【第二弾】「三浦大知バックダンサーの始まりと現在のメンバーについて」三浦大知 × バックダンサーSHOTA スペシャルインタビュー!


ストリートダンスをキーワードに、ストリートダンサーの聖地である渋谷から世界へ良質なエンタテインメントを発信する新感覚イベント「Shibuya StreetDance Week 2015」が今年初開催される。
このビッグプロジェクトを手がけるのは、数々の有名アーティストのバックダンサーからイベントオーガナイザーも務め、マルチに活躍をみせるSHOTA。
そして、彼がバックダンサーを務める注目のダンスアーティスト三浦大知の楽曲「music」が当イベントのテーマソングとして決定!
この度Dewsでは、イベント開催を記念して、注目すべきこの三浦大知とSHOTAのスペシャルインタビューを敢行した。
第二弾は、「三浦大知バックダンサーの始まりと現在のメンバーについて」!

STAFF
ところで、SHOTAさんはバックダンサーをいつからやっているんですか?

三浦大知
デビュー当初からですよね。

SHOTA
17歳で再ソロデビューという形で出る前に、関係者のみにみせるコンベンションライブがあって、そこにダンサーをつけるってなったときです。

STAFF
なるほど。そのダンサー選定はどのようにして決まったんですか?

三浦大知
元々Rock Steady CrewのMASAMIさんに子供の頃からお世話になっていて、再デビューしてダンサーをつけたいという話になってMASAMIさんからSHOTAさんに話がいきましたね。

SHOTA
そうですね。
その話をいただく前にその当時所属していた「Folder」というグループをテレビでみていて、ロックダンスをやっている印象があって、そのイメージが強かったから「おお!あの時の子か」みたいな感じでした。
それで実際みたらブレイキンをやっていたので、歌う人でこんなブレイキン出来る人いるんだっていう驚いた印象があります。

三浦大知
ちょろっとやってましたね!ジャンプしてフリーズみたいなやつ。今出来るのかな?

SHOTA
ちょろっとレベルじゃなかった気がするよ。ライブ中にフリーズするって珍しいから印象強かったなー。
それでコンベンションライブの後にオーディションがあって受けたら受かったんだよね。
そこから気付けばですかね。

三浦大知
見た目も今よりは完全に小柄だったよね(笑)。

SHOTA
21歳で大学在学中だったからね(笑)。
オーディションの結果は、MASAMIさんが決めたの?大知も?
IMG_0479

三浦大知
うん、僕も決めましたよ!

SHOTA
それははじめて知った(笑)。

STAFF
今はバックダンサーをやっているのは、s**t kingz、PURIさん、AKIHIROさん、Shingo Okamotoさんのイメージが強いですが、それまでも色々なダンサーがやっていたんですか?

三浦大知
一回きりの人も含めたら、かなりたくさんのダンサーにお世話になりましたね。
えんどぅやSHUFFLE!のSORIさんとか、結構沢山います。

SHOTA
当時SORI君が面白枠だったよね。いじられたりとかしてすごい面白かった。

三浦大知
お腹痛いなみたいになって俺がMCしている間に薬飲んだりしてて「それ効くかな」みたいなのあったね(笑)。
最初は、MASAMIさんにお世話になっていたので、オールドスクールな流れが結構合ったのですが、徐々にダンスにも変化があり、今のメンバーになりました。

IMG_0315

今のメンバーの話になると、
PURIさんは、SHOTAさんに紹介してもらう前に実はLAで合っていて、当時“Keep It Goin’ On”っていう楽曲の振付けをしていたSuper Dave(スーパーデイブ)っていうダンサーのアシスタント的な立場で紹介されたのがPURIさんで、さらに別の時にT-VAIN(ティベイン)のレッスンを受けにいったらアシスタントがPURIさんでティベインの振りではなくほとんどがPURIさんの振付けでやっていてそこでちょろっと話してたんですよね。

SHOTA
s**t kingzは4人のうち最初はNOPPOとkazukiだったよね?そこは何でなの?

三浦大知
今思うと不思議ですね。
元々kazukiは東京キッズで知っていて,見ていたんだよね。NOPPOに関してはSHOTAさんのシンメの位置で身長的にもバランスが良かったというのもありますよね。

SHOTA
なんでshojiじゃなかったの?(笑)

三浦大知
当時サラリーマンをやっていて、忙がしそうだったからかな(笑)。
oguriとかも今はマルチだけと、かなりスタイルに変化が合って、もしかしたら当時のスタイルと僕がやってみたいものが一致していなかったのかもしれないですね。