人気沸騰「ディーン・フジオカ」欠点なし?ピアノにビートボックスにRAPにダンス


今最も注目を浴びている「ディーン・フジオカ」さん。
朝の連続小説ドラマ「朝が来た」にて五代友厚役として出演、志半ばで病気でなくなってしまうのですがその翌週以降“五代さまロス”に陥る人が続出するほどの人気を集めている。

今やTVや雑誌に引っ張りだこのディーン・フジオカさん

そんなディーン・フジオカさん俳優としても活躍していますがモデル・歌手としても活動中。なんと芸能界にはいったのも香港のクラブにおいて飛び入りでラップを披露していたところスカウトされたとの事。

ここでディーン・フジオカさんの経歴を少し・・・
福島県で生まれ、千葉県立船橋高校を卒業後、シアトル大学でIT学科を専攻し、卒業後はアジアのさまざまな国を巡り、多様な人種・文化・言語に触れ、感銘を受けたそれらを詩や写真に収め。中国武術、キックボクシング、チェス、写真撮影など趣味や特技は多岐にわたる。また、幼少から楽器演奏や楽典等、音楽的な影響を受ける[3]。音楽制作はインドネシアでの活動を中心に行っており、作詞・作曲・プロデュースも手掛けている他、ラップ歌手としての活動も行っている。ギター、ドラム、ピアノなど楽器演奏もこなす。

ともう何をとっても欠点なしとも言われるほど多才な才能を持ち合わせている。

そんなディーン・フジオカさんのピアノにビートボックスにRAPにダンスがいかほどな才能を持ち合わせているのか検証してみた。

まずはビートボックス。
TV番組にて突然ふられたにも即時に対応。

コチラで披露したのは「グルテンフリー」の歌。実はプライベートで作曲し携帯に保存してあるものを披露したとの事。

そして、こちらは「朝が来た」の収録中に撮影したものと思われる一幕。
そつなくステップを踏む姿は、これだけでもダンスがうまい事を予感させる動画となっている。

#おおきに五代さん #大阪最高 たまに五代さんダンスしたなるねん #ネクストレベル

Dean Fujiokaさん(@tfjok)が投稿した動画 –

インスタグラムにて公開されたジャズピアノも凄い腕前。仲間同士でセッションしあう事もあるそうです。

ワークアウトした後にするジャズピアノの練習は、めっちゃ指にくる。究極の末端筋トレw

Dean Fujiokaさん(@tfjok)が投稿した動画 –

自信で作製したMusic Videoも公開している。楽曲中にはRAPも披露。
なんとコチラはDEAN FUJIOKA 初監督・主演映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで 」主題歌とのこと。

そしてTV番組にて中国武術も披露、なんと超特急し指導している一場面も