KENTO MORIとカリスマカンタローによるニュープロジェクト始動!「DANCE for 1~Don’t fight , just dance 戦うなら、踊れ。」

<DANCE for 1~Don't fight , just dance 戦うなら、踊れ。>記念すべき10周年を迎えるこの日、KENTO MORIとカリスマカンタローが登壇しプロジェクトの始動も発表されました。


記念すべき10周年を迎えるDANCE@LIVE JAPAN FINAL 2015にてKENTO MORIとカリスマカンタローが登壇しプロジェクトの始動も発表されました。

daljapfin15_hama_0463

プロジェクト名は「DANCE for 1~Don’t fight , just dance 戦うなら、踊れ。」。
ダンスを踊っている時間は誰もがハッピーになれること、手にものを持たず平和な時間をつくり出す事ができます。ダンスというものをより多くの人に楽しい、幸せと、感じてもらうため、Vine(URL)を使い、6秒の“踊る”動画を世界中のみんなで撮影し「#DANCEfor1」とハッシュタグ付きで投稿していきます。みんなで平和な1年をつくるということで、オフィシャルWEBサイトには、投稿された動画がリアルタイムでピックアップされ、投稿者の国もわかるようになっており、その合計時間を平和が訪れた時間“PEACE TIME”として、リアルタイムで加算されていく仕組みとなっています。

まずは、1年間<365日8,760時間(31,536,000秒)>。6秒ダンスで刻むには525.6万人が踊る必要があります。世界中で6秒ダンス動画が次々とアップされ、6秒ずつ増えていきます。争いが起こらない時間として、あらゆる国の人々が踊ることで世界が少しずつ平和になります。世界中をダンスで繋げようとする大規模なプロジェクトに多くの来場者が賛同し、大いに盛り上がりました。

DANCEfor1
http://dancefor1.com/

==Dancefor1を始めた意義==
現在地球ではたくさんの争いごとが起こっています。
それでも世界のダンサーとシーンは繋がり、文化と芸術、エンターテインメントは生まれ続けています。

ダンスアライブを10年通して海外でも開催し思った事は世界各地で様々な争いごとの問題があるけれども、それを凌駕する力が音楽やダンス、エンターテインメントにはありストリートダンスは言葉、人種、宗教の壁を乗り越える唯一のだと思います。
そうダンスを踊っている間は平和な時間です。

『ストリートダンスの可能性』それをこの10年信じていました。
そしてまだまだストリートダンスの可能性は続くと思っています。
愛と平和のメッセージをこめて、ダンサーからそのメッセージを発信してストリートダンスがもっとたくさんの人に愛される様に!!
そしてストリートダンスの可能性をもっと多くの人に伝えられる様にしたいと思っています

【ルール】
(1)『Vine』をダウンロード
App Store : https://itunes.apple.com/jp/app/vine/id592447445?mt=8
Google Play : https://play.google.com/store/apps/details?id=co.vine.android&hl=ja

(2)ダンス動画を準備【今既にある映像でもOK】
(3)ハッシュタグ(#dancefor1)をつける
(4)この企画に参加した意思コメントを入れる。(任意)
  例:【ダンスで世界平和、ダンスは楽しい、みんなで踊ろう、ダンスがたくさんの人に広がります様に、ダンスでビックになってやる】でもOK!!!
(5)この様子を撮影した動画をフェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアで公開、その際にSNS上で次ぎにやってもらう人を3名を指名してチャレンジ完了。
  *指名された方は6日以内に動画をアップしなければならない。

<アンバサダーのご紹介>
YOSHIE

BE-BOP-CREWのメンバーであり、現在ebonyとして日本のみならず世界においても注目を集めるストリートダンサー。クラブイベントでのゲストショー、コンテスト審査員、舞台、スタジオWS等、日本・世界各地で活動。

SHUHO

House Danceの聖地New Yorkにて、”The House DanceProject”の中心メンバーとして、5年間活動し、”The Carnival”や”SF Hiphop Dance Fest”など数々のShowに招待されるなど、他国でのワークショップやShowを含め、世界的に活動しているダンサーである。

akihic☆彡
akihiko(karu)
12歳からダンスを初め、ダンス歴17年のキャリアを持つ。 一つのダンスに拘らず様々なジャンルを踊りこなし自分独自のスタイルを確立。数々コンテストやバトルで優勝経験を持ち、DANCE@LIVE HIPHOP SIDEでは初代チャンピオン。 2011年に行われた、JAPAN DANCE DELIGHT vol.18ではチームBeat Buddy Boiで見事優勝を果たし世界一に輝いた。

TAISUKE

8歳からBREAK DANCEを始め”Cool Crew Jrとパパ”というチームを結成。初の大会である[RAVE2001]で見事オーディエンス賞を獲得しその名前を全国に知らしめた。わずかダンス歴1年で日本で一番大きな大会と言われている[JAPAN DANCE DELIGHT]で特別賞、翌年には準優勝をはたした。11歳のころには世界で最も大きなBREAK DANCEの世界大会[BATTLE OF THE YEAR 2001]に日本代表チーム”TEAM OHH”として参戦し見事準優勝の栄冠勝ち取る。その後、数々の大会やテレビ番組などにゲストとして多数出演し、現在のキッズダンスシーンの立役者にもなった。そして2007年に単身で上京し数々のBATTLEイベントで好成績を収める。同年の9月に行われた世界最高峰のソロBATTLEイベントである[Red Bull BC ONE 2007]の日本代表として参戦しベスト8という結果に終わった。しかし翌年に行われた同大会で、日本人初となる個人での世界大会での準優勝という偉業を成し遂げる。そして現在、日本で最も世界一に近いとの呼び声の高いチーム”ALL AREA”のメンバーであり、日本のBREAK DANCEシーンに影響を与える程の人物となっている。

この記事をシェアする