、日々の生活がしんどすぎて、それすらわからない状態でした。
で、そんな時にジュジュから電話がかかってきて。
「どうせ仕事するなら、好きな事で仕事がしたい。夢中になれる仕事がしたい。一緒に立ちあげましょうよ」って。
同じダンサーとしてはジュジュとは仲も良かったし、人間的にもすごく好きだったし、3DCGの腕は当時プロとしてやってた僕よりもずっと先を行っていて、趣味で終わらすにはもったいなすぎると思っていたから「いつか一緒にやろうね」と話はしていたんですけど、そのタイミングで声掛けてもらって「そうだそうだ!この仕事は情熱を持ってやらないとダメな仕事なんだ!!」って。

そのときのジュジュさんの境遇はどんなものだったんですか?

J:映像の世界に入ったのはプリンス君の作品を見たのがきっかけでした。
最初は基本エディット中心だったんですけど、2007年に見たトランスフォーマーの映画がきっかけでCGの世界へ。そこからどっぷりハマっていつか仕事に出来たらいいなと思ってました。
2010年に僕も結婚していろいろと悩んでいました。
パフォーマーとしてもダンサーとしてもいつかは限界が来ると分かっていました。
いくらパフォーマーで稼げても家族を養っていくには結局ギリギリの生活を常に送る事になるのは分かっていたしこのままじゃ本当にまずいと思ってました。
そこで思い切ってプリンス君に連絡しました。
最初は『ふざけんなっ!』って言われて断れるかと思いましたが凄く真剣に聞いて下さってすぐにその場で組む事になりました。
その時は正直このチームが仕事として形になるまでは時間がかかると思ってましたが目の前が一気に明るくなりましたね。
その後はダンスより完全にモーショングラフィックにハマってしまってました(笑)

P:で、とりあえず二人でスタートしたんですけど、まず営業するためにはデモリール(映像作品集)が必要だよねって事で何か作ろうってことになりまして。

J:プリンス君のダンスのチーム(一撃)のメンバーのカツ君っていう人が1.G.Kってバンドをやっていて、シングルを出すからそれのミュージックビデオを作らせてくださいってことになって。
ノーギャラでやるから好きなようにさせてって約束で。
ひと夏かけましたよね!!二人でフルCGで五分ノーギャラって(笑)
思い出すだけでぞっとします。